特集 PR

「男のためのプラネタリウム」を作ったプロデューサーの挑戦

「男のためのプラネタリウム」を作ったプロデューサーの挑戦

コニカミノルタプラネタリウム“満天”『Dancing in the UNIVERSE』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:西槇太一 編集:川浦慧、矢島由佳子

『Dancing in the UNIVERSE』プロデューサー林寛之

自分が観てきたものや読んできたもの、体験してきたことからしかアイデアは生まれない気がします。

—プラネタリウムを通して、何を伝えたいと思っていますか?

:どの作品でもそうですが、観る前と観た後で、例えば「空」や「星」に対する見方やイメージが変わるような、そんなプログラムが出来たらいいなと思っていて。帰り道にふと空を見上げた時、いつもとは違う感情が生まれてくるような。「意識が変わる」とまではいかなくても、何かしら心に残るものができたらいいなと思っています。

『Dancing in the UNIVERSE』プロデューサー林寛之

—モノの見方やイメージを変えるって、例えばどんなことをされているのでしょう?

:例えば今回の『Dancing in the UNIVERSE』もそうですが、「自分たちがいる場所」を意識してもらうことが大切なのかなと。そして、今観ている星は単なる光の点ではなくて、宇宙の一部である。つまり、私たちと同じ世界に含まれているのだということに気づかされるような、そういう作品作りを常に意識していますね。

—確かにそうですね。先ほども言ったように、「今、自分たちのいる場所」から始まり、文字通り「宇宙の果て」まで連れて行ってくれるプログラムでした。しかも、宇宙には反復するリズムがあって、その中で私たちが生きているということを、Underworldの楽曲のビートに乗って「体感」する。本当に、アトラクションのような楽しさもあります。

:そう思っていただけたら嬉しいです。

『Dancing in the UNIVERSE』プロデューサー林寛之

—コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine Cityでは、これまでにもサカナクションやGLAYとコラボするなど、音楽へのこだわりを強く感じます。

:プラネタリウムと音楽の親和性は高いと思っています。たまに館内で一人で作業しているときに、イヤフォンで好きな音楽を聴きながら星空を投映して気分転換することもあるんですけど、ものすごく贅沢な気分を味わえます(笑)。結構、どんな音楽でも合うような気がしますね。

—それは最高の息抜きですね(笑)。どんな音楽がプラネタリウムに合うと感じましたか?

:ロックが好きで、例えばThe BeatlesやOasis、くるり、奥田民生さん、椎名林檎さんなどよく聴くのですが、プラネタリウムにも合うと思いました。

—ロックとプラネタリウムの融合って面白いですね! いつか「ロックと宇宙」をテーマにしたプログラムも観てみたいです。今後、チャレンジしてみたいプログラムはありますか?

:プラネタリウムで出来ることって、まだまだ沢山あると思うんです。そこは果敢にトライしていきたいですね。例えばナレーションが全くなくても成立するくらい、シンプルなプログラムとか。あるいは星空だけをひたすら映し出すプログラムとか、今までになかったような、プラネタリウムの概念を覆すような作品を沢山作りたいと思っています。

Page 3
前へ

イベント情報

『Dancing in the UNIVERSE』

2017年11月3日(金・祝)~2018年9月24日(月)
会場:東京都 池袋 コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City

プロフィール

林寛之(はやし ひろゆき)

コニカミノルタプラネタリウム株式会社のプログラム企画担当・プロデューサー。テレビのバラエティー番組制作に携わった後、2008年より現職に。直営館をはじめ、全国の科学館・博物館で投映するプラネタリウム番組や番組素材を制作している。これまでに担当した直営作品に、『Feel the Earth~Music by 葉加瀬太郎~』や『ALMA まだ見ぬ宇宙へ』などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡