特集 PR

音を使って千住の町を面白くする。アサダワタルの実践に迫る

音を使って千住の町を面白くする。アサダワタルの実践に迫る

『音盤千住』レコ発企画『聴きめぐり千住!』
インタビュー・テキスト
大石始
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

下町の雰囲気が残る東京都足立区千住。荒川と隅田川に挟まれたこの町を舞台として、ここ数年興味深いアートプロジェクトが行なわれている。それが市民参加型のアートプロジェクト『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』(通称『音まち』)だ。これまでにも大友良英、スプツニ子!、やくしまるえつこなどのアーティストが参加してきた。そのプロジェクトの一環として2016年から行なわれているのが「千住タウンレーベル」だ。

千住に暮らす人々の記憶や町中のさまざまな音をタウンレコーダーと呼ばれる記者が記録し、『音盤千住』と題されたレコードとしてリリースするというこのプロジェクトのディレクターを務めるのは、文化活動家・アーティストのアサダワタル。これまでに音楽ユニット、SjQのドラマーとしての活動や数多くの著作を通して、「住み開き」「コミュニティ難民」など、さまざまなソーシャルコンセプトを提唱してきた。

アサダは、このプロジェクトを通していったい何を生み出そうとしているのだろうか。「音によって町はこんなにおもしろくできる」という実践とその方法論について、話してもらった。

音楽を使って、おもしろい場が日常のなかで立ち上がっていく。これってライブだなと思ったんです。

—アサダさんが地域コミュニティーに関心を持つようになったきっかけは何だったのでしょうか?

アサダ:僕はもともとバンドで音楽活動をしていて、町やコミュニティーへの関心はまったくなかったんです。でもある時、ライブが始まる前のチューニング音とか、ゴホッと咳をした瞬間はライブに含まれないのか、そういうことに関心を持ち始めたんですね。

アサダワタル
アサダワタル

アサダ:そのころから、自分が作る音楽と、人の会話や環境音などのサウンドスケープをゴチャ混ぜにした表現をするようになったんです。そこからとあるアートスペースの運営に関わるようになって、今度は「町で起こっていることと自分の音楽を混ぜていくにはどうしたらいいんだろう?」と考えるようになったんです。

アサダワタル『歌景、記譜、大和川レコード』
アサダワタル『歌景、記譜、大和川レコード』(Amazonで購入する

アサダ:2009年から2011年にかけて大阪の釜ヶ崎でやった『カマン!TV』はそういう発想から出てきたもので、1950年代から1970年代の歌謡曲を釜ヶ崎の商店街でVJのように流してみました。通りすがりのおっちゃんが「フランク永井、懐かしいなあ!」と盛り上がっていると、少しずつ若い人が集まってきて、コミュニケーションが生まれていく。

『カマン!TV』の様子
『カマン!TV』の様子

—おもしろいですね。歌謡曲を街中で流すことで世代間の交流が生まれる。

アサダ:その光景を見て、これってライブだなと思ったんです。音楽を使いながら、今まさにおもしろい場が日常のなかで立ち上がっている。こういうことができるんだったら、地域コミュニティーのなかで音楽を使っていろんなことができるんじゃないかと思うようになったんですね。

アサダワタル

Page 1
次へ

イベント情報

『音盤千住』レコ発企画『聴きめぐり千住!』
『音盤千住』レコ発企画
『聴きめぐり千住!』

2018年1月21日(日)
会場:東京都 北千住 千住エリア各所

料金:無料(事前申し込み優先)
※受付・音盤貸出は仲町の家
野村誠 千住だじゃれ音楽祭 第2回定期演奏会
『かげきな影絵オペラ』

日時:2018年2月4日(日)
会場:東京都 北千住 東京藝術大学 千住キャンパス 第7ホール
出演:
野村誠
だじゃれ音楽研究会
梅津和時
川村亘平斎
神谷未穂
竹澤悦子
中原雅彦
定員:200名(先着順、事前申込優先)
料金:無料

千住・縁レジデンス 表現(Hyogen)
『茶MUSICA(チャムジカ)』

2018年1月28日(日)、2月10日(土)、11日(日・祝)、17日(土)
会場:東京都 北千住 仲町の家
参加:
表現(Hyogen)
神崎悠輔
定員:各回20名(事前申込優先)
料金:各回1,000円
※演奏とお茶の時間以外は入場無料、出入り自由

プロフィール

アサダワタル
アサダワタル(あさだ わたる)

1979年生まれ。2002年、バンド「越後屋」のドラマーとして、くるり主宰レーベルNMRより2枚のCDをリリースし解散。のちに紆余曲折を経て、大阪でNPOや寺院に勤めながらアートによる独特なコミュニティ活動を展開。2009年に提唱したソーシャルコンセプト「住み開き」が話題に。2010年以降は、音楽を軸に全国で様々なアートプロジェクトの企画演出と執筆に取り組む。著書に『住み開き』(筑摩書房)、『コミュニティ難民のススメ』(木楽舎)など。大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員、博士(学術)。またグループワークとして、ドラムを担当するサウンドプロジェクト「SjQ/SjQ++」では、アルス・エレクトロニカ2013デジタル音楽部門準グランプリ受賞。

千住タウンレーベル

千住で生活してきた市井の人々の人生譚(記憶)、千住のまちならではの風景や人間模様にまつわるエピソード、千住に根づき息づく音楽など、これらすべてをテキスト(文字)だけではなく、「音楽」として編集し、まちなかの拠点を編集室(スタジオ)として、発信・アーカイブしていくプロジェクトです。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開