特集 PR

青柳文子×小谷実由が奥多摩観光へ 話題のグランピングはどう?

青柳文子×小谷実由が奥多摩観光へ 話題のグランピングはどう?

Nature Tokyo Experience
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:三木匡宏 編集:久野剛士、野村由芽

「東京」=「都会」かというと、必ずしもそうではない。東京の西部に位置する多摩エリアには、山や渓流など豊かな大自然が広がっている。そこで今回は、プライベートでも仲良しという青柳文子と小谷実由の二人に、奥多摩の大自然を感じてもらうべく、関東随一の規模を誇る日原鍾乳洞と、この3月に正式オープンを控えた奥多摩初の常設型グランピング施設「Circus Outdoor Tokyo」を訪れてもらった。

ともに人気モデルでありながら、大分県別府市で育ち、実はアウドドア好きという青柳と、生まれも育ちも東京の下町で、趣味は純喫茶めぐりという小谷。姉妹のように仲良しでありながらも、ある意味対照的な趣味を持つ彼女らは、奥多摩の大自然の中で、何を見て、どう感じたのだろうか。

正直「奥多摩って言ったら、川とバーベキューでしょ?」ぐらいのイメージしかなかったです。(小谷)

—今日は奥多摩で、日原鍾乳洞巡りとグランピングを体験してもらったわけですが、まずは、全体を通しての感想から聞かせていただけますか?

小谷:楽しかった!

青柳:うん、想像以上に楽しかったね。特に、グランピング(自分たちでテントを張ったりせず、自然の中でホテル並みの贅沢なサービスが受けられるキャンプスタイル)っていうのは、雑誌とかでなんとなくのイメージはあったんですけど、もっとラグジュアリーを愛する人たちのたしなみだと思っていて。実は、そんなに自分に合うイメージを持っていなかったんですよね。

小谷:はははは。

左から、小谷実由、青柳文子。奥多摩駅に到着した二人
左から、小谷実由、青柳文子。奥多摩駅に到着した二人

青柳:けど実際に来てみたら、普通に「超やりたい!」って私も思いました(笑)。

小谷:うんうん。私は、そんなにアウトドア慣れしていないんですけど、そんな私でも、すぐに溶け込める感じがあって。それがすごく嬉しかったですね。

—最初に訪れた、関東随一と言われる規模を誇る日原鍾乳洞は、いかがでしたか?

青柳:結構すごかったというか、想像していたよりも全然大きくて、本当に驚きました。

小谷:大きかったよね。入り口からしばらくは、狭い洞窟みたいな感じだったのに、途中でいきなりホールみたいに開けたところに出て。あんなに天井が高い洞窟だとは思わなかったです。あの空間が自然に作られたっていうのが、ちょっと信じられなかった。

奥多摩の日原鍾乳洞に到着
奥多摩の日原鍾乳洞に到着(詳細はこちら

日原鍾乳洞内部。天井の高さに二人もうっとり
日原鍾乳洞内部。天井の高さに二人もうっとり

青柳:うん。やっぱり、奥多摩の自然はすごいなって思いました。しかも、今日回ったのは、全部東京の中なんですよね。東京に住んでいる人でも、奥多摩が実はこんな感じになっているのは、結構知らない人が多いんじゃないかな。

小谷:そうだよね。私だって、正直「奥多摩って言ったら、川とバーベキューでしょ?」ぐらいのイメージしかなかったです。なので、あんな巨大な鍾乳洞が広がってるとは、夢にも思っていなかったし。そういう意味では、冬に来ても楽しめるなって思いました。

水琴窟(すいきんくつ)にて、岩の下に隠れた、水を張った龜(かめ)に落ちる雫の音に耳を傾ける二人
水琴窟(すいきんくつ)にて、岩の下に隠れた、水を張った龜(かめ)に落ちる雫の音に耳を傾ける二人

水の力で、1円玉が貼り付く鍾乳洞。小谷実由が試しに挑戦
水の力で、1円玉が貼り付く鍾乳洞。小谷実由が試しに挑戦

 

—最近は多くのメディアでも、奥多摩の自然の魅力が紹介されていますが、実際に訪れてみるとやはり迫力が違いますよね。

小谷:写真で見るのと実際に行くのでは、やっぱり全然違いますよね。

青柳:私の場合、ネットで写真を見て満足しちゃうことがすごく多いんですよね。「どこか旅行に行こうかな」って思ってインスタのハッシュタグで検索しても、温泉とか雪景色の写真を見ていたら、「なんかもう行かなくてもいいかも」って満足してしまったり(笑)。でも、それではダメだなって、今日改めて思いました。

小谷:うん。どんどん空気が澄んでいく感じとか、鍾乳洞の中のちょっとひんやりとした感じや湿度は、実際行ってみないとわからないよね。かつ、壮大なものを目の当たりにすることによって、よりいっそう感動が倍増するというか。やっぱり、実際に足を運んでみないとダメだなって私も思いました。

Page 1
次へ

事業紹介

『Nature Tokyo Experience』

豊かな山々に囲まれた多摩、青空と海が広がる島しょ。これらのエリアでは、日本の中心都市の顔とはちがった、「東京の自然」という今までにない魅力を感じることが出来ます。そんな東京ならではの自然エリアに注目し、新たな体験型エンターテイメントを創出する東京都のプロジェクト。これまでになかった新しい東京の楽しみ方を、ぜひ見つけに来てください。

『Circus Outdoor Tokyo』

2018年3月オープン
東京都 西多摩郡奥多摩町川野290-1

日原鍾乳洞

関東随一といわれる規模を誇る鍾乳洞。荘厳な雰囲気を漂わせる白衣観音をはじめ、巨大なカエルを思わせるガマ岩、時の彼方に引き込まれそうな天井知らずなど、幻想的な景観を繰り広げている。とくに新洞部分はみごとに成長した石筍、石柱の数々が乱立する別世界。想像を超えた大自然の神秘に出会える。

プロフィール

青柳文子(あおやぎ ふみこ)

1987年12月24日生まれ、大分県出身。モデル・女優。独創的な世界観とセンスで同世代女性の支持を集め、雑誌に、映画、TVドラマなど多方面で活躍中。昨今では、映画や旅行について、コラムを連載するほか、ファッション・ビューティ関連商品のプロデュースを行うなど、多彩な才能に人気を博している。

小谷実由(おたに みゆ)

ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催