特集 PR

キイチビール×ホフディラン小宮山 遊ぶように人生を謳歌する二人

キイチビール×ホフディラン小宮山 遊ぶように人生を謳歌する二人

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:馬込将充 編集:山元翔一

平均年齢24歳の5人組、キイチビール&ザ・ホーリーティッツが1stフルアルバム『トランシーバ・デート』を発表した。初ライブから2年足らずというキャリアながら、自主制作盤が大きな話題を呼び、『RO JACK』や『でれんの!?サマソニ!?』といった新人バンドの登竜門を経て、すでに夏フェスも経験済み。近年1990年代のテイストを感じさせるアーティストが少しずつ増えてきていたが、いよいよ真打ち登場といった空気がある。

そんな期待のバンドの本格的なスタートに際して、中心人物・キイチビールの名前の由来でもあるホフディランの小宮山雄飛を迎え、対談を行なった。1990年代と2010年代という時代の背景を超えて、両者が共有するのは一体どんな感覚なのか? 2月8日に行なわれるリリースパーティーでの共演を前に、じっくりと語り合ってもらった。

キイチくんは僕の19歳も年下なので……まさか、こんなにも受け継がれているとは(笑)。(雄飛)

—キイチビールという名前はザ・ユウヒーズ(小宮山雄飛のソロプロジェクト)の『ユウヒビール』(1996年)から来ているわけですよね? 2016年10月に出したミニアルバム『世の中のことわからない』のジャケットも、『ユウヒビール』がモチーフになっていました。

キイチビール:そうなんですけど、偶然と意図的の半々なんですよ。最初は「ビール、好きだしなぁ」くらいの感じだったんですけど、「あ、ちょっと待てよ」と思って、棚を漁ってみたら『ユウヒビール』が出てきて、ジャケットも真似したっていう。

雄飛:「『ユウヒビール』に影響受けました」と言ってくれる下の世代のバンドってたまにいるんですよ。でも、だいたいが5〜10歳下とか。で、キイチくんは僕の19歳も年下なので……まさか、こんなにも受け継がれているとは(笑)。だって、もうこの子(『ユウヒビール』のジャケットの男の子)のほうが大きいわけでしょ? ちなみに、この子はいとこなんですけど、もう30過ぎだから。

左から:小宮山雄飛(ホフディラン)、キイチビール(キイチビール&ザ・ホーリーティッツ)
左から:小宮山雄飛(ホフディラン)、キイチビール(キイチビール&ザ・ホーリーティッツ)

—キイチくんはホフディランのことをどうやって知ったんですか?

キイチビール:まだアイデンティティーが確立されてない頃に、『こち亀』(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)のアニメを再放送で見て、“スマイル”(1996年)を聴いたのが最初だと思います。ホフディランは家とか車でも流れてて、自然と体に馴染んでたんですよね。

小学生の頃とかに聴いてたのは、ホフディラン、ゆらゆら帝国、FLYING KIDS、あとじゃがたらとか。で、中学生になってから、Theピーズとか自分で見つけた音楽を聴きはじめるようになるんですけど。

雄飛:ご両親っておいくつなんですか?

キイチビール:今、50歳くらいです。

雄飛:先日ちょうどラジオでFLYING KIDSの浜崎(貴司)さんと一緒だったんですよ。浜崎さんも50歳くらいだと思うから、その子ども世代がキイチビールって名乗りはじめるって……なにがなんだかわかんなくなってくる(笑)。

—雄飛さんはキイチビールのことをどのように知ったのでしょうか?

雄飛:共通の知り合いから「『ユウヒビール』から名前を取って活動してる子がいる」みたいなことを聞いて、いくつか動画を見たんですよ。たまたま見たライブ映像がなんかもうね、1990年代ですらなかった(笑)。60年代のGS(グループ・サウンズ)みたいというか、誰もiPhone持ってなさそうで(笑)、この感じいいなって思いましたね。

—キイチくんからすれば、「90年代」という時代への憧れがある?

キイチビール:「憧れ」というよりも、音を聴くと無性に懐かしくなるんです。僕、実家が岩手で、周りは山とか川ばっかりだったんですけど、そのイメージがパッと頭に浮かんで。

あと、僕が子どもの頃はまだテレビがブラウン管で、カメラもフィルムカメラだったんですけど、その頃の記憶にあるアナログな感じが90年代の音楽ともリンクして。大学入って、「LB Nation」(スチャダラパーを中心とした日本のラップグループ・クラン)とか掘ったり、ホフディラン含め90年代のポップスを聴き返したりしたら、そういう心象風景が浮かんできたんです。

—子どもの頃の記憶と合わさって、ノスタルジーを感じるところがあると。最近、90年代の音楽が好きだって公言する若いミュージシャンは増えている印象があるのですが、雄飛さんから見ていかがですか?

雄飛:自分たちのファンが増えたっていう実感は正直あんまりないんですよ。でもたとえば、サニーデイ・サービスとか同世代の人たちがいい作品を出しつつ、ちゃんと活動できてるのって、僕らの世代の音楽を好きな人が増えてるってことなのかなと思います。

左から:キイチビール、小宮山雄飛

雄飛:あと、派閥ってほどじゃないけど、昔は「こことここは合わない」みたいなのがあったんですよ。でも、20年近く経って、解散したバンドが復活したりするなかで、みんな前よりも仲良くなってる感じがして。サバイブしてきた人たちはみんな認め合ってるようなところがあって、そういう意味で盛り上がっているような感覚はありますね。

Page 1
次へ

リリース情報

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
『トランシーバ・デート』(CD)

2018年2月7日(水)発売
価格:2,160円(税込)
KBHT-0003

1. たまらない夜
2. パウエル
3. 世の中のことわからない
4. プラスチックラブ
5. ビールを用意しててね
6. ロケット裸族
7. トランシーバ・デート
8. 夏の夜
09. 東京タワー
10. ちっちゃなハート

ホフディラン『帰ってきたホフディラン』
ホフディラン
『帰ってきたホフディラン』(CD)

2017年10月18日(水)発売
価格:3,024円(税込)
PCCA-4585

1. 僕のかわいい女の子
2. ヤンヤンヤン
3. 珈琲
4. あの風船追っかけて
5. 愛しあって世界は回る
6. 家を借りよう
7. 夜を越えて
8. おやすみの時間
9. 恋は渋谷系
10. 映画の中へ
11. 雨あがりの夜空に
12. エバーグリーンな悩み
13. また逢う日まで
14. ホフディランのバラッド

イベント情報

『キイチビール&ザ・ホーリーティッツ 1st full album「トランシーバ・デート」リリースパーティー』

2018年2月8日(木)
会場:東京都 WWW
出演:
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
ホフディラン
MONO NO AWARE
台風クラブ

『キイチビール&ザ・ホーリーティッツ1st full album「トランシーバ・デート」リリースツアー』

2018年3月8日(木)
会場:大阪府 LIVE HOUSE Pangea
出演:
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
Koochewsen
ナードマグネット
Gateballers

2018年3月9日(金)
会場:愛知県 CLUB ROCK'N'ROLL
出演:
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
Koochewsen
SUNNY CAR WASH
Gateballers

2018年3月20日(火・祝)
会場:宮城県 enn 3rd
出演:
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
Koochewsen
SUNNY CAR WASH
YAOYOROS

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
『1st full album「トランシーバ・デート」リリースツアーファイナル』

2018年3月24日(土)
会場:東京都 渋谷 Star lounge
出演:キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
料金:前売2,500円 当日3,000円

プロフィール

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

平均年齢24歳の5人編成。2016年6月、Theピーズやホフディランなど、90年代のロックバンドの影響を感じさせつつも、彼ら独特のユルくて鋭い、「ハッピーサッドの先にあるハッピー」を歌い奏でるミュージカルセンスをいきなり見せつけた初の自主制作EP『俺もハイライト』をリリースするや、タワーレコード渋谷店の全国未流通音源「タワクル」コーナーにて7か月連続TOP10入りを達成するなど、20歳前後の同世代のリスナーを筆頭に、90年代に青春期を過ごした年上のリスナーなど、様々な世代のキイチビーラーがじわじわ増殖中。2017年夏には、『RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』(優勝)、『でれんの!?サマソニ!? 2017』(GARDEN STAGE賞受賞)という2大夏フェスへの出演権を獲得する新人コンテストでW受賞し、一躍注目を浴びる存在に。

ホフディラン
ホフディラン

日本が誇る2ピースPOPグループ。1996年『スマイル』でデビュー。1998年には“遠距離恋愛は続く”、“欲望”、“極楽はどこだ”などお馴染みの曲は多数。『FUJI ROCK FESTIVAL』への参加、日本武道館でのワンマンライブを成功させる。約3年半の活動休止後、2006年9月に活動再開。10月18日には「5年ぶり」のニューアルバム『帰ってきたホフディラン』を古巣ポニーキャニオンより絶賛発売中!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に