特集 PR

キイチビール×ホフディラン小宮山 遊ぶように人生を謳歌する二人

キイチビール×ホフディラン小宮山 遊ぶように人生を謳歌する二人

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:馬込将充 編集:山元翔一

めちゃくちゃ声の小さい女の子とデートをしたとき、全然声が聞こえなくて。で、そのときバックのなかにトランシーバーが2つ入ってたんで……。(キイチ)

—ここまでお話して共通点もいくつかありましたけど、雄飛さんから見たキイチくんの印象はいかがですか?

雄飛:あの、キイチビールって名乗ってくれてるけど、感じとしてはワタナベイビーですよね。どちらかというと。

—たしかに、この二人でホフディランな感じ(笑)。

左から:小宮山雄飛、キイチビール

キイチビール:可愛いけど毒っ気がある歌詞の感じとか、嫌味を言ってみたりするのは、ベイビーさんの歌詞の影響かなって思います。

雄飛:“プラスチックラブ”の歌詞も渡辺くんっぽい。<もうちょっとだけ会えたらいいなあ もうちょっとだけベイベ―>とか、このまま渡辺くんが言いそう(笑)。

—(笑)。キイチくんは曲作りについてどんなこだわりがありますか?

キイチビール:僕は曲と歌詞をひとつのものとして大切にしてるんです。語感とか、感覚的にバチッとはまるものが大事で。あと、今回のアルバムでいうと、“たまらない夜”とか“トランシーバ・デート”は、キーが3つくらいコロコロ変わるんですけど、「転調するぞ」ってあんまり感じさせないようにしてて。そういう曲の組み立て方というか、自分なりのスタイルができてきたかなって思います。

キイチビール

—語感を大事にして、メロと言葉はスッと入ってくるようにしつつ、よく聴くと音楽的にも凝っているっていう、そのバランスを突き詰めたいと。

キイチビール:ポップな曲を作りたいけど、心まで丸くなりたくないというか、歌詞では思ったことをズバズバ言いたい。やさぐれてるときだったら、やさぐれた歌詞を書きたいし、大事なのはそのバランスですね。曲は誰が聴いても耳に入ってくるけど、ありがちなものではないものを探しながらやってます。

—そのバランスの頂点には今もThe Beatlesがいると思うし、そこもホフディランとリンクする部分かもしれないですね。『トランシーバ・デート』というタイトルに関しては?

キイチビール:これも完全に語感です。「トランシーバー」じゃなくて、「トランシーバ」っていう語感が可愛いなって。曲名からアルバムのタイトルにしようっていうのはもともと思ってて、そのなかで“トランシーバ・デート”が引っかかったので。

—歌詞の内容的には、心の距離を表したもの?

キイチビール:これも実体験で、2年半前くらいに好きな女の子と2回目のデートをしたときの話なんですけど、めちゃくちゃ声の小さい女の子で全然声が聞こえなくて。で、そのときバックのなかにトランシーバーが2つ入ってたんで……。

雄飛:なんでだよ!(笑)

キイチビール:デートの前の週に旅行に行って、サバゲーしたときに使ったのが入ってたんですよ。で、こりゃあいいやって思って、イヤホンして、隣を歩きながらトランシーバーで会話したのをふと思い出して作りました。

雄飛:やっぱり、ワタナベイビーのほうが近いなあ。渡辺くんも日々変なことがあって、それをそのまま曲にしてるんですよ。昔、渡辺くんはコロンビア人の女性と遠距離恋愛をしてて、その人が入国できなかったときに作ったのが“遠距離恋愛は続く”(1998年)。みんなはあの曲を聴いていろんな想像をしたと思うんですけど、本人は事実をありのまま歌ってるだけっていう。

—それこそ“トランシーバ・デート”って遠距離恋愛のことなのかなって思いましたけど、まさか本物のトランシーバーの話とは(笑)。次回はワタナベイビーさんとの対談をセッティングしないとですね。

雄飛:たぶん謎な方向にいっちゃって、こんなに盛り上がらないと思いますよ(笑)。

左から:キイチビール、小宮山雄飛

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』ジャケット
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』ジャケット(amazonで見る

Page 4
前へ

リリース情報

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
『トランシーバ・デート』(CD)

2018年2月7日(水)発売
価格:2,160円(税込)
KBHT-0003

1. たまらない夜
2. パウエル
3. 世の中のことわからない
4. プラスチックラブ
5. ビールを用意しててね
6. ロケット裸族
7. トランシーバ・デート
8. 夏の夜
09. 東京タワー
10. ちっちゃなハート

ホフディラン『帰ってきたホフディラン』
ホフディラン
『帰ってきたホフディラン』(CD)

2017年10月18日(水)発売
価格:3,024円(税込)
PCCA-4585

1. 僕のかわいい女の子
2. ヤンヤンヤン
3. 珈琲
4. あの風船追っかけて
5. 愛しあって世界は回る
6. 家を借りよう
7. 夜を越えて
8. おやすみの時間
9. 恋は渋谷系
10. 映画の中へ
11. 雨あがりの夜空に
12. エバーグリーンな悩み
13. また逢う日まで
14. ホフディランのバラッド

イベント情報

『キイチビール&ザ・ホーリーティッツ 1st full album「トランシーバ・デート」リリースパーティー』

2018年2月8日(木)
会場:東京都 WWW
出演:
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
ホフディラン
MONO NO AWARE
台風クラブ

『キイチビール&ザ・ホーリーティッツ1st full album「トランシーバ・デート」リリースツアー』

2018年3月8日(木)
会場:大阪府 LIVE HOUSE Pangea
出演:
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
Koochewsen
ナードマグネット
Gateballers

2018年3月9日(金)
会場:愛知県 CLUB ROCK'N'ROLL
出演:
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
Koochewsen
SUNNY CAR WASH
Gateballers

2018年3月20日(火・祝)
会場:宮城県 enn 3rd
出演:
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
Koochewsen
SUNNY CAR WASH
YAOYOROS

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
『1st full album「トランシーバ・デート」リリースツアーファイナル』

2018年3月24日(土)
会場:東京都 渋谷 Star lounge
出演:キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
料金:前売2,500円 当日3,000円

プロフィール

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

平均年齢24歳の5人編成。2016年6月、Theピーズやホフディランなど、90年代のロックバンドの影響を感じさせつつも、彼ら独特のユルくて鋭い、「ハッピーサッドの先にあるハッピー」を歌い奏でるミュージカルセンスをいきなり見せつけた初の自主制作EP『俺もハイライト』をリリースするや、タワーレコード渋谷店の全国未流通音源「タワクル」コーナーにて7か月連続TOP10入りを達成するなど、20歳前後の同世代のリスナーを筆頭に、90年代に青春期を過ごした年上のリスナーなど、様々な世代のキイチビーラーがじわじわ増殖中。2017年夏には、『RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』(優勝)、『でれんの!?サマソニ!? 2017』(GARDEN STAGE賞受賞)という2大夏フェスへの出演権を獲得する新人コンテストでW受賞し、一躍注目を浴びる存在に。

ホフディラン
ホフディラン

日本が誇る2ピースPOPグループ。1996年『スマイル』でデビュー。1998年には“遠距離恋愛は続く”、“欲望”、“極楽はどこだ”などお馴染みの曲は多数。『FUJI ROCK FESTIVAL』への参加、日本武道館でのワンマンライブを成功させる。約3年半の活動休止後、2006年9月に活動再開。10月18日には「5年ぶり」のニューアルバム『帰ってきたホフディラン』を古巣ポニーキャニオンより絶賛発売中!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く