特集 PR

凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?

凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?

凛として時雨『#5』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:中野敬久 編集:矢島由佳子、柏井万作

今年結成15周年を迎えた凛として時雨が、5年ぶりとなる6枚目のオリジナルアルバム『#5』を発表する。この15年を振り返ると、音楽を取り巻く環境が大きく変化したことは誰の目から見ても明らか。楽曲を聴く手段はCDからダウンロード、そしてストリーミングへと移行し、それに伴ってライブの価値が見直され、2010年代を「フェスの時代」と定義づけることも可能なはず。そして、そんな急激な変化のなかにあるからこそ、ひたすらに自分の表現と向き合い、「曲を作り、ライブをする」ということを続けてきたバンドの尊さが今際立っているように思う。凛として時雨は、まさにそうやって確固たるポジションを築いてきたバンドだ。それも、相当にエクストリームな形で。

凛として時雨が2005年に発表したデビューアルバムのタイトルは『#4』、1曲目を飾るのは“鮮やかな殺人”だった。当時まだ学生団体のCINRAは、ライブハウスを賑わせていたバンドの音源を収録したCDマガジンを2004年から発行し、そのVol.2に“鮮やかな殺人”を収録。CDを配布するというアイデア自体が、凛として時雨にインスパイアされたものだったという。

そこで今回はCINRA.NET編集長の柏井万作とともに当時を振り返った上で、『#4』から『#5』へと至る歩みと、そのなかで貫かれてきたバンドの行動原理に迫った。

当時は「手渡し」という温度感の時代だった印象があります。(TK)

―凛として時雨(以下、時雨)は、CINRAがCDマガジン「CINRA MAGAZINE」を作るきっかけになったそうですね。

柏井:渋谷O-nestへ外タレのライブを観に行ったら、時雨が自分たちのCD-Rを手配りしていたんですよ。今の子たちからすれば「?」かもしれないんですけど、当時はYouTubeもスマホもなくて、SNSもmixiができたくらいで。今から考えると、「どうやってバンドのプロモーションしてたんだろう?」って思うくらい、本当になにも方法がない時代だったんですよね。

僕もバンドをやってたけど、商業媒体が取り上げてくれるわけでもない。でも面白いバンドは周りにたくさんいて、どうやってその情報を広げたらいいんだろうって悩んでいたときに、時雨みたいにCD-Rを配るというのはいいアイデアだなと思ったんです。それで、自分たちで面白いと思うバンドの音源を集めてプレスしようと思ったのが、「CINRA MAGAZINE」の始まりでした。

TK(Vo,Gt):渋谷O-nestで、柏井さんのバンド(locomotor)のイベントに呼んでもらったこともありましたよね。

柏井:そうそう。シークレットゲストとして出てくれて。

凛として時雨、当時のライブの様子。初期の頃から、蛍光灯をステージに置くなど、照明や演出に対して独自のこだわりを持っていた
凛として時雨、当時のライブの様子。初期の頃から、蛍光灯をステージに置くなど、照明や演出に対して独自のこだわりを持っていた

柏井:それで、「CINRA MAGAZINE」のVol.2に“鮮やかな殺人”を収録させてもらったんです。でも、その1年後くらいに『#4』(2005年11月)が出て、時雨はバーンと一気にいっちゃって……。

TK:いやいや、全然いってないですよ(笑)。

柏井:いや、その頃まだ学生団体だった俺たちからしたら、「手が届かないところにいっちゃった!」って感じでしたよ(笑)。あれから10年以上経って、こうやってCINRAとして取材をさせてもらえるのは初めてなので、今日は『#4』から『#5』の間を埋められるような取材ができればなと。

CINRA MAGAZINE Vol.2
CINRA MAGAZINE Vol.2

―時雨がCD-Rを配るようになったのは、なにかきっかけがあったんですか?

TK:どういうことがなにに結び付くか、あまりわからない時代だったので、とにかく顔が見えるところで音源やチラシを手配りしたり、あとはBBSにライブ情報を書き込んだりしていました。今の事務所の社長もそういうなかでバンドのことを知ってくれて、今に至るんです。あと当時はまだ下北沢にハイラインレコーズ(レコードショップ。2008年に閉店)があって、あそこにテープを置いてもらえたら「一人前」みたいな感じがありましたよね。

345:10本ずつしか納品させてもらえなくて、よく置きに行った記憶がある。

TK:そういうことも含めて、当時は「手渡し」という温度感の時代だった印象があります。色が被ってそうなイベントがあると、「チラシ置いてくれませんか?」ってお願いしに行ったりもしてました。今とはだいぶ違う時代でしたよね。

―あとから加入されたピエールさんは、最初どうやって時雨のことを知ったのでしょうか?

中野(Dr):それこそBBSに書き込んでいたのを見て、試聴したのがきっかけです。ライブハウスとかで、時雨のステッカーがよく貼ってあったのも覚えていて、「名前は知ってるけど、どんなサウンドなんだろう?」って気になってたし、そうやってちゃんとプロモーション活動をしているバンドだという印象がありました。

左から:ピエール中野、TK、345
左から:ピエール中野、TK、345

Page 1
次へ

リリース情報

凛として時雨『#5』初回生産限定盤
凛として時雨
『#5』初回生産限定盤(CD+DVD)

2018年2月14日(水)発売
価格:4,212円(税込)
AICL-3479/80
※トールサイズ、デジパック仕様

[CD]
1. Ultra Overcorrection
2. Chocolate Passion
3. Tornado Minority
4. Who's WhoFO
5. EneMe
6. ten to ten
7. Serial Number Of Turbo
8. DIE meets HARD
9. High Energy Vacuum
10. #5

[DVD]
“Chocolate Passion” Music Video with Making Passion
“#5” Music Video
DIE HARD RADIO Season 2

凛として時雨『#5』通常盤
凛として時雨
『#5』通常盤(CD)

2018年2月14日(水)発売
価格:3,240円(税込)
AICL-3481

1. Ultra Overcorrection
2. Chocolate Passion
3. Tornado Minority
4. Who's WhoFO
5. EneMe
6. ten to ten
7. Serial Number Of Turbo
8. DIE meets HARD
9. High Energy Vacuum
10. #5

イベント情報

凛として時雨
『Tour 2018“Five For You”』

2018年3月3日(土)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2018年3月4日(日)
会場:新潟県 LOTS

2018年3月11日(日)
会場:東京都 Zepp DiverCity

2018年3月17日(土)
会場:宮城県 仙台 GIGS

2018年3月21日(水・祝)
会場:北海道 サッポロファクトリーホール

2018年3月25日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2018年4月7日(土)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2018年4月8日(日)
会場:香川県 高松 festhalle

2018年4月14日(土)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2018年4月15日(日)
会場:熊本県 B.9 V1

2018年4月21日(土)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2018年4月30日(月・祝)
会場:東京都 Zepp Tokyo

料金:立見4,860円 2階席5,400円(共にドリンク別)
※新潟公演、札幌公演はドリンク代なし
※2階席は東京2公演、宮城公演、大阪公演のみ
※高校生以下は学生証など提示で500円割引

凛として時雨
『Tour 2018 “Five For You ~Vacuum The Hall Edition~』

2018年6月1日(金)
会場:大阪府 フェスティバルホール
2018年6月11日(月)
会場:東京都 東京国際フォーラム ホールA

料金:各公演 全席指定 5,400円
※高校生以下は学生証など提示で500円割引

プロフィール

凛として時雨
凛として時雨(りんとしてしぐれ)

TK(Vocal&Guitar)、345(Vocal&Bass)、ピエール中野(Dr)。2002年、埼玉にて結成。男女ツインボーカルから生まれるせつなく冷たいメロディーと、鋭く変幻自在な曲展開は唯一無二。プログレッシブな轟音からなるそのライブパフォーマンスは、冷めた激情を現実の音にする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い