特集 PR

自主規制が生まれる理由とは? 表現の自由に関わる心理を考える

自主規制が生まれる理由とは? 表現の自由に関わる心理を考える

『Interdisciplinary Art Festival Tokyo17/18』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

現代アートシーンの大きなうねりのなかで、自由の象徴にも見えるアーティストは、果たして自律的な活動を行えているのか。むしろそこには、暗黙のうちに制作を制限する「透明な網」があるのではないか。

そんな問いを掲げた展覧会『Interdisciplinary Art Festival Tokyo 17/18』(以下、『IAFT』)が、小金井アートスポット シャトーを中心とする複数の会場で3月16日より開催される。『IAFT』は、アーティストでディレクターの韓成南が、既成の枠から逸脱する作品を紹介しようと、2009年から自主的に組織してきた発表の場。「Transparent Nets」(透明な網)がテーマの今回は、日本、韓国、台湾、マレーシアの4か国から集められた13組のアーティストが、内容的にも形式的にも挑戦的な作品を展示する。

在日コリアンという「狭間に生きる存在」として、「名づけ難いものへの愛着がある」と語る韓。彼女が考える日本のアートの問題点とは? 展覧会の会場のひとつである「Musashino はけの森カフェ」で、その思いを訊いた。

本気で「現状や社会を変えたい」と思っている作り手を紹介したい。

—今回の『IAFT』は、東アジアの作り手を中心に集めた珍しい枠組みの展覧会ですね。2009年から活動を続けていますが、まずはその背景にある日本の現代アートへの問題意識をお聞かせいただけますか?

:21世紀に入ってから、特に顕著な傾向なのですが、欧米で先行する現代アートの理論をなぞった作品が評価されていますよね。もちろん文脈は重要ですが、それを教科書的に意識しすぎた作品が多いと感じます。

ある程度アートを知っている人なら、「これはあれを意識した作品だな」と、すぐにわかってしまう。「わかること」は鑑賞する楽しみのひとつでもあるのですが、元の作品を超えようとするわけでもなく、ひねりのない作品が目立っていると感じていて。

韓成南(『IAFT』ディレクター)
韓成南(『IAFT』ディレクター)

—ある種、評価のされ方を先取りして作られたものが多いということですね。

:そうですね。ひとつに、たとえば「美術館に展示されるには、こういう作品を作ればいいだろう」という発想がある。現代美術という枠組みへの媚びだと思うんです。

アーティストとは、システムのルールから逃れ、表現を通じて社会に問題提起をする存在だと思っています。作品を通じて、本気で「現状や社会を変えたい」と思っている作り手を紹介したいという思いが、『IAFT』の土台にあります。

『IAFT』が参加した台湾『OSMOSIS fest』での韓成南のアートパフォーマンス『人間を演じるということについて』
『IAFT』が参加した台湾『OSMOSIS fest』での韓成南のアートパフォーマンス『人間を演じるということについて』

:もうひとつは、2009年に活動を始めた頃、演劇は劇場、映画は映画館という枠組みがある中で、アーティストが自分で拓いた表現を発表する場所がない状況をよく目にしたんです。たとえば私は映像作品を作るうち、次第にパフォーマンスや演劇と重なる表現になっていったのですが、同じようにアーティスト独自の表現が生まれることがある。そんな美術館では扱いにくい、名付け難い表現を見せたいという動機もあります。

—近年、「ジャンル横断的」という表現はよく聞かれますが、まだそれを受け止める環境は十分ではないということですか?

:ええ。昨年の『ヴェネツィア・ビエンナーレ』でドイツ館が金獅子賞を受賞した、アンネ・イムホフによる『ファウスト』という作品がありましたよね。会場にガラスを張り巡らせ、複数の生身の人間のパフォーマンス自体を「展示」したものですが、こうした作品を日本の美術館で展示できるかというと難しい。つまりハードルがあるんです。

:内容の面でも、今回『IAFT』に出品しているアーティストは、美術館で規制されかねないものを作っていたりします。また、日本の芸術祭で同じようなアーティストの顔ぶれが並んでいる点も、問題だと思います。

—たしかに芸術祭では、主催者が扱い易いアーティストが呼ばれる傾向があるように感じます。それがひとつの実績となり、「安心な存在」としてまた他の芸術祭にも呼ばれるという構造はありますね。

:そこには主催者側の、「集客したい」という意図がありますよね。芸術祭で「この人は見たことないから行ってみよう」という鑑賞者は少ないと思います。要するに、安心感がほしいのですが、じつはそのシステムから外れたアーティストにこそ、現代性があるのではないか。

今回の『IAFT』では、「規制の対象になりかねないけど、この人こそ現代アートの文脈に乗ったほうがいいと思う人」を取り上げているんです。他の芸術祭と同じことをやっても、意味がないですからね。

韓成南

Page 1
次へ

イベント情報

『Interdisciplinary Art Festival Tokyo17/18』
『Interdisciplinary Art Festival Tokyo17/18』

2018年3月16日(金)~3月25日(金)
会場:東京都 小金井アートスポット シャトー、Musashinoはけの森カフェ、美術の森、他
料金:800円
※3会場と特別エリア共通、再入場不可

参加作家:
飯村隆彦
二名良日
岡田裕子
西山修平
韓成南
イ・ヨンジュ
ヨ・イニョン
リオル・シャムリッツ
リン・イーチ
ツァイ・ウェイティン
リン・ウェイルン
アイシャ・ビンティ・バハラディン
ゴー・リー・クァン

オープニングパーティ

2018年3月16日(金)18:00~20:00
価格:1000円(軽食・ドリンクあり、入場料別)
参加アーティストと共にリラックスした雰囲気でお楽しみください。

海外アーティスト、ギャラリストによるトーク

2018年3月17日(土)18:00~20:00
1ドリンク制(入場料別)
韓国、台湾、マレーシアのアーティストやギャラリストが、アットホームな雰囲気で作品を解説します。

IAFTセレクションのアーティストによるトーク

2018年3月21日(水・祝)18:00~20:00
1ドリンク制(入場料別)
IAFTディレクターの韓成南氏や出品作家である岡田裕子氏等、作家自身が展示作品を中心に様々なことをお話します。

主催:インターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウ

プロフィール

韓成南(はん そんなん)

記号論(言語・色・音・映像)を踏襲し、映像作品やアート作品を制作。人間 / 性愛 / 宗教といったコードに対して暴発的なエフェクトで彩った作品を発表している。また、スーパーリニアという概念をもとに映像x演劇xダンスのアートパフォーマンスを上演している。Audio Visual作品、インスタレーション、アートパフォーマンス、ウェブアート等、活動は多岐に渡る。日本、韓国、オーストラリア各地で個展多数。2009年12月にアジア圏唯一のaudio visual festivalを大阪で主催、オーガナイズし、2014年よりInterdisciplinary Art Festival Tokyo代表を務める。ソウル国際実験映画フェスティバル、ローザンヌ・アンダーグラウンド・フィルム&ミュージック・フェスティバル、デトモルド国際フィルムフェスティバル等での上映や、ソウル国際ニューメディアフェスティバルにてメディア・アーティスト賞、マリックビル・コンテンポラリー・アートプライズでの受賞、Asia Anarchy Alliance(渋谷ワンダーサイト)でのオープニング・パフォーマンス等、MORI YU GALLERYやAsia Culture Center Creationでのグループ展等、個展・グループ展も多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年