特集 PR

KIGIの二人がルドン展を鑑賞。実物の絵画を見る醍醐味を語る

KIGIの二人がルドン展を鑑賞。実物の絵画を見る醍醐味を語る

三菱一号館美術館『ルドン−秘密の花園』展
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

印象派の画家たちと同時代を生きながら、孤高とも言える幻想的な絵画表現を切り拓いた画家。それがオディロン・ルドンです。異形のクリーチャーやミステリアスな光景を描いた「黒の世界」。その気配を残しつつ花開いた、妖しくも美しい「色彩の世界」。いずれにおいても重要な役割を果たすのが、木々や花々などの姿です。

そこに注目したのが、三菱一号館美術館の『ルドン−秘密の花園』展。かつてブルゴーニュの城館を彩った大作『グラン・ブーケ(大きな花束)』を目玉に、ルドンと植物の秘められた親密な関係に迫る企画です。

3月某日、デザインユニット「KIGI」の植原亮輔さん、渡邉良重さんの二人が同展を訪れました。そのユニット名に植物の持つ可能性を込めた彼ら。手がける作品にも、ユニークな花瓶や、色とりどりの花々を描いたものなど、人と自然の関わりにつながるものが多くあります。

とはいえ、実は共に「ルドン好きというわけではなかった」という二人。そんな気持ちが会場をめぐっている内に変化していったようです。その理由はどこにあったのでしょうか? 同展監修者である、三菱一号館美術館の安井裕雄さんとお話してもらいました。

ルドンの絵は実物を間近で見ると、自然物を見つめているような感覚になる。(植原)

—今日は、実は特にルドン好きではないというお二人が、展覧会を巡るうちにだんだん「面白い」「良いね」と変化していったのが印象的でした。

植原:僕は最初「ルドン=幻想的」という印象と、展覧会タイトルの「秘密の花園」から女性的なイメージもあったんですね。自分も割と女性的な感覚はある方だと思うんですが、いまの自分の気分ではないな、と正直思っていました。

渡邉:そうか……、植原くんはKIGIとして私と一緒にやっていることで「いつも可愛いものをデザインしている」というイメージを持たれることも多くて、それがちょっと嫌っていうのも関係あるのでは?(笑)

植原:あるかもしれない(苦笑)。まあ、二人が全く同じことをしてもつまらないし、逆に互いに引っ張り合うくらいの関係がクリエイションの上ではいい関係だと思っています。

左から、渡邉良重、植原亮輔 / 『眼をとじて』(1900年以降)岐阜県美術館蔵
左から、渡邉良重、植原亮輔 / 『眼をとじて』(1900年以降)岐阜県美術館蔵

—なるほど。植原さんのルドンへのイメージが実物を前にして変わったのは、抱いていたイメージを裏切られた感じですか?

植原:というより、「美しい花を見るとすごく癒される」というようなシンプルな気持ちに近いですね。ルドンの絵は実物を間近で見ると、それこそ自然物を見つめている感覚になる。

『祈り、顔、花』(1893年頃)ボルドー美術館(オルセー美術館より寄託)
『祈り、顔、花』(1893年頃)ボルドー美術館(オルセー美術館より寄託)

植原:展示前半の黒い石版画群も、カタログなどの印刷物で見る限り、僕はそんなに惹かれないんです。でも実物を見ると、モノクロームの絵のなかに、階調の豊かな幅がしっかり見えて、そこに感動します。それは彼が鮮やかな色彩を用いるようになってからの絵も同じで、展覧会のハイライトである食堂装飾画の数々もそうですね。

『「夜」Ⅱ.男は夜の風景の中で孤独だった』(1886年)三菱一号館美術館蔵
『「夜」Ⅱ.男は夜の風景の中で孤独だった』(1886年)三菱一号館美術館蔵

ドムシー男爵の城館の食堂壁画15枚のうち、『黄色い背景の樹』(1900-1901年)オルセー美術館蔵
ドムシー男爵の城館の食堂壁画15枚のうち、『黄色い背景の樹』(1900-1901年)オルセー美術館蔵

渡邉:その食堂装飾のなかでも、やはり『グラン・ブーケ(大きな花束)』が印象的でした。実物があんなに大きかったというのも含め、驚きがあった。それと、なぜか昔の絵という感じがしなかったのも印象的です。本物を前にすると、実際は100年以上前の絵だということにショックを受けましたね。

『グラン・ブーケ』(1901年)三菱一号館美術館蔵
『グラン・ブーケ』(1901年)三菱一号館美術館蔵

安井:たしかに、お二人がいまおっしゃったことは、ルドンという画家にとっての不幸かもしれません。つまり、印刷物やモニターを通じてその魅力を伝えるのが難しい。でも彼がもしいまのお二人の言葉を聞いたら、大喜びしていると思います。実物を前にしてこそ体験できる豊かさで勝負した身としては、これ以上の言葉はないでしょう。

これらの装飾画は全16点、ロベール・ド・ドムシー男爵に依頼されたルドンが60歳にして描き上げたもので、15点はフランスのオルセー美術館が収蔵、『グラン・ブーケ』1点のみが、様々な経緯を得て、三菱一号館美術館のコレクションになっています。

安井裕雄(三菱一号館美術館・『ルドン−秘密の花園』展監修者)
安井裕雄(三菱一号館美術館・『ルドン−秘密の花園』展監修者)

1893年にロベール・ド・ドムシー男爵は、城館の大食堂の壁面全体を覆う装飾をルドンに任せた。その全16点の装飾画が本展で一堂に会している / ドムシー男爵の城館の食堂壁画15枚のうち A.『黄色い背景の樹』B.『人物』 C.『人物(黄色い花)』 D.『黄色い背景の樹』 E.『ひな菊』 F.『花とナナカマドの実』 G.『花のフリーズ(赤いひな菊)』 H.『花と実のフリーズ』(1900-1901年) オルセー美術館蔵 Photo©RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
1893年にロベール・ド・ドムシー男爵は、城館の大食堂の壁面全体を覆う装飾をルドンに任せた。その全16点の装飾画が本展で一堂に会している / ドムシー男爵の城館の食堂壁画15枚のうち A.『黄色い背景の樹』B.『人物』 C.『人物(黄色い花)』 D.『黄色い背景の樹』 E.『ひな菊』 F.『花とナナカマドの実』 G.『花のフリーズ(赤いひな菊)』 H.『花と実のフリーズ』(1900-1901年) オルセー美術館蔵 Photo©RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

—ルドンというと、日本では澁澤龍彦や水木しげるも関心を持った、奇妙な生き物たちのモノクロ石版画も有名ですね。

安井:そうですね。今回はそのなかからも、植物を主なキーワードに多数出展されています。

渡邉:前からいいなと思っていた石版画が実はルドンの作品だったり、初めて見て「これは好きだ」と思えた絵もあったり、いろんな出会いがありました。今回お誘いを受けたとき、「実はルドンってあんまり好きじゃないかも」と心配しつつやってきたのですが……、やっぱり好きでした。

渡邉良重

『「ゴヤ頌」Ⅱ.沼の花、悲しげな人間の顔』
『「ゴヤ頌」Ⅱ.沼の花、悲しげな人間の顔』

Page 1
次へ

イベント情報

『ルドン―秘密の花園』

2018年2月8日(木)~5月20日(日)
会場:東京都 丸の内 三菱一号館美術館

プロフィール

KIGI(きぎ)

植原亮輔、渡邉良重により2012年に設立。ブランディング、グラフィック、プロダクト、ファッション等、幅広くクリエイティブ活動を行なう。二人はDRAFT Co.,Ltd.在籍中、1999年よりプロダクトブランドD-BROSの活動をきっかけに共働し始め、沢山の代表的なデザインワークを生み出している。滋賀県の伝統工芸の職人たちと、陶器・家具・布製品などのブランドKIKOF (2014年~)を、糸井重里氏が主宰する「ほぼ日」と洋服のブランドCACUMA(2013年~)を立ち上げ、さらに、2015年東京・白金にオリジナルショップ&ギャラリー「OUR FAVOURITE SHOP」をオープンさせた。他にもデザインワークの流れのなかで作品制作をして展覧会をするなど、自在な発想と表現力であらゆるジャンルを横断しながら、クリエイションの新しいあり方を探し、活動している。KIKOFのプロダクトとブランドデザインで2015年度の東京ADCグランプリを受賞。また、亀倉雄策賞をそれぞれ受賞。(植原・第11回/渡邉・第19回)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り 1

    星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り

  2. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 2

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  3. 新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送 3

    新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送

  4. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 4

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  5. 映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着 5

    映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着

  6. 究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化 6

    究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化

  7. オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作 7

    オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作

  8. 植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も 8

    植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も

  9. 少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介 9

    少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介

  10. D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品 10

    D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品