特集 PR

戦場カメラマン渡部陽一×久保田徹 なぜ現場での報道を選ぶのか?

戦場カメラマン渡部陽一×久保田徹 なぜ現場での報道を選ぶのか?

クマ財団 クリエイター奨学金
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:八田政玄 編集:宮原朋之

ありとあらゆる情報で満ち溢れている現代。だからこそ、自らの足で現地に赴き、その目で見て、現地の人々の声に耳を傾けることが、いっそう重要になってきている。

テレビのバラエティ番組などに数多く出演しながら、その柔和な表情と独特な口調によって、戦場カメラマンのイメージを大きく変えてきた渡部陽一は、間違いなくその実践者だ。そして、現役の大学生でありながら自らミャンマーに足を運び、ロヒンギャの人々を取材した映像作品『ライトアップロヒンギャ』を制作、クマ財団が運営する奨学金事業の奨学生としても選出された、若きドキュメンタリスト・久保田徹もまたその実践者である。

表現方法や世代は異なれど、自らが現場で見て感じたことを「伝えたい」という共通の思いを抱く二人。彼らはなぜその道を選び、現地でどんなことを感じてきたのだろうか?

実際に行って、「そこに立ってみる」ということが、絶対的な入口であり、最大のエンジンなんだと思います。(渡部)

—まず、久保田さんが制作した『ライトアップロヒンギャ』を渡部さんは、どんなふうにご覧になりましたか?

渡部:やはり、ロヒンギャの現場に入って、現地の難民の方々に接触しているということが、何よりも驚きでした。カメラを持って現場に入り、記録を撮り、それをしっかり持ち帰り、世界に向けて発信している。

ロヒンギャはいま、世界中から注目を集めていて、ミャンマー政府もかなりピリピリピして、壁を張りつつあるんですね。その中で、直接難民から声を聞いて、その声を外の世界に紹介していくことは、プロのジャーナリストでもなかなかできなくなっている。そんな状況で、非常に貴重な記録になっていると、大変驚きました。

久保田:僕が現地に撮影に行ったのは2016年の5月だったんですが、その後、昨年の8月に起こった政府による難民掃討以降は、かなり入国が厳しくなっているんです。僕が行きはじめた頃は、まだ抜け道があったんですが……。

左から、久保田徹、渡部陽一
左から、久保田徹、渡部陽一

渡部:ああ、そうですか。映像を見て、一体どういう方なんだろうと思っていましたが、こんなに若い方だったとは。いま、ロヒンギャの難民については、国際報道で非常にクローズアップされていますが、その当時から、実際に現地で撮影していたというのは、どんなきっかけや、繋がりがあったのでしょう?

久保田:一番最初のきっかけは、学校の授業でした。留学していたポートランドの高校の授業で、ロヒンギャ難民のことを取り上げていたんです。その後、大学に進学して国際問題を扱う学生団体で、日本に住んでいるロヒンギャ難民を取材している先輩がいたんですね。それに同行させてもらいながら、ロヒンギャの人たちの話を聞いているうちに、自分も現地に行ってみたいと思うようになったんです。

渡部:なるほど。一番最初の入口は、学校の授業だったんですね。

久保田:それが目的だったわけではないので、本当に偶然なんです。自分では何か運命的なものを感じています。

久保田徹
久保田徹

渡部:でも、その最初の行動は、久保田さんが起こしているんですよね。留学も取材も、最初の一歩は、久保田さん自身がアクションを起こしている。

—そういった行動に久保田さんを向かわせた、最大の原動力は何だと思いますか?

久保田:いろんな場所に行って、いろんな発見をする楽しさが原動力だと思います。ひとつの場所や問題を掘り下げていくと、どんどん人間の本質的な部分が見えてくる。それを伝えたいっていうのが、正直な気持ちです。

『ライトアップロヒンギャ』場面写真
『ライトアップロヒンギャ』場面写真

—ジャーナリズム的な問題意識よりも前に、まずは好奇心があったんですね。

久保田:一番はじめは好奇心で、その次に使命感があると思います。そういう意味で『ライトアップロヒンギャ』は、一番純粋な気持ちで作った作品でした。実際に現地の声を聞いて、これは「伝えなくては」と思った。

渡部:僕はやっぱり、必ず現場に行っているということが、久保田さんのすべての土台にあると思います。ロヒンギャ、ラカイン州……、ニュースで耳にしても、本当にそこに行っている人っていうのは、意外といないわけです。留学にしても、行きたいと思った人が、誰しも行くわけではない。

そうやって実際に行って、「そこに立ってみる」ということが、ドキュメンタリーでもカメラマンでも、絶対的な入口であり、最大のエンジンなんだと思います。特に、国際報道に関わっていく上で、それは一番大切な行動の力なのかもしれません。

渡部陽一『イラク』(2004年) / YOICHI-WATANABE®
渡部陽一『イラク』(2004年) / YOICHI-WATANABE®

渡部陽一
渡部陽一

Page 1
次へ

イベント情報

『KUMA EXHIBITION 2018』
『KUMA EXHIBITION 2018』

2018年3月24日(土)、3月25日(日)
会場:東京都 表参道 スパイラルガーデン、スパイラルホール
時間:11:00~20:00

作品情報

『祈りの果てに』(2018年)

撮影・編集・監督:久保田徹
出演:アウンティン(水野保世)
※『KUMA EXHIBITION 2018』内にて各日13:40〜無料上映

サービス情報

クマ財団

株式会社コロプラの代表取締役社長・馬場功淳が2016年に設立。若手クリエイターの活動を支援・助成することを目的とし、25歳以下の学生を対象としたクリエイター奨学金制度の制定や、勉強会、交流会などの開催、作品発表の場の提供といった活動を展開しています。

プロフィール

渡部陽一(わたなべ よういち)

学生時代から世界の紛争地域を専門に取材を続ける。戦場の悲劇、そこで暮らす人々の生きた声に耳を傾け、極限の状況に立たされる家族の絆を見据える。イラク戦争では米軍従軍(EMBED)取材を経験。これまでの主な取材地はイラク戦争のほかルワンダ内戦、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、アフガニスタン紛争、コロンビア左翼ゲリラ解放戦線、スーダン、ダルフール紛争、パレスティナ紛争など。

久保田徹(くぼた とおる)

慶應義塾大学法学部政治学科4年。ドキュメンタリー映画監督。民族とアイディンティティをテーマに、社会の多様性を訴える作品を製作。表現として映像は、ジャーナリズムとアートの境界線を模索するための手段であると考えている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“祝日”

カネコアヤノの来たる新作『祝祭』より、屈指の名曲“祝日”のPV。ディレクションを務めた木村和平は真の鬼才だと思う。<できないことも頑張って/やってみようと思ってる>と歌われる、まっすぐで繊細な楽曲にこの映像をあてるか! と、鋭利な感性が描きとった画にまたも唸らされる。(山元)

  1. 乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演 1

    乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演

  2. 安室奈美恵×H&M 全アイテム着用ビジュアル&撮り下ろしポートレート公開 2

    安室奈美恵×H&M 全アイテム着用ビジュアル&撮り下ろしポートレート公開

  3. 実写映画『がっこうぐらし!』キャストに阿部菜々実、長月翠ら4人 3

    実写映画『がっこうぐらし!』キャストに阿部菜々実、長月翠ら4人

  4. 最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス 4

    最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス

  5. 是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」 5

    是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」

  6. 映画『パンク侍、斬られて候』特報公開 綾野剛の殺陣や北川景子のダンスも 6

    映画『パンク侍、斬られて候』特報公開 綾野剛の殺陣や北川景子のダンスも

  7. ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケら5作家の原画約200点 『MOE』40周年展 7

    ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケら5作家の原画約200点 『MOE』40周年展

  8. 木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二 8

    木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二

  9. 宇多田ヒカル新曲“初恋”5月配信 『花男』新章『花のち晴れ』イメージ曲 9

    宇多田ヒカル新曲“初恋”5月配信 『花男』新章『花のち晴れ』イメージ曲

  10. 国府達矢の苦闘の歴史。空白の15年を埋めるべく七尾旅人と語る 10

    国府達矢の苦闘の歴史。空白の15年を埋めるべく七尾旅人と語る