特集 PR

画家・仙石裕美の自由な考えを象徴する「独特の遠近法」とは?

画家・仙石裕美の自由な考えを象徴する「独特の遠近法」とは?

『FACE2018 損保ジャパン日本興亜美術賞』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:久野剛士、宮原朋之

「自分が囚われている考え方をいったん捨て、身体を動かしてみたとき、新しい作品が生まれる」。そう語るのは、今回で6回目を迎えたコンクール『FACE2018』でグランプリを受賞した画家の仙石裕美だ。大胆な構図で、ピンク色の人物が縄跳びを跳ぶ瞬間を描いた受賞作には、この言葉にも通じる不思議な開放感がある。現在、同作も含む『FACE展2018』が東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている。

「コンクールへの出品は35歳まで」と決めていたという仙石。自身の思考の癖からいかに自由になるかを考え、試行錯誤を続けてきた彼女は、その地道な制作の中で何を考え、どう変化をしてきたのか。そこで信じてきた、絵画特有のものの見え方の表現とは? これまでの歩みを語ってもらった。

自分自身に正直に、変化を受け入れて描こうと思いました。

—『FACE2018』でグランプリを受賞した仙石さんの『それが来るたびに跳ぶ 降り立つ地面は跳ぶ前のそれとは異なっている』。縄跳びのモチーフが印象的ですね。

仙石:制作の過程で、試行錯誤することがあります。考えて考えて、その先に「できた」と思う瞬間がある。でも、制作を続けていると、次に考えるべき課題がまた訪れる。けれど、勇気を出して跳んでみると、だんだんと跳び方がわかってきて次の段階に進めるようになります。その状況が縄跳びのようだと思って、絵のモチーフにしました。私の場合、その乗り越えるべきものは制作ですが、誰もがそうした試練を持っていますよね。

『FACE 2018』でグランプリを受賞した仙石裕美『それが来るたびに跳ぶ 降り立つ地面は跳ぶ前のそれとは異なっている』
『FACE 2018』でグランプリを受賞した仙石裕美『それが来るたびに跳ぶ 降り立つ地面は跳ぶ前のそれとは異なっている』

—跳んでいる人物の顔を描かなかったのには、理由があるのでしょうか?

仙石:絵には、見る人がそれぞれ自分を投影できる余地があった方がいいと思っていて。跳んでいる人物の顔をあえて外して描いていたのは、そのためです。楽しく跳んでいるのかもしれないし、必死なのかもしれない。なるべく広く捉えられるようにしました。

—今回の作品を描く上での「試練」とは?

仙石:この絵は1年くらい前に描いたものですが、ちょうど技法の上でもいろいろ変えたいと思っていた時期でした。いままでは、絵の具をずっしり塗り込む描き方をしていたんです。ただ、もっと絵の具を自由にさせることで、見る人の入り込む余地を残したり、描いている最中に絵が立ち上がる感動を共有できたりしないかなと。

仙石裕美
仙石裕美

—過去の作品と比べると、だいぶ「軽やかさ」のある画面になっていると感じます。

仙石:絵の具のフレッシュな状態を残したいと思ったんです。なので、描きながら考えるというよりは、置いて眺める時間を長く取っていましたね。

仙石裕美『世界の始まる日のサーカス』(2012年)
仙石裕美『世界の始まる日のサーカス』(2012年)

仙石:少し前に、私生活で父が急に亡くなるということがあって。そのことも、この絵を描く上で非常に大きな出来事でした。人生で一番というくらいにショックを受け、いままで通りには絵の具が使えない、絵の具の感触が「重い」と感じるようになったんです。

—お父さんは仙石さんにとってどんな存在だったんですか?

仙石:自分でも普段は意識しないくらい、根本的な支えになっていたのかな。父は文学博物館の学芸員で、家にいろんな画集や図版があったんです。小さいころからそれを見ていた経験もありましたし、私の活動をいつも励ましてくれていました。亡くなったときはこんなにも絵の具への感覚が変わるのかと、びっくりしたんですけど……。

だから、無理をしていままで通りの方法を続けないほうがいいと思って。その変化を受け入れようと思ったことが、今回の作品につながったのではないかと思います。ある意味で初心に帰るような感覚でした。絵の具が平面に置かれて図像ができてくることに改めて感動して、絵画のもつ力にすごく励まされました。絵がなかったら、もっと辛かったのではないかと思います。

仙石裕美

—絵の具の軽やかさの一方で、ピンク色の人物の身体は筋骨隆々で、どこか古典絵画も連想させます。哲学的なタイトルの後押しもあって、日常の瞬間であると同時に、時間を超えた雰囲気もある。不思議なバランスですね。

仙石:それは嬉しいですね。私にとってタイトルは、絵と同じくらい意味があるんです。もともと文学も好きなので、タイトルは言葉も使って表現やコミュニケーションができるツールだと思っていて。また、私はフランスへ留学をしたのですが、動機には古典絵画への関心がありました。とくに滞在中は西洋美術の身体表現にもとても惹かれていました。

私がずっと考えているのは、絵画の根底にあるものなんです。絵画ははるか昔から人が作って来たもので、いろんな場所でいろんなタイプの絵が描かれてきた。ただ、案外根底には、時代や性別を超えた共通する人間の思いがあるのではないかと思うんです。「人間が何を思って生きているのか」に興味がある。それはいつも、制作する上で一番追求したいテーマとしてあるものです。

『FACE展 2018』ポスター
『FACE展 2018』ポスター(サイトを見る

Page 1
次へ

イベント情報

『FACE展 2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展』
『FACE展 2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展』

2018年2月24日(土)~3月30日(金)
会場:東京都 新宿 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般600円 大学生400円
※高校生以下、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方1名、被爆者健康手帳を提示の方は無料

プロフィール

仙石裕美(せんごく ひろみ)

武蔵野美術大学油絵学科を卒業後、2年間の大学院在学後、パリ国立美術学校編入、ポスト-ディプロム修了。帰国後、個展やグループ展を中心に発表。現在に至る。主な受賞歴に2004年ホルベインスカラシップ奨学生、2014年シェル美術賞本江邦夫審査員奨励賞、2015年上野の森美術館大賞展賞候補など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進