特集 PR

水戸芸術館『ハロー・ワールド』展 テクノロジーが作る未来を問う

水戸芸術館『ハロー・ワールド』展 テクノロジーが作る未来を問う

水戸芸術館『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影・編集:宮原朋之

インターネットやデジタルデバイスを通して世界と対話することが当たり前になった現代。人工知能や仮想通貨など新しい技術が登場するなか、人の感性や感情はどのように変わるのか。技術革新には明るいだけではない、影の部分もあるのではないか――。

情報社会と人間との、そんな両義的な関係性に切り込んだ展覧会『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて』が、水戸芸術館で開催されている。会場にはAIと人間が共生する未来を描いた演劇的インスタレーション、SNSを主題にした映像などが並び、一見とてもポップだが、作品に込められたテーマにはゾッとさせられるものも多い。

「テクノロジーが生み出す社会の怖さも示しつつ、あえてハローと言ってみる。展覧会名にはそんな皮肉を込めています」と笑うのは、担当学芸員の山峰潤也だ。それぞれの作品が伝えている、私たちが生きる「環境」の現実とは? 展覧会に込めた思いを聞いた。

技術の進展で人の環境は大きく変わっています。そのなかでアートは、どんな批評性を持ちうるのか。

—テクノロジーと人間の関係を描いた作品が並ぶ今回の展覧会ですが、全体に漂うのは技術に対するシニカルな視線です。この企画はどんな経緯で生まれたのでしょうか?

山峰:出発点にあるのは、技術礼賛や進歩主義への疑問です。たとえば「技術の弊害で地球が住めない環境になったときのために、火星への移住計画を立てる」という話があったとします。僕はその手の議論に、「なぜそもそもそんな未来が来ないようにするという話にならないのか」と感じるんです。壊れたから、またよりコストのかかるものを作る、というのは、一見ニーズがあるように見えるし、経済原理には適っているけど、その発想では何かを壊し続けるしかないと思うんです。

山峰潤也(水戸芸術館現代美術センター 学芸員)
山峰潤也(水戸芸術館現代美術センター 学芸員)

—そうした技術と社会を取り巻く矛盾を突いていきたい、ということでしょうか。

山峰:そうですね。展示でも扱っているSNSや人工知能(AI)、仮想通貨など、いま情報技術の進展で人の環境は大きく変わっています。技術開発はコストがかかり、それを超える利益を得ようという作用がかかります。だから、技術発達は資本の原理に寄り添った動向に傾きがちです。批評家のマーシャル・マクルーハンは、「芸術は、いわば危険早期発見装置である」と述べましたが、僕が若いころ出会ったメディアアートには、そうしたテクノロジーへの問いや深い思想的な広がりがありました。

だけど、この十数年でメディアアートは決定的にショービジネスや技術のプロモーションツールになってしまった。そうしたなかで今回の展覧会では、技術革新の負の側面にも触れながら、これからの人間がその環境においてどう生きるのかを問いかけるアーティストを紹介したいと思ったんです。

展示スペースに併置されたカフェ内には本展の参考図書が並ぶ
展示スペースに併置されたカフェ内には本展の参考図書が並ぶ

—情報社会の負の側面とは、具体的にはどのようなものですか?

山峰:個人的な話ですが、10年ほど前に『文化庁メディア芸術祭』というイベントの仕事をしていたころに、ある漫画家の本をAmazonで大量購入したんですね。すると、Amazon上で僕はその漫画家の大ファン、ということになって関連商品の広告がたくさん来たことがおかしかったんです。でも、見られている感じは気持ち悪いですよね。今ではごくごく当たり前になりましたが。

こうした個人のログに関する話で、数年前、SNS上の行動記録を集め、その人の趣味や性的嗜好、政治的傾向などを解析する技術が発表されました。その技術を元にした広報戦略は、トランプ政権が生まれた大統領選や、イギリスのEU離脱を問う国民投票に大きな影響を与えたと言われていましたが、最近Facebookを通じた情報漏えいという形でニュースになりました。テレビや新聞など、マスメディアによる宣伝に対してはある程度免疫があるけど、こうした新しい方法にはまだまだ無防備です。だから無意識のうちに考えを操作されたりしてしまう。そう考えるとなかなか恐ろしいものがありますよね。これは、技術発達の負の一例にすぎませんが。

山峰潤也(水戸芸術館現代美術センター 学芸員)

併置されたカフェにはプログラム『高校生ウィーク2018』の一環として開催した連続ワークショップ「書く。部」による本展のギャラリーガイドなども展示されていた
併置されたカフェにはプログラム『高校生ウィーク2018』の一環として開催した連続ワークショップ「書く。部」による本展のギャラリーガイドなども展示されていた

アートはさまざまなバイアスを超えた新しい気づきをもたらしうる。

—たしかに日頃眺めているSNSのタイムラインは、自分向けにカスタマイズされているのに、「他人も同じものを見ている」と思いがちですよね。その無意識の風景がまさに「環境」ということですが、アートはそれと距離を保つ道しるべにもなる?

山峰:そうですね。僕がずっと持っているテーマは、個人があらゆるバイアスを超えて自由でいられるか、ということです。それはとても広いテーマですが、僕はとりわけ情報メディアを通して刷り込まれる常識や社会通念、先入観を疑うことを重要視しています。社会生活を営む以上、自由なんて言えない場面ばかりですが、アートの大きな社会的な機能のひとつは、独自の視点で提言できる自由な立場であることだと思います。

アーティストというのはそうした特異点であり、そのことによって周囲の人に何かの気づきを与えられる存在じゃないかと思います。それを今回の展示では見せたかったんです。

—展示名の『ハロー・ワールド』には、どんな意図が込められているんですか?

山峰:これは完全に皮肉です(笑)。「ハロー・ワールド(Hello World)」というのは1970年代に書かれたプログラム言語の教本の最初に出てきた言葉で、それ以来、多くのプログラミングの学習に使われてきた言葉なんです。つまり、その技術を身につけることで切り拓かれる人類の新しい扉を象徴してきた言葉なんですね。

1990年代から2000年代にかけて、インターネットは平等で民主的な社会構造を生み出すと期待されました。ですが、従来のメディア構造が衰退するかわりに、GoogleやAmazonのような企業が新しい中央集権的な権威として大きくなっていきました。そうした人たちが作り上げた環境の恩恵を受けていることは間違いないですが、そこには資本の原理が強く働いているわけです。だから、そういう原理に基づく技術が生み出す未来に、無批判に組み込まれていきたくはない。けれど、組み込まれずに生きていくことは難しい。だから、そういう未来の怖さにも向き合う意味で、混沌を見つめながらハロー・ワールドと言ってみる。そういう態度がこの展覧会名には込められています。

山峰潤也(水戸芸術館現代美術センター 学芸員)

『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて』メインビジュアル
『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて』メインビジュアル(サイトを見る

Page 1
次へ

イベント情報

『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて』
『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて』

2018年2月10日(土)~5月6日(日)
会場:茨城県 水戸芸術館 現代美術ギャラリー
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
参加作家:
デヴィッド・ブランディ
小林健太
サイモン・デニー
セシル・B・エヴァンス
エキソニモ
レイチェル・マクリーン
ヒト・シュタイエル
谷口暁彦
休館日:月曜、2月13日(火)、5月1日(火)
※2月12日(月・祝)、4月30日(月・祝)は開館
料金:前売600円 一般800円 中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

関連イベント

キュレーターによるギャラリーツアー
2018年4月14日(土)、4月19日(木)
各日15:00~16:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室

アーティスト・トーク
2018年4月30日(月)
14:00~15:30(開場13:30)
谷口暁彦(出品作家)、金澤韻(キュレーター / 十和田市現代美術館学芸統括)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室

プロフィール

山峰潤也(やまみね じゅんや)

水戸芸術館現代美術センター学芸員。1983年生まれ。東京芸術大学映像研究科修了。学生時代より映像や舞台作品の制作をしていた経験から、映像やメディアを主題とする展覧会に従事。文化庁メディア芸術祭事務局、東京都写真美術館、金沢21世紀美術館を経て現職。主な展覧会に「3Dヴィジョンズ」「見えない世界の見つめ方」「恵比寿映像祭(第4回-7回)」(以上東京都写真美術館)。その他の活動に、IFCA(2011年、スロベニア)、Eco Expanded City(2016年、ポーランド、WRO Art Center)など海外のゲストキュレーション、執筆、助成金やアワードの審査員、講師、映像作品やメディアアートの研究を行う。2015年度文科省学芸員等在外派遣研修員。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで