特集 PR

フレデリックが振り返る、「透明だったころ」の純粋な気持ち

フレデリックが振り返る、「透明だったころ」の純粋な気持ち

キリンレモン
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

今年で発売90周年を迎えた「キリンレモン」。そのリニューアル商品発売に合わせて、誰もが一度は耳にしたことのあるキリンレモンのうたを、さまざまなアーティストがアレンジする『キリンレモントリビュート』がスタートした。「キリンレモン」の新TV-CMでも放映されている第1弾を飾ったBiSHに続くのは、話題のロックバンド・フレデリック。疾走感とループ感の同居する楽曲はもちろん、サッカーをテーマに、主演の小川あんがタイムリープを繰り返す映像もフレデリックらしく、「透明なままでゆけ。」というコンセプトが見事に具現化されている。

フレデリックは4月30日に神戸のワールド記念ホールで初のアリーナ公演を開催。兵庫県出身の彼らにとって、神戸は始まりの地であり、そこでの公演は特別な意味合いを持つ。そこでこの日は、同曲のMV撮影現場に潜入し、アレンジの裏話を聞くとともに、音楽や部活に「透明な気持ち」で打ち込んでいた兵庫での学生時代を振り返ってもらい、凱旋ワンマンへの意気込みを語ってもらった。

誰でもパッと歌えるような、みんなが知ってる曲を自分の声で再現させてもらえるっていうのは、ホントに嬉しい。(健司)

—まずは、『キリンレモントリビュート』という今回の企画について、みなさんはどんな印象をお持ちですか?

康司(Ba):このお話をいただいて、すぐに自分の中で楽曲の想像が湧いてきました。なので、完成したものとほとんど変わらない曲を早い段階でみんなに渡していましたね。

キリンレモンのメロディーは小さな頃から聴いていたし、一度聞くと頭から離れないじゃないですか? 自分たちも昔の歌謡曲とかに憧れて、ずっと聴き続けられる音楽をつくりたいと思ってるんですけど、(三木)鶏郎先生(キリンレモンのCMソングを手がけた作曲家、構成作家。)のこのメロディーって、ホントにみんなが知ってるメロディーだと思うんですね。なので、それを自分たちなりにどうアレンジするかっていうのは、すごく楽しんでできました。

左から:赤頭隆児、三原健司、三原康司、高橋武 / MV撮影を行なった運動場の用具倉庫にて
左から:赤頭隆児、三原健司、三原康司、高橋武 / MV撮影を行なった運動場の用具倉庫にて

健司(Vo / Gt):誰でもパッと歌えるような曲を自分の声で再現させてもらえるっていうのは、ホントに嬉しいことだし、いろんな人のバージョンを小さな頃から聴いてきたから、その中に自分も入れるっていうのは感動します。

三原健司(Vo / Gt)
三原健司(Vo / Gt)

康司:この曲のレコーディングのときもスタジオの自販機にちょうどキリンレモンがあって、全員何も言ってないのに選んでて(笑)。飲むと小学校とか中学校の頃を思い出すっていうか、若返った気分やなって思いました(笑)。

三原康司(Ba)
三原康司(Ba)

—昔からのメロディーに対する馴染みもあって、曲のアイデアがすぐに出てきたわけですね。

康司:キリンレモンと聞いて、今回の曲を作る前から、「フレッシュなことをしたい」って思ってたんです。そこでピースが合ったからこそ、すぐに曲ができたのかなって。スピード感やフレデリックらしさもありつつ、スッと馴染んで、なおかつ走り出したくなるような、そういうイメージで作りました。

第一弾のBiSHによる『キリンレモントリビュート』MV

—「フレッシュなことをしたい」ってのは康司くんの考え? それとも、バンドとしてもそう思っていた?

康司:バンドとしてもそうだったと自分は思ってます。ワールド記念ホールっていう、地元の神戸でライブをするにあたって、また新しいフレデリックが始まると思っているので。そこに向かう中で、次に自分が伝えたいメッセージや音は、フレッシュなものの方が気持ちとマッチしたんですよね。今回の撮影もフレッシュな気分で臨めて、パワーのある曲ができたなって思いました。

—今回の映像はサッカーがテーマで、元サッカー部の赤頭くんは嬉しかったんじゃないですか?(笑)

赤頭(Gt):そうですね(笑)。ただサッカーっていうだけじゃなくて、若い女の子のサッカーチームと一緒にMVを作ってる感じが、まさにフレッシュやなって思いました。

赤頭隆児(Gt)
赤頭隆児(Gt)

高橋(Dr):僕も中学までサッカーをやっていて、小さい頃はサッカーの練習に行って、帰ってきて、キリンレモンを飲んでいたので、その頃の記憶ともリンクして、アレンジとかも気持ちよく考えられました。

高橋武(Dr)
高橋武(Dr)

—健司くんと康司くんは中学時代は陸上部だったんですよね?

康司:そうです。なので、<駆け抜ける>っていうフレーズとかはその頃のイメージだし、曲自体も、汗をかいたときに飲む炭酸のイメージで作った感じですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『キリンレモントリビュート』

本キャンペーンでは、さまざまなアーティストとのコラボレーションにより、それぞれの個性あるアレンジが加わった新しいキリンレモンのうたをお楽しみいただけます。今後も続々とバラエティ豊かなアーティストとのコラボレーションが展開されていきます。
本キャンペーンでしか見ることのできない、特別なコラボレーションにご注目ください。

『復刻版キリンレモン・新キリンレモン飲み比べセットプレゼントキャンペーン』

その場で当たる! 90周年を記念して発売当初のキリンレモンを復刻。新キリンレモンとの飲み比べセットプレゼントキャンペーン実施中!

『FREDERHYTHM ARENA 2018 ~KOKYOのTOGENKYO~』

2018年4月30日(月・祝)
会場:兵庫県 神戸ワールド記念ホール

プロフィール

フレデリック
フレデリック

三原健司(Vo./Gt.)、三原康司(Ba.)の双子の兄弟と、赤頭隆児(Gt.)、高橋武(Dr.)で編成されるロックバンド。ユーモアに富んだ歌詞と中毒性の高い楽曲が話題となる中、MASH A&Rオーディション初年度の特別賞を受賞。昨年2017年、メジャー1stフルアルバム「フレデリズム」をリリースし、どのシーンにも属さない「オンリーワン」の楽曲とそのスタンスに注目が高まっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る