特集 PR

最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス

最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス

『ヌード NUDE―英国テート・コレクションより』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:木村直大

「ヌード」をテーマとした作品のみに焦点を当てた国際巡回展『ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより』が、横浜美術館で開催されている。

日本初公開となるロダンの大理石彫刻『接吻』をはじめ、テートのコレクションによってたどる、西洋美術における裸体表現の歴史。絵画、彫刻、版画、写真など、134作品からなる本展を、かつては自身も美術系の学校に通っていたという最上もがは、果たしてどう見るのだろうか。横浜美術館の学芸員・長谷川珠緒の案内のもとで鑑賞したのち、その感想と思うところを尋ねた。

みんな、新しい表現方法を生み出したいというか、多分だんだん飽きてくると思うんです。(最上)

—今回の展示をひと通りご覧になって、最上さんは、どんな感想を持ちましたか?

最上:すべてが理解できたわけではないですけど、テーマがヌードで共通している分、それぞれの時代によってどういう作品が好まれたのか、まったく違ったんだなと感じましたね。

それぞれの時代の人が試行錯誤しながら、自分たちがいいと思っている方法でヌードを表現していて、また次の時代には違う方法が出てくる。みんな、新しい表現方法を生み出したいというか、多分だんだん飽きてくると思うんです。

最上もが / スタイリスト:ヨシダミホ、ヘアメイク:澤西由美花(クララシステム)
最上もが / スタイリスト:ヨシダミホ、ヘアメイク:澤西由美花(クララシステム)

最上もが

—なるほど、面白いですね。

最上:いままではこうだったけど、自分はそれとは違う個性を出したいから、こういうやり方を試してみるっていう。そうやって、どんどん挑戦していきながら、新しく評価されるものがあったり、消えてしまうものがあったりで、その繰り返しだったのかなって思いながら見ていました。

ハモ・ソーニクロフト 『テウクロス』 1881年
ハモ・ソーニクロフト 『テウクロス』 1881年

ひとくちにヌードといっても、文字で表現された作品もあり、形態は多岐にわたる / フィオナ・バナー 『吐き出されたヌード』 2007年
ひとくちにヌードといっても、文字で表現された作品もあり、形態は多岐にわたる / フィオナ・バナー 『吐き出されたヌード』 2007年

長谷川:最上さんのおっしゃる通りだと思います。それぞれの時代にサロンのようなものがあって、そこで評価されるものが良いものとされるなど、ある種格付けがなされていました。ただ、その枠組みには飽き足らないアーティストというのが、やはりどの時代にもいて。そういう人たちが新しい表現に挑戦することによって、次の時代を作っていくんですよね。

左から:長谷川珠緒(横浜美術館学芸員)、最上もが
左から:長谷川珠緒(横浜美術館学芸員)、最上もが

長谷川:今回の展示は、8つのセクションから成り立っているのですが、基本的には、それぞれの時代におけるヌード表現の特徴というものが、時代を追ってたどっていけるようになっているんです。

最上:今回の展示も、最初のほうは神話や物語を描いたヌードが多いじゃないですか。あこがれや理想が入り混じった形のヌードというか。それは誰もが一度は通る道というか、「すごいなあ」って思って見ていたんですけど、そのうち、どれも同じにように見えてくるというか。

フレデリック・レイトン『プシュケの水浴』1890年発表 油彩 / カンヴァス Tate: Presented by the Trustees of the Chantrey Bequest 1890 image © Tate, London 2017
フレデリック・レイトン『プシュケの水浴』1890年発表 油彩 / カンヴァス Tate: Presented by the Trustees of the Chantrey Bequest 1890 image © Tate, London 2017

神話の一場面を描いた作品 / ハーバート・ドレイパー『イカロス哀悼』 1898年発表 油彩 / カンヴァス Tate: Presented by the Trustees of the Chantrey Bequest 1898 image © Tate, London 2017
神話の一場面を描いた作品 / ハーバート・ドレイパー『イカロス哀悼』 1898年発表 油彩 / カンヴァス Tate: Presented by the Trustees of the Chantrey Bequest 1898 image © Tate, London 2017

長谷川:そうですね(笑)。そのマンネリを打ち破ったという意味では、写真の発明も、大きかったと思います。「写実的に描く」という意味では、もう写真にかなわないわけです。もともと西洋の歴史画は、「記録」という意味合いも強かったのですが、よりリアルな写真が登場してからは、その役割を失ってしまうんですね。

そうなったときに、画家たちのあいだでも「自分たちは何を描くべきか?」という議論がなされ……いわゆる「印象派」と呼ばれる絵画が登場するのは、そういう文脈だったりするんです。そして、そのあと戦間期の社会情勢のなかではシュルレアリスムが出てきたりと、新しい表現って、美術界だけではなく科学技術だったり、社会の動きも緊密に繋がっているんです。

印象派を代表する画家ルノワールの作品 / オーギュスト・ルノワール『ソファに横たわる裸婦』1915年 油彩 / カンヴァス Tate: Bequeathed by Mrs A.F. Kessler 1983 image © Tate, London 2017
印象派を代表する画家ルノワールの作品 / オーギュスト・ルノワール『ソファに横たわる裸婦』1915年 油彩 / カンヴァス Tate: Bequeathed by Mrs A.F. Kessler 1983 image © Tate, London 2017

Page 1
次へ

イベント情報

『ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより』

2018年3月24日(土)~6月24日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館
時間:10:00~18:00(5月11日、6月8日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:木曜(5月3日は開館)、5月7日
料金:一般1,600円 大学・専門学生1,200円 中高生600円 65歳以上1,500円(要証明書)
※小学生以下、障害者手帳をお持ちの方と介護の方1名は無料

プロフィール

最上もが(もがみ もが)

1989年2月25日生まれ、東京都出身。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加