特集 PR

金沢21世紀美術館の注目個展 アイ・チョー・クリスティンが語る

金沢21世紀美術館の注目個展 アイ・チョー・クリスティンが語る

金沢21世紀美術館『アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:奥祐司 編集:宮原朋之

インドネシアを拠点とするアーティスト、アイ・チョー・クリスティンにとって、世界初となる美術館個展『アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意』が金沢21世紀美術館で開催中だ。

これまでマシュー・バーニーやオラファー・エリアソンなど名だたる欧米作家の個展が開催されてきたこの場所で、東南アジア出身の女性アーティストの個展が開催される。巨大な多島国家・インドネシアの急速な経済成長や、東南アジアにおける存在感を考えれば、この個展は今後のアジアの変化を占うものといえるだろう。アートは、作品が訴えるメッセージや美しさに加えて、大きな時代の変化にも寄り添っている。

だがそうした時代と呼応する一方で、アイ・チョー・クリスティンの作品は個人の内にある思いや時間とも強く共鳴している。魚、ドラゴン、ぬいぐるみ、ギロチン……作品に登場する様々なモチーフは、作家自身の体験や記憶を通して表現されるからこそ、ある「強さ」を持っている。

社会の一握りの豊かな人やエリートだけではなく、普通に生きる人々に、どうすれば表現に込めたメッセージを伝えることができるか。

ーアイ・チョーさんがアーティストを目指したきっかけは何でしょうか?

アイ・チョー:初めて表現することに明確に興味を持った対象は、ファッションでした。小学校のときに、たまたまあるデザイナーの記事を読んだんです。そのデザイナーは特別に高価な衣服だけではなく、普通の人たちにも手に届く身近なファッションも手がけていて、その考えにとても共感しました。

社会の一握りの豊かな人やエリートだけではなく、普通に生きる人々にどうすれば表現とそこに込めたメッセージを伝えることができるか。当時からそれを誠実に考えていて、自分もそのデザイナーのようなことができれば素敵だな、と思ったんです。

アイ・チョー・クリスティン
アイ・チョー・クリスティン

ー大学でグラフィックアートを専攻し、卒業後はテキスタイル工房でデザイナーとして働いていたそうですね。

アイ・チョー:ええ。残念ながらファッションデザイナーの道は断念しましたけれど(苦笑)。大学の第一志望はデザインで、第二志望がファインアートだったんですが、結局受かったのはファインアートだけ。

そのときは家族で大騒ぎになりました。両親に現実的な考え方で、「アートを専攻しても、卒業した後、仕事がないじゃない!」と心配されて。そこで私は「1年経ったら学部を移るから大丈夫!」と説得したんですけど、いざ入学してみたらファインアートの方が自分には素晴らしく居心地がよかったので、そのまま居続けることに……。

ー美大生、芸大生あるあるですね(笑)。日本の大学でもよく聞く進路転換です。

アイ・チョー:在学中に先生から「君の最大の強みはライン(線)にある。だからグラフィックアートに集中してみたらどう?」とアドバイスされたのは大きかったですね。

活動の初期から、作家として息長く活動したいと強く意識してきました。

ー今回の展示作品で特に興味深かったのが『純粋な土地の真実』(2001年)で、製図したような緻密な線にアイ・チョーさんのルーツを垣間見るようでした。現在のオイルバー(チョーク状の油彩画材)を使ったペインティングとは、かなり違った印象があります。

アイ・チョー:活動の初期から、作家として息長く活動したいと強く意識してきました。年齢とキャリアを重ねていくうえで何が必要かを考えると、戦略的にすべきことはとても多かった。

『純粋な土地の真実』(2001年)© Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts / 提供:金沢21世紀美術館
『純粋な土地の真実』(2001年)© Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts / 提供:金沢21世紀美術館

会場展示風景 / Photo:木奥惠三 提供:金沢21世紀美術館
会場展示風景 / Photo:木奥惠三 提供:金沢21世紀美術館

アイ・チョー:いくつかの目標を設定して、それを達成することを目指したんです。例えば、具象、人の姿、構造、構図……。それらの課題を自分の納得できる水準まで研ぎ澄まそうとしていた様子が、初期作には強く反映されています。

ー理数的というか、とても論理的ですね。

アイ・チョー:アートに関わることが好きでたまらなかったから、それを継続するために、長期的な作戦を立ててきたんです。

アイ・チョー・クリスティン

Page 1
次へ

イベント情報

『アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意』

2018年4月28日(土)~8月19日(日)
会場:石川県 金沢 金沢21世紀美術館 展示室7~12、14
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで)
休室日:月曜(7月16日、8月13日は開場)、7月17日
料金:一般1,000円 大学生800円 小中高生400円 65歳以上800円

プロフィール

アイ・チョー・クリスティン

1973年、バンドン(インドネシア)に生まれる。1997年バンドン工科大学を卒業。テキスタイルデザイナーとして働いた後、2000年頃から創作活動を開始した。以降、インドネシアをはじめとする東南アジアで定期的に個展を開催する一方、ニューヨーク、ロンドン、ベルリン、北京などの国際展にも多数出品している。2001年、フィリップ・モリス・インドネシアン・アートアワードで入賞したのを皮切りに、2009年には香港アートフェアにおいてSCMPアート・フューチャー・プライズを受賞、また2015年にはプルデンシャル・アイ・アワード(絵画部門)を受賞するなど、着実にアーティストとしての地歩を築いている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『LAPSE』予告編

柳俊太郎、SUMIREらが出演するBABEL LABEL製作の映画『LAPSE』の予告編。SALU書き下ろしの主題歌“LIGHTS”と共に頭に流れ込む3篇のシーンやセリフに魅了され、近いようで遠く、遠いようで近い世界観に引き込まれる。一瞬、現れるメッセージ「未来に抗え。」。この力強い一言には、どんな想いが込められているのだろうか。(角田)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業