特集 PR

放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」

放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:久野剛士、野村由芽

「The Beatlesを超えるためには、どうすればいいんだろう」って感覚で、テレビ番組も作ってきたんですよ。(倉本)

―ところで倉本さんは、これまでもさまざまな形で音楽制作にも関わっています。倉本さんにとって音楽は、どういう位置づけの活動になるのでしょう?

倉本:僕はね、実は自分のことを放送作家とは思ってないんですよ。どっちかというと音楽とか……まあ、いちばん広いのはアートですね。アートの感覚をどう表現に落とし込もうって思って、テレビ番組の企画を考えたり。放送作家の仕事も、その視点でやっているんですよね。

それと同じ視点で、音楽も作っていて。人が聴いたときに「何、これ?」って思うようなフックのあるもの、1回聴いたらちょっと刷り込みになるようなものを、音楽でも作りたいと思っているんです。

だから、テレビの仕事と音楽活動に垣根はないんですよね。まあ、どっちで食べてるかって言ったら放送作家の仕事なんですけど(笑)。

倉本美津留

―そういう音楽との距離感は、昔から変わってないんですか?

倉本:そうですね。小学校5年生のときに、The Beatlesという存在に出会ったことがでかくて。それ以前から、自分で勝手に作った歌を歌いながら、学校から帰るような子どもだったんですけど、小5のときに、3つ年上の兄貴が友だちからThe Beatlesのレコードを借りてきたんです。それを家でかけてたんですけど、流れてきた音楽が、自分が街で聴いて好きやなと思って頭の中にインプットしていた曲ばかりだったんですよ。

しかも、兄貴に「The Beatlesは、他人の曲じゃなくて、自分らの作った曲で、世の中を変えたんだ」と教えられて。それはすごいな、オリジナリティーって大事だなって思って。それから、誰もやってないことばっかり考えるようになったんですよね。

―それがいまの倉本さんの原点になっているんですね。

倉本:もちろん、そのあと自分でもいろいろな音楽を聴くようになるんですけど、どのジャンルも「The Beatlesがやってたな」みたいな感覚があって。もとになっているのはThe Beatlesなんじゃないかっていう。だから、彼らを超えるためにはどうしたらいいのか、ポール・マッカートニーを超えるためには、どんなメロディーを産み出したらいいのか、そんなことばっかりを考え続けています。

―王道に対して真正面から向き合うみたいな。

倉本:そう、真正面から勝負して、それを超えていきたいんですよね。王道を超えることによって、次の王道を作りたい。僕が童謡に惹かれるのも、それが理由なんです。僕は、The Beatlesも、ジャンルで言ったら童謡なんじゃないかと捉えているところがあるんです。

童謡って、どの曲もグッドメロディーで覚えやすくて、いつまでも忘れないものばかり。しかも、そこからまた、いろんなものが生まれていく。そういうものを、僕は作りたいんですよね。

その意識は、僕がこれまで作ってきたテレビ番組にも反映されていると思います。The Beatlesを超えるためには、この番組をどうするのがいいんだろうって。そういう感覚で、番組を作ってきたんです。

左から:倉本美津留、田中大輔

―音楽的なルーツで言うと、The Beatlesと並んで、はっぴいえんどの影響も大きいんでしょうか?

倉本:そうですね。はっぴいえんどのことを最初に知ったのは高校生ぐらいですけど、そんときに「うわっ、歌詞っていうのは、まだこんな可能性あったんだ」って衝撃を受けたんです。メロディーは、これまでに試行錯誤されてパターンが出つくしているかもしれないけど、歌詞はまだまだいろいろできるなと思って。

それから自分も、普通ではない歌詞を考えるようになるんですよ。「普通、歌詞にこんな言葉入れないだろう」みたいな言葉を使ったり。歌詞の実験という意味では、はっぴいえんどの影響は大きいですね。

左から:倉本美津留、田中大輔

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

倉本美津留 x LINE RECORDS「怖い童謡」オーディション

募集期間:2018年5月14日(月)~5月31日(木)
対象者:
全国の少年少女グループ
合唱団
14歳~21歳の男女

プロフィール

倉本美津留(くらもと みつる)

放送作家。NHK Eテレの子ども番組『シャキーン!』『ダウンタウンDX』『M-1グランプリ』『浦沢直樹の漫勉』などを手がける。これまでの仕事に『ダウンタウンのごっつええ感じ』『伊東家の食卓』『たけしの万物創世記』他多数。近著に「ことば絵本 明日のカルタ」(日本図書センター)「倉本美津留の超国語辞典」(朝日出版社)。また、ミュージシャンとしての顔ももつ。サカイ引越センターCMソング「ここち」、「東京23区おぼえ歌」、NHKみんなのうた「月」など、ジャンルレスに楽曲を発表している。

田中大輔(たなか だいすけ)

LINE RECORDS事業プロデューサー。1976年神奈川県生まれ。大学卒業後、CD・レコードショップのバイヤーを経て、2002年ユニバーサルミュージック合同会社に入社。数々のアーティストのマーケティング・メディアプランナーを担当し、2015年LINE株式会社に入社。定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」に従事、2017年3月に「LINE RECORDS」を発足。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生