特集 PR

アニメ『3D彼女』企画対談 アニメ作りと劇伴が生まれる背景

アニメ『3D彼女』企画対談 アニメ作りと劇伴が生まれる背景

Akiyoshi Yasuda『absolute ego』『3D彼女 リアルガール オリジナル・サウンドトラック』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

最初の打ち合わせをする前にメインテーマを作っちゃってたんですよ(笑)。(Yasuda)

—Yasudaさんの起用は即決だったという話でしたが、なぜYasudaさんの音楽が『3D彼女』に合うと感じたのでしょうか?

直谷:Yasudaさんの音楽に優しさや明るさがあるのがよかったんだと思います。最初の絵コンテは、Yasudaさんの音源を聴きながら切りましたし、今回は原作と音楽から考えはじめたというのもあって、作品全体のテイスト的にもかなり影響を受けています。

一般的なオーケストレーションによる劇伴だとドラマチックな感じになると思うんですけど、『3D彼女』が明るくてライトな雰囲気のアニメになっているのはYasudaさんの音楽のおかげだなと。

Yasuda:僕が、普通にオーケストラをやれるような人と同じ表現に挑戦しても負けてしまうので、違う土俵で勝負したかったんですよ。だからそこを汲み取ってもらえたのはすごく嬉しいです。

直谷:もともと『3D彼女』では、ちょっと変わったことがしたいと思ってて、Yasudaさんの音楽と映像が合わさることで、他の作品とは違うテイストになったなと思っています。

左から:直谷たかし、Akiyoshi Yasuda

—ちなみに、Yasudaさんはアニメ自体はお好きだったんですか?

Yasuda:そんなに深く知ってるわけではないんですけど、僕もともと『ハチクロ』(『ハチミツとクローバー』)とか『ソラニン』とか、ちょっと青い、青春群像劇みたいなのが大好きなんです。『3D彼女』は、最初は恋愛の話かと思って原作を読みはじめたんですけど、話が進むにつれて、ちょっとテイストが変わっていく感じがあって。

そうやって今回、劇伴を作るにあたって「これは大好きだし、大得意だぞ」って思えたのは、すごく大きかったです。実は、最初の打ち合わせをする前にメインテーマを作っちゃってたんですよ(笑)。

直谷:そうなんですか!(笑)

Yasuda:打ち合わせの2日前くらいにいろいろ資料をもらって、思いついちゃったから作ったんです。でも、いきなり聴かせて、「違います」って言われたら嫌だなと思ったので、話を聞いてからにしようと。それで、実際話を聞いたら、「たぶんこのままで大丈夫だ」って思って。

—じゃあ、実際使われているメインテーマは、その打ち合わせ前に作っていたものだと。

Yasuda:実はそうなんです(笑)。そのあともガンガン曲を作ったので、めちゃめちゃ早く完成したんですよ。

直谷:こちらとしては、あまり時間がないなかでお願いしたので、かなり無理なことを言ってしまったかなって思ってたんですけど……。

Yasuda:いや、もうちょっと作れますよ(笑)。

左から:Akiyoshi Yasuda、直谷たかし

Akiyoshi Yasuda『3D彼女 リアルガール オリジナル・サウンドトラック』を聴く(Spotifyを開く

アニメ作品のテイストって、音楽で決まると思うんです。(直谷)

—作品ごとに違うとは思うのですが、監督としてアニメの劇伴にはどんなことを求めますか?

直谷:アニメ作品のテイストって、音楽で決まると思うんです。たとえば、家で映画を見るときに、音を消して、違う音楽をかけながら見ると、全然違うシーンに見えることがあって。それくらい音楽の持つ力はすごく強いと思います。今回はYasudaさんの音楽によってフィルムに優しさが出たと思うし、声優さんもYasudaさんの音楽に合いそうな人をなるべく選ぶようにしました。

—音楽がキャスティングにも影響してるんですね。Yasudaさんは作品からどんなインスピレーションを受け取って、楽曲に反映させていったのでしょうか?

Yasuda:監督から「僕のテイストが好きだ」って言ってもらえたので、ジャンル感とかもあまり気にせず、本当に思ったまま、感情のとおりに作ったというか。こんなこと今までなかったんですけど、「このシーンならこれだな」って、パッと浮かぶことがすごく多かったです。

—これまではどんな作り方だったんですか?

Yasuda:これまでは、ピアノを前にして「さあ、作りましょう」って作る感じで、最初から何かアイデアがあるわけじゃなくて、弾いてるうちに出てくるのを待つ作り方だったんです。

Akiyoshi Yasuda

Yasuda:今回は、シーンとか言葉が先にあって、「これだったら、こういうメロディーがいいな」ってところからはじまっていて。それは今までにない経験で、めちゃくちゃ面白かったです。メインテーマも近所の公園の側の喫煙所で思い浮かびましたからね(笑)。ボイスメモに録音して、「早く家に帰らなきゃ!」って(笑)。

—(笑)。

Yasuda:1日3~4曲くらい作ってたんですけど、「明日は何作ろう?」って、興奮しちゃって寝れない日もあったくらいで。

直谷:めちゃめちゃ楽しい状態ですね(笑)。

Yasuda:「寝るのが惜しい」みたいな、そんな感覚は初めてでした。監督に信頼していただいていることもすごく感じていたので、それも大きかったんだと思います。

左から:Akiyoshi Yasuda、直谷たかし

映像でも音楽でも、いろんな可能性を試してみたいじゃないですか。(直谷)

—音楽以外も含めて、「原作のアニメ化」という意味では、監督はどんな部分を意識したのでしょうか?

直谷:やっぱり「ラブコメ」というところですね。登場人物が周りから虐げられていたりするので、重くなりそうなところを、どうやって軽くするかは考えました。思い悩んだときの文字が出るバックも、普通だったら暗い色にすると思うんですけど、あえてきれいな感じにしたり。

小さなことですけど、アニメの演出として普段あんまりやらなそうなことをやってみたいと思って、挑戦しちゃいました。もっと原作どおりに作るのもひとつのやり方だとは思うんですけど、作品自体のテイストをYasudaさんの音に寄せているのも挑戦ですね。

Yasuda:主人公の感情を歌詞みたいに見せたりとか、ちょっとミュージックビデオ(以下、MV)っぽく演出しているような雰囲気を感じました。

直谷:そういうところは意識しました。特に、第1話は絵コンテも演出も自分なので、何となく全体がMVっぽく見えるような感じにできたらなって。音楽を聴きながら作ったので、そういう作り方もアリなんじゃないかなと思ったんですよね。やっぱり映像でも音楽でも、いろんな可能性を試してみたいじゃないですか。

アニメ『3D彼女 リアルガール』より / ©那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
アニメ『3D彼女 リアルガール』より / ©那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

直谷たかし

Yasuda:僕の曲も「今回は自然に出てきた」って言いましたけど、今までやってなかったことも多いんです。たとえば、“Even So”という曲は、パッと聴きは切ない感じなんですけど、なぜか変拍子で、途中でテンポも変わったり、ミュージシャンに頼んだら怒られそうな曲で(笑)。あとメインテーマのちょっとしたオーケストラな感じに、いわゆる★STAR GUiTARらしい電子音を混ぜ込んでみたりしたのも、自分としては冒険で。

—これまで作ってきた音楽のなかのいろんな要素が散りばめられているし、新たな混ざり方もしていると。

Yasuda:そうですね。今回の劇伴は、音楽人として成長できた作品だと思います。僕は劇伴を作る人間としてはイレギュラーなタイプだと思うんですけど、イレギュラーなりのやり方、自分なりの世界の作り方があるんだなって感じることができました。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Akiyoshi Yasuda
『absolute ego』

2018年5月23日(水)より配信

1. Grace
2. res
3. rest
4. nik
5. sén
6. mono
7. andthen
8. While
9. roof

Akiyoshi Yasuda
『3D彼女 リアルガール オリジナル・サウンドトラック』

2018年5月30日(水)リリース
価格:3,240円(税込)

1. because you are here.
2. Loop in Loop
3. own way
4. Clumsy Love
5. Walk
6. Play With
7. Morning Glory
8. You are here.
9. more salty
10. each other
11. beside
12. I Myself
13. MAZE
14. first sight
15. naked
16. ready?
17. FunFunFun
18. carefree
19. それ変☆身
20. I feel something
21. you' re the one
22. even so
23. under your spell.
24. blue
25. present
26. LOOOOL
27. Yeah?
28. No way!
29. Phew!
30. Sweetest day
31. rush into
32. in hot water
33. life you live
34. if you wanna
35. visionary
36. cloud nine

番組情報

『3D彼女 リアルガール』

2018年4月3日(火)より日本テレビ「AnichU枠」ほかにて毎週火曜25時59分より放送中

声の出演:
芹澤優(五十嵐色葉)
上西哲平(筒井光)
蒼井翔太(伊東悠人)
津田美波(石野ありさ)
寺島拓篤(高梨ミツヤ)
上田麗奈(綾戸純恵)
神田沙也加(えぞみち)

主題歌:くるり“だいじなこと”(SPEEDSTAR RECORDS)
エンディングテーマ:BiSH“HiDE the BLUE”(avex trax)

プロフィール

Akiyoshi Yasuda(あきよし やすだ)

Akiyoshi Yasuda(あきよし やすだ) 愛知県一宮市出身、自身のユニット「★STAR GUiTAR」として、H ZETT M、fox capture plan、世武裕子、といった豪華なピアニスト陣とのコラボレーションを実現するなど、テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどのダンスミュージックを独自に昇華したサウンドを展開する。2016年、「あるがままの自分」=Akiyoshi Yasudaとしてたどり着いた新境地は、静寂な中にも確かな光を感じさせ、自己と向き合うことで奏でられるその旋律は、どこまでも優しく聞き手に降り注ぎ、昨今エンジニアとしても活躍するその手腕は、Mix&Masteringでも大いに発揮され、音楽人としても稀有な存在となっている。2017年、TBS テッペン!水ドラ!!!『レンタルの恋』(剛力彩芽主演)の劇中音楽を担当。電子音のソフトなテクノやハウスミュージックとギターやピアノのアコースティック音を掛け合わせることによる音の世界観で関係者の評価を呼び、劇伴作家として、CM,WebSound等、無限の可能性を提示し続け活動の幅を広げている。

直谷たかし(なおや たかし)

フリーアニメ演出家。監督作品は、『私たち、らくろじ部!』(2016年)、『刀剣乱舞-花丸-』(2016年)、『3D彼女 リアルガール』(2018年)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」