特集 PR

フォロワー60万の写真家KAGAYAが語る、プラネタリウム制作

フォロワー60万の写真家KAGAYAが語る、プラネタリウム制作

コニカミノルタプラネタリウム
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:タイコウクニヨシ 編集:矢島由佳子

6月29日より「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン®」にて、『星の旅 -世界編- “天空”特別ロングバージョン』の上映がスタートした。本作は、観客動員数100万人を記録し、今もなお根強い人気を誇るプラネタリウムの名作『銀河鉄道の夜』を手がけたKAGAYAスタジオによる最新プログラム。「天空の鏡」と呼ばれるウユニ塩湖の絶景や、ニュージーランドの赤いオーロラなど、KAGAYA自身が世界中を飛び回って撮影した、美しい星空を楽しめる内容となっている。

イラスト・写真・映像と様々な手法を駆使し、「宇宙と神話の世界を描くアーティスト」として知られるKAGAYA。天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番が「kagayayutaka」と命名されるなど、彼の描き出す星空には国を超えてたくさんのファンが存在する。フォロワー数60万人超えのTwitterなどで「空をご覧ください」と呼びかけ続けるKAGAYAが想う、「空を見つめる大切さ」を訊いた。

みんなと一緒に同じ空を見上げることで、「1人じゃない」って思える。それが「空をご覧ください」の原点なんです。

—『星の旅 -世界編-』は世界の様々な星空を体験できる作品となっていますが、KAGAYAさんご自身の原体験は、いつ、どんなふうに見た星空なのでしょうか?

KAGAYA:私の原体験は現実じゃないんですよ。小学生の頃から図鑑をよく読んでいて、そのなかの写真に憧れを募らせていたんです。天の川やオーロラ、皆既日食の写真を見ながら、「大人になったら、世界中のいろんな星空を見たい」って。なので、小さい頃から星座を覚えたり、望遠鏡で月や惑星を見たりしていました。

KAGAYA
KAGAYA

—写真を撮ることは、中学生から始めたそうですね。

KAGAYA:そうです。星空の写真を撮ってから、現像して、プリントするまで、全部自分でやっていました。

—中学生でそれはすごいですね。もちろん、今のようなデジカメではなくフィルムで、全部手作業だったでしょうし。

KAGAYA:その通りですね。『星の旅 -世界編-』のように、撮った写真を連続再生して動画にするなんて、当時はまったく考えもつかなかったですし、そもそも風景と星空を両方ともくっきり撮るなんてことはできなかったんです。

今のカメラはすごく高感度で、特別な機材がなくても、三脚とカメラさえあれば、風景と星空を両方美しく撮ることができるようになりました。当時はそれができなかったので、自分で景色と季節の星座の「絵」を描いていたんですけど、今は条件さえ揃えば実際に撮影できるので、楽しくてしょうがないです。

『星の旅 -世界編-』にて使用されている、KAGAYAが撮影した写真
『星の旅 -世界編-』にて使用されている、KAGAYAが撮影した写真

—KAGAYAさんのTwitterはフォロワーが60万人を超える人気アカウントになっていますね。写真とともに添えられる「空をご覧ください」という言葉も印象的です。

KAGAYA:最初は「自分が楽しみたい」「憧れていたものを見たい」というだけで完結していたんですけど、それを共有できるようになったのはSNSのおかげです。しかも、作品が届くのは作り始めてから1年後とかだけど、Twitterだったら瞬時に届けられて、今見えてるものをたくさんの人と一緒に見られるわけですよね。自分の根本にある想いは昔からそんなに変わってないんですけど、道具によって表現の幅が広がって、やりたいこともどんどん変わっていったんだと思います。

—Twitterに写真をアップする際、なにか意識していることなどありますか?

KAGAYA:自分が心からいいと思ったもの、誰が見てもいいと思えるものをお勧めするようにしていますね。自分のなかには「天文マニア」の部分もあるんですけど、それはなかなか理解されない部分だったりもするので、そういうのは自分の心のなかにとどめています(笑)。自己満足ではなく、人に伝えるものが目的ですから。

—KAGAYAさんが「空をご覧ください」という言葉に込めている想い、空を見つめることの大切さをどのように考えているか、話していただけますか?

KAGAYA:難しくなるので「空」と言ってるんですけど、「空」というのは「宇宙」のことなんですよね。「宇宙」であり、自分が住んでる「世界」なんです。なので、「宇宙のなかの自分を確認しましょう」という意味ですね。仕事に追われていたり、なにか大変なことがあったときでも、ふと空を見上げることで、それが自分にとってどんなことなのかを考えることができる。

しかも、「みんなで同時にこの一瞬の宇宙を共有してるんだ」という感覚は、誰にとっても勇気になるんじゃないかと思うんです。みんなと一緒に同じ空を見上げることで、「1人じゃない」って思える。それがこの言葉の原点なんです。

Page 1
次へ

サービス情報

コニカミノルタプラネタリウム“天空”

場所:東京都墨田区押上1丁目1番2号 東京スカイツリータウン・イーストヤード7階
営業時間:10:00~21:00
※時節に応じて変動あり

作品情報

『星の旅 -世界編- “天空”特別ロングバージョン』
『星の旅 -世界編- “天空”特別ロングバージョン』

2018年6月29日(金)より上映
会場:東京都 押上 コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン®
撮影・脚本・CG:KAGAYA
ナレーション:安元洋貴
音楽:manamik / 清田愛未
スキャット:川島和子

『銀河鉄道の夜』

2018年6月30日(土)より上映
会場:東京都 池袋 コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City
原作:宮沢賢治
撮影・脚本・CG:KAGAYA
音楽:加賀谷玲
朗読:桑島法子
ナレーション:大場真人

プロフィール

KAGAYA
KAGAYA(かがや)

宇宙と神話の世界を描くアーティスト。プラネタリウム番組『銀河鉄道の夜』が全国で上映され観覧者数100万人を超える大ヒット。一方で星景写真家としても人気を博し、写真集『星月夜への招待』等を刊行。写真を投稿発表するTwitterのフォロワーは約60万人。天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はkagayayutaka(カガヤユタカ)と命名されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音