特集 PR

『セラヴィ!』監督が語る、日仏で全く違う「対話」の考え方

『セラヴィ!』監督が語る、日仏で全く違う「対話」の考え方

『セラヴィ!』
インタビュー・テキスト
相田冬二
撮影:小林真梨子 編集:久野剛士

時代は激変している。かつての通念はもはや通用しない世の中だ。だが、日本社会においては、いまだにどこか、沈黙が美徳たりえている。『最強のふたり』で日本でもおなじみの監督コンビ、エリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュの最新作『セラヴィ!』を観ると、人と人との「対話」が、複雑な21世紀において、いかに重要であるかを痛感させられる。

この映画では、悪夢のようにトラブルが続出する結婚式の舞台裏で、それでもスタッフたちとコミュニケーションをとり、なんとか不測の事態をカバーしようと試みるベテラン・ウェディングプランナーの軽やかで、ひたむきな姿が描かれる。エリック・トレダノと永きにわたってコンビを組んできた監督オリヴィエ・ナカシュは、普段からパートナーとの「対話」を基盤に映画作りを進めているという。ナカシュが『セラヴィ!』を通して、「対話」の重要性について語ってくれた。

僕たちは、自分の国や、自分のことを話すけど、きっとそれは世界が共鳴してくれると信じているんです。

「他者に伝えること」「他者を理解すること」は難しい。言葉や社会が違う者同士なら、なおさらだ。だが、明らかに異なる文化からも、わたしたちは自分たちに通じる何かを「知ること」「学ぶこと」はできる。フランス映画『最強のふたり』が日本でも多くの観客の胸を打ったのは、作品に日本人の心にも「届く」普遍性があったからだろう。それはきっとナカシュたちの映画に「他者に伝えること」への情熱があるからに違いない。

—あなた方の作品は、フランス人とフランスを、愛を持って描きながらも、同時にグローバルな視野を獲得していると思います。『最強のふたり』(2011年)の世界的な大ヒットは、まさにその証明でしょう。フランス的であることと、世界的な普遍性とを共存させていますよね。

ナカシュ:ありがとう。まさにそうしたいと思っていたんです。僕らはラッキーなことに『最強のふたり』が大ヒットしたことで、その後、制作上の自由というものを享受しています。だけど、自由を享受するには、責任が伴う。作品作りは、自分の能力を投資することですし、その都度、社会にコミットしないといけないと思います。だから、僕たちは責任を持って、作品にハートをこめなければいけないんです。

オリヴィエ・ナカシュ
オリヴィエ・ナカシュ

ナカシュ:事務所にホワイトボードがあって、そこにはオリジナルストーリーを作るための教訓となる、2つのフレーズが書いてあるんです。その1つは「君のことを話しなさい。そして、みんなに君の話が届くようにしなさい」です。

—なるほど。「自分の話」を、他者に「届く」ように語ることですね。

ナカシュ:だから『最強のふたり』はいまでも世界中の人に見てもらえているのだと思います。そして、もう1つのフレーズは、シャルリー・エブド襲撃事件(イスラム過激派テロリストが乱入し、風刺週刊紙を発行していたシャルリー・エブド社を襲撃した事件)で命を落とした風刺画家ジョルジュ・ウォランスキの言葉で、「人の心に届く最短の近道はユーモアだ」です。

ナカシュ:いま、世界はどこへでもすぐ行けるようになっています。インターネットや情報社会の中で、世界はすごく狭まっていて、たとえばアメリカの田舎で起こったこと、あるいは日本の地方で起きたことでも瞬時に世界中にニュースとして駆け巡ります。インターネットがなかったら、日本の農家の人の話に感じ入るなんてことはなかったでしょう。いま遠くにあるものとの即時的なコミュニケーションは成立しているということです。

だからこそ、フランス特有の物語を語ることによってでも、他国の人も感動させられると確信を持っています。僕たちは、自分たちの国や、自分のことを話すけど、きっとそれは世界が共鳴してくれると信じているからなんです。

オリヴィエ・ナカシュ

Page 1
次へ

リリース情報

『セラヴィ!』

2018年7月6日(金)渋谷・シネクイント他全国公開
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演:
ジャン=ピエール・バクリ
ジル・ルルーシュ
ジャン=ポール・ルーヴ
ヴァンサン・マケーニュ他
製作年:2017年
配給:パルコ

プロフィール

オリヴィエ・ナカシュ

1973年4月14日、フランス、オー=ド=セーヌ生まれ。エリック・トレダノ監督と林間学校で出逢い、映画好きなふたりは共同で映画作りを始める。1995年に初の短編映画『Le jour et la nuit』の監督・脚本を共同で手がけ、続く短編『Les Petits souliers』(99)はパリ映画祭観客賞を始めとする様々な賞を国内外で受賞し、一躍注目される。初の長編映画『Je préfère qu'on reste amis』(05)でジェラール・ドパルデューと出会い、主演のジャン=ポール・ルーヴは、観客からも批評家からも絶賛される。2011年、オマール・シーを主演に抜擢した『最強のふたり』が大絶賛を浴び、フランスをはじめ、世界各国で驚異的なヒットを成し遂げる。さらに世界中の賞レースを席巻、セザール賞全9部門、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞、ヨーロッパ映画賞、放送映画批評家協会賞にノミネートされ、東京国際映画祭では東京サクラグランプリに輝く。ハリウッドでのリメイクが進行中で、コリン・ファース、ケヴィン・ハートが出演する予定。妹は、『プレイヤー』などに出演している女優のジェラルディン・ナカシュ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う