特集 PR

糸奇はな×『UNDERTALE』作者 相思相愛の音楽&ゲーム談義

糸奇はな×『UNDERTALE』作者 相思相愛の音楽&ゲーム談義

糸奇はな『PRAY』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:中村ナリコ 編集:山元翔一

糸奇はなが、初のフルアルバム『PRAY』を8月7日にリリースした。彼女が初めて作品として世に発表したオリジナル曲“体内時計”やシングル曲“ROLE PLAY”、メジャーデビュー曲となった“環 -cycle-”を含む全12曲が収録される本作のなかで、一味違ったタッチの疾走感と緊迫感を伴った楽曲がある。3曲目に収録される“74”だ。

この“74”は、2015年に発表されて以降、世界で100万本以上の売り上げを記録した大ヒットゲーム『UNDERTALE』の作者として知られるアメリカのゲームクリエイター、トビー・フォックスが作詞作曲、バッキングコーラスを担当し、糸奇はなが日本語詞と編曲を担当した楽曲。詳しくはインタビューに譲るが、『UNDERTALE』をプレイし、強く感銘を受けたという糸奇がトビーに送ったメールから繋がりはじめたという2人にとって、楽曲の共同制作はひとつの念願だったようだ。そこで今回は、来日したトビーと糸奇の特別対談を実施。“74”に結実した、クリエイティビティーが結びつけた両者の関係性、そしてお互いの表現の特質まで、たっぷりと語り合ってもらった。

※本記事は『UNDERTALE』のネタバレを含む内容となっております。あらかじめご了承下さい。

『UNDERTALE』は、本当に、あらゆるところに感動しました。(糸奇)

—今回、糸奇さんのアルバムにトビーさんが作詞作曲された“74”が収録されるということで対談が実現したのですが、両者の交流は、どういった経緯ではじまったのでしょうか?

糸奇:きっかけは、私が『UNDERTALE』をプレイしたことで、感極まって長いメールを送ったんです。そのとき、トビーさんの楽曲を自分でアレンジしたものも一緒に「よかったら聴いてください」と送ったら、トビーさんから「聴いたよ。“ROLE PLAY”もいいね」と、まさかの返事をいただき……私のオリジナル曲まで聴いてくださるなんて、感動しました。

左から:糸奇はな、トビー・フォックス
左から:糸奇はな、トビー・フォックス

糸奇が手がけた『UNDERTALE』使用楽曲のリミックスバージョン

トビー:そのメールには、はなさんのYouTubeチャンネルのリンクも貼ってあったんですよ。だから彼女の曲も聴いてみたら、「すごくいい!」と思って。それで、最初に送った返事に、「いつか君が、僕の曲を歌ってくれたらいいな」って書いたんです。それから数年経って、この“74”が実現した、ということですね。

—ピュアな衝動から生まれた表現者同士の出会い、という感じがしますね。糸奇さんが最初に送ったメールに書かれた『UNDERTALE』に対する想いとは、どのようなものだったのでしょうか?

糸奇:『UNDERTALE』に出会った頃は、私自身、ゲームから遠ざかっていたんですけど、本当に心にグサッと刺さったんですよね。どこか、私が子どもの頃にプレイしていたゲームを思い出させてくれたし……何年かぶりに、ゲームで泣きました。

『UNDERTALE』は、登場人物みんなが生きているように語りかけてくれたし、ゲームの世界がひとつのミュージカルのように思えたし、自分がその世界にいるような気持ちになれたんですよね。繰り返し遊ぶたびに、違う結末が見えるのもすごく面白かったし……本当に、あらゆるところに感動しました。あと実は、『UNDERTALE』が発表された9月15日は私の誕生日で、そこに運命を感じているところもあって。

糸奇はな

『UNDERTALE』のキャッチコピーは、「誰も死ななくていいやさしいRPG」

トビー:当時、はなは英語版をプレイしたんでしょ?

糸奇:うん。

トビー:あの頃はまだ、日本人で『UNDERTALE』をプレイしていた人はあまりいなかったんです。でもあのゲームは、『MOTHER』(1989年発表。糸井重里がゲームデザインを手がけた作品として知られる)のような日本のRPGからたくさんのインスピレーションを得て作ったものだったから、日本の方がプレイして感動してくれて、しかも「自分が子どもの頃やったゲームを思い出した」とまで言ってもらえるなんて、大感激でした。それに、自分とまったく違う言語を話す、まったく違う環境で暮らしている人を感動させることができた、というのもすごく嬉しかったですね。

Page 1
次へ

リリース情報

糸奇はな『PRAY』初回生産分限定盤
糸奇はな
『PRAY』初回生産分限定盤(CD)

2018年8月7日(火)発売
価格:4,180円(税込)
PLCD-1187
※特製スリーブケース、特製立体ペーパーシアター付

1. きみでないのなら
2. ROLE PLAY
3. 74
4. Pillowman
5. A love suicide
6. 環 -cycle-
7. 不眠症ロンリーガール
8. 忘却舞踏
9. 四角い世界
10. Wither
11. 体内時計
12. あこかがれ

糸奇はな
『PRAY』通常盤(CD)

2018年8月7日(火)発売
価格:2,808円(税込)
PLCD-0003

イベント情報

『PLAY In The FRAME』

2018年9月10日(月)
会場:東京都 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
開場 18:45 / 開演 19:30
料金:前売り4,000円 / 当日4,500円

作品情報

『Undertale』

2017年8月16日より配信
価格:1,620円(税込)(PS4,PS Vita)、980円(税込)(PC,Mac,Linux)
開発:トビー・フォックス
発売・移植:ハチノヨン

プロフィール

糸奇はな
糸奇はな(いとき はな)

英仏の歌曲を吸収したボーカルパフォーマンスと、儚い内面性を表現する歌詞世界、クラシカルな要素が強くありながらも打ち込みを駆使した現代的かつエッジーなサウンドメイクで独自の幻想的な音楽を提示するアーティスト。小学生の頃に観た『オペラ座の怪人』に衝撃を受け、憧れ、声楽を学び始めた後、オリジナル曲の制作を開始。2016年8月10日には初のフィジカル作品となる『体内時計』手づくり版を110枚限定リリースし即完売。この作品は1枚1枚手刷りした版画でCDを包みナンバリングをするという凝りに凝った作品。これが音楽関係者の間で話題となり、11月にはタワーレコード限定の全国流通版として『体内時計』レプリカ版がリリースされ話題となった。歌唱、作詞、作曲、アレンジ、打ち込み、楽器演奏、といった音楽にまつわる全てのことをひとりでこなし、それだけでなくイラスト、動画、漫画、版画、刺繍、ゲーム作りからモールス信号まで、様々なやり方で独自の世界を表現するマルチアーティスト。

プロフィール

トビー・フォックス

アメリカ合衆国の作曲家、ビデオゲーム開発者。Webコミック『Homestuck』への音楽提供、2015年発表のコンピュータゲーム『UNDERTALE』の開発で知られる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら