特集 PR

植田真梨恵×A4A・東市篤憲 映像表現の突破口を使った作品を語る

植田真梨恵×A4A・東市篤憲 映像表現の突破口を使った作品を語る

植田真梨恵『勿忘にくちづけ』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:西田香織 編集:矢島由佳子

シンガーソングライターの植田真梨恵が、自身の楽曲“勿忘にくちづけ”のスペシャルコラボムービーを7月25日に公開した。“勿忘にくちづけ”は、チョーヤ「夏梅」のCMソングに起用され、映像と同日に8枚目のシングルとしてリリースされた楽曲。これまで「感情型シンガー」として、赤裸々な心情を吐露する歌を歌ってきた彼女が、故郷である久留米の伝統工芸「久留米絣」をモチーフに、「古き良き伝統」への憧憬と愛情を歌った新機軸である。

スペシャルムービーの監督を務めたのは、BUMP OF CHICKENや坂道AKBなど様々なミュージックビデオやBLACKPINKのライブ演出を手がける映像作家・演出家の東市篤憲(A4A)。伝統の街・京都を舞台に、浴衣姿の植田をフィーチャーした映像は、彼女の美しい魅力を引き出している。

「ドローンには興味がなかった」という東市監督があえてマイクロドローンを手に取ったことや、ポラロイドをスマホ画面のようにスワイプするシーンの作り込みなど、映像としての新たな手法が取り入れられている点も注目すべきだ。植田と東市監督を招き、「植田真梨恵×蝶矢×東市篤憲」のコラボの経緯や、椎名林檎の“ギブス”のオマージュも含んでいるという映像の作り方について、たっぷりと語ってもらった。

写真をスワイプすると、過去の自分がパラパラと見える。そういうギミックを使おうと思ったんです。(東市)

—植田さんと東市監督は、以前から面識があったのですか?

東市:最初は、僕が一方的に知ってました(笑)。以前たまたま渋谷で、ひとりでご飯を食べていたときに、お店で流れてきた曲がすごくいいなと思って。歌っている女性の声が、心にすっと入ってきたんですよね。それでShazamしたところ、植田さんの“夢のパレード”だったんです。

東市:そのあと、しばらくしてから『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』で偶然お会いする機会があって。そのときは別に「ミュージックビデオを作らせてください」みたいな売り込みをしたわけでもなくて(笑)、ご挨拶と「聴いてます!」って言っただけだったんですけど、今回こうやって自分から興味を持ったアーティストの方とご縁があって、ご一緒させてもらうことになり、とても嬉しく思っています。

植田:こちらこそ光栄です。ご挨拶させていただいたときの東市さんの第一印象は、音楽に対してすごく愛情のある方だなというものでした。そのあと改めて作品を拝見したら、光がとても綺麗で。

東市篤憲は『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』のステージデザイン、ロゴデザイン、サイングラフィック、映像演出、収録映像監修、すべてのクリエイティブディレクションを手がけた

植田:私もCDなどの作品のアートワークを考えたり、前作では自分で映像を監督したりしたのですが、どちらかというとアナログな、手作りの作品に偏りがちなところがあって。東市さんとのコラボが決まったときは、自分の楽曲がどんなふうになるのか、自分の見えないところ、想像もしていなかったところへ引っ張っていってくれるんじゃないかと思ってワクワクしました。

東市篤憲、植田真梨恵
東市篤憲、植田真梨恵

—今回の曲“勿忘にくちづけ”に関して、東市監督はどんな印象を持ちましたか?

東市:最初の打ち合わせの日が、ちょうどミュージックビデオの公開日だったんですよ。それがすごくよくて、「僕が撮る必要ないんじゃないかな?」と思ったくらいです(笑)。第一、すでにミュージックビデオがある曲に対して、新たにムービーを作るというのは自分にとって初めての経験だったので、どういうアプローチで作るべきか考えましたね。タイアップに寄り過ぎることなく、ミュージックビデオのアナザーストーリーとしてどう落とし込んでいくか、そこを話し合いました。

“勿忘にくちづけ”ミュージックビデオ

—そこから、どういう発想を持って、今回のムービーの内容を考えていったのでしょうか?

東市:まず、植田さんの昔のインタビュー記事や、これまでの楽曲などをすべて遡りました。どんな生い立ちで、どんな人生を歩んできたのか、どういう思いで曲を作ってきたのかを調べたんです。そのうえで、彼女のなかにある未発掘な部分を探っていきたいと思ったんですよね。彼女は今まで自分で曲を作って、ビデオの監督もしてきたわけで、別の人にしか引き出せない魅力を引き出したいと思ったので。

植田:撮影の前にコンテを見せてもらったんですけど、その時点から素晴らしくて感動しました。読んで心がほっこり柔らかくなったんです。

左:植田真梨恵

東市:植田さんの過去を辿っていったら、自然とストーリーが浮かんできました。彼女が幼い自分と京都で偶然遭遇して、写真を渡される。そして、その写真をスワイプすると、過去の自分がパラパラと見える。そういうギミックを使おうと思ったんです。

過去の自分と向き合うファンタジーというか、現実なのか夢なのか、曖昧な感じを上手く映像に落とし込めたらなと。写真を渡す女の子も、少女時代の植田さんだったのか、たまたま通りかかった普通の女の子だったのか、見た人の想像に委ねるような、そんなストーリーを組み立てました。

コンテの一部
コンテの一部

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

チョーヤ「夏梅」

リリース情報

植田真梨恵『勿忘にくちづけ』初回盤
植田真梨恵
『勿忘にくちづけ』初回盤(CD+DVD)

2018年7月25日(水)発売
価格:2,000円(税込)
GZCA-4152

[CD]
1. 勿忘にくちづけ
2. 雨にうたえば
3. distracted(ボイスメモ)
4. 勿忘にくちづけ -off vo.-
[DVD]
・“勿忘にくちづけ”(from『Live of Lazward Piano ”bilberry tour』2018年3月24日東京グローブ座)
・まわりくるめロケ番外編「久留米絣体験」

植田真梨恵
『勿忘にくちづけ』通常盤(CD)

2018年7月25日(水)発売
価格:1,296円(税込)
GZCA-4153︎

1. 勿忘にくちづけ
2. 雨にうたえば
3. distracted
4. 勿忘にくちづけ -off vo.-

イベント情報

『植田真梨恵 たったひとりのワンマンライブ vol.3 “good-bye stereotype”』

2018年9月22日(土)
会場:京都府 紫明会館

2018年9月24日(月・祝)
会場:滋賀県 豊郷小学校 旧校舎群

2018年10月6日(土)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2018年10月13日(土)
会場:徳島県 脇町劇場オデオン座

2018年10月19日(金)
会場:福岡県 久留米シティプラザ 久留米座

2018年10月30日(火)
会場:北海道 札幌Fiesta

2018年10月31日(水)
会場:宮城県 日立システムズホール仙台 交流ホール

2018年11月2日(金)
会場:静岡県 Live House 浜松 窓枠

2018年11月4日(日)
会場:東京都 クラブeX

プロフィール

植田真梨恵
植田真梨恵(うえだ まりえ)

福岡県久留米市出身。ほとばしる感情ごと全身全霊で歌う感情型シンガーソングライター。15歳で家族の元を離れ、大阪で音楽活動を始める。歌う曲がないなら自分で作るというひたむきに前に向かう強さと、その怖いもの知らずのライブパフォーマンスがレコード会社スタッフの目に留まり、17歳でインディーズデビュー。アコギ一本を抱え、年間50本を超えるライブを重ね、2013年にはワンマンライブ全公演完売を記録し、2014年、『彼に守ってほしい10のこと』で念願のメジャーデビューを果たした。インディーズ時代から一貫して作品全般のアートワーク、衣装のスタイリング、メイクアップ、ライブの舞台演出まで自らこなし、2年連続でミュージックジャケット大賞にノミネートされるなど、その作り出す世界観のファンも多い。自分の中にあるものしか歌えない。音楽に嘘はつきたくない。不器用なまでにまっすぐ歌を届け続ける。

東市篤憲(とうし あつのり)

映像作家・演出家・A4A代表、アーティストの作品をミュージックビデオやライブ演出、ジャケットデザインに至るまで、ストーリーと体験を紐付けていき、より多くの人に想いを届けることをつくる。BUMP OF CHICKENの『TOUR 2017-2018 PATHFINDER』では、ステージデザイン、ロゴデザイン、サイングラフィック、映像演出、収録映像監修、すべてのクリエイティブディレクションを手がけた。また、BLACKPINK JAPAN ARENA TOUR2018の総合演出や、2018.9.15~16 TOKYO GIRLS COLLECTION Super Live MATSURIではキズナアイ、初音ミクと生身のアーティストが同じステージに立つバーチャルな舞台を演出することも決まっている。

関連チケット情報

2018年10月30日(火)
植田真梨恵
会場:Cafe&Bar Fiesta(北海道)
2018年10月31日(水)
植田真梨恵
会場:日立システムズホール仙台 交流ホール(宮城県)
2018年11月2日(金)
植田真梨恵
会場:Live House 浜松 窓枠(静岡県)
2018年11月4日(日)
植田真梨恵
会場:品川プリンスホテル クラブeX(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場