特集 PR

スポーツ界に根付く性差別や人種差別に、小林勇輝が首を傾げる

スポーツ界に根付く性差別や人種差別に、小林勇輝が首を傾げる

『Dance New Air 2018』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧 撮影協力:VACANT

2年に1度のダンスフェスティバル『Dance New Air 2018』では、スポーツをテーマにした作品が多く上演される。エアロビ、体育など上演作品のテーマは様々だが、パフォーマー自身が、かつてプロテニス選手を目指していたなんて作品はそうはないだろう。小林勇輝の『Chromosome』はそんな稀有な存在だ。

ロンドンを拠点に欧州で活動する小林は、大学に進学するまでテニスの強化選手として肉体を鍛え上げてきたアーティスト。しかし、ある時期を境にスポーツからアートへとフィールドを移した。将来を嘱望された彼を、アートの世界に駆り立てたものは何だろうか? 指導者による選手へのハラスメント、男女によって異なるペナルティーの厳しさなど、スポーツを巡る問題が続々と露わになる今だからこそ、彼の作品と言葉に心を向けたい。

今回の日本公演では、原宿のオルタナティブスペースVACANTで個展と公演を兼ねた新作を発表するという小林に話を聞いた。

人種、性別、障がい者、セクシャルマイノリティーなど、いろんな人たちが同じフィーリングでフラットにいられる時間と場所を作りたかった。

—小林さんが上演する『Chromosome』は、スポーツをテーマにしていますが、小林さん自身も10代はプロテニス選手を目指していたそうですね。何がきっかけでアーティストに転身を?

小林:子どもの頃から、ものを作ったり絵を描くのが好きだったんですよ。でも外で身体を動かすのも好きで、両方をやっているうちにテニスがどんどん上達して、高校時代はフロリダのテニスアカデミーの強化キャンプに参加するようになっていました。

小林勇輝
小林勇輝

—身体をテーマにした映像作品で知られるマシュー・バーニーは学生時代にアメフト選手として活躍した経歴を持っていますが、アートとスポーツを両立する作家って珍しいです。

小林:僕も、アートとスポーツのどちらに進むべきか迷っていました。でも、リベラルアーツを方針とする海外大学なら両方やれる。それで、僕のコーチが選手をやっていて、知り合いも多いハワイの大学に進学したんです。留学と言っても、ハワイは日本人も大勢住んでいますからね。

最初のうちは大学でアートを中心に学び、学外でテニスの練習に打ち込む……という両立生活を過ごしていたんですけど、だんだんと気持ちはアートに傾いていって。それで思い切ってロンドンの美大に入学し直して、アートに集中することにしました。

—大決心ですね。周囲から反対の声は聞こえてきませんでしたか?

小林:コーチは「もったいない」って言ってましたけど、両親や身近な人たちは僕が子どもの頃から絵を描くことに夢中だったのを知っていたので、むしろ応援してくれて。

結局、今もスポーツとアートを合体させたようなことをやっているので、まあ結果オーライかなと。スポーツは観衆の前で競い合うものですし、パフォーマンスアートも舞台に立って自分の身体でお客さんに直接何かを表現するものですから、似ているところがあると思います。

—たしかに。でも小林さんの作品は必ずしもスポーツだけが題材ではないですよね。特に『New Gender Bending Strawberry』は、全身を銀色に塗って、真っ赤なイチゴのような生物に扮している。

『New Gender Bending Strawberry』
『New Gender Bending Strawberry』(サイトを見る

小林:あれは現代アート作品としてのパフォーマンスです。自分のインスタレーション空間のなかでパフォーマンスを行って、お客さんと触れ合ったり体験を共有し合う、インタラクティブな内容。あれが僕の最初の作品です。

—いわゆる「客いじり」のようなインパクトがあります。

小林:「客いじり」のようなつもりはないですが、人に喜んでもらえることはいつも好きでした。なのでそういった意味での影響は大きいかもしれません。これは僕のすべての作品に共通するテーマなのですが、人と触れ合ったり、コミュニケーションを求めたいんです。

少しコンセプチュアルな話をすると、ストロベリーの作品みたいな自分だけの世界観を作って、そこで人種、性別、障がい者、セクシャルマイノリティーなど、いろんな人たちが同じフィーリングでフラットにいられる時間と場所を作りたかった。そのために、僕自身がジェンダーレスで、まるで未来からやって来たような、人間ではない、ちょっと異質な生物に扮装して、仲介者のような存在になる。つまりジェンダー(性区別)をベンディング(曲げる)して、まだカテゴライズされていない新しい性別を生み出す、ということ。

いちごにはフェミニンで、平和的で、おとぎ話のようなイメージがありますけど、そこに銀色のエイリアンのような身体を混ぜ合わせることで、既存の性差の観念を崩していくわけです。

小林勇輝
小林勇輝
小林勇輝

—観客も、ストロベリーの作品がまさかプロテニス選手を目指していた人によるものとは思いませんよね。

小林:でしょうね(笑)。これが最初の作品だったということも僕にとってはかなり重要なんです。だからこの作品は、毎年必ず新作を制作します。それは、時代を反映する作品であってほしいからで、今目の前にある時代の変化、これからやってくる未来と関わり合うものでありたいんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『Dance New Air 2018』
『Dance New Air 2018』

2018年10月3日(水)~10月14日(日)
会場:東京都 スパイラルホール、草月ホール、草月プラザ、ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター、VACANT、シアター・イメージフォーラム、青山ブックセンター本店、スタジオアーキタンツ、リーブラホール、ワールド北青山ビル、THREE AOYAMA

小林勇輝
『Chromosome』

2018年10月8日(月・祝)〜2018年10月10日(水)
会場:東京都 原宿 VACANT

プロフィール

小林勇輝(こばやし ゆうき)

ヨーロッパを拠点に活躍するアーティストの小林による、パフォーマンスワークシリーズ「Life of Athletics」の最新作。自身のヴィジュアルアート作品を展示した空間で、様々なスポーツ競技がはらむ性差別の問題やコントロールされた社会の危うさを、自らの身体やスポーツのフォーマットを用いて浮き彫りにする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性