特集 PR

『バジーノイズ』むつき潤が語る、ロックマンガへのカウンター

『バジーノイズ』むつき潤が語る、ロックマンガへのカウンター

Eggs
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:新妻和久 編集:久野剛士

音楽、マンガ、映画、アート、さまざまな分野が過渡期を迎えている。そんな「時代」に敏感なデジタルネイティブ世代のクリエイターの活躍が、目覚ましい。そのひとりが、いま最も注目を集めている音楽マンガ『バジーノイズ』の作者、むつき潤だ。

『バジーノイズ』は、「音楽しかない」というシンプルな生活を望む主人公・清澄と、バンドマンに恋をする承認欲求の塊のような破天荒な女の子・潮の結びつきを描いた物語。

むつきは本作で、現代の人の繋がりを描いている。今回、その彼にSNS社会、ネット社会になったことで、過渡期を迎えている音楽やマンガ、その他カルチャーの時代性や今後の在り方について話を聞いた。

シティポップ的なバンドマンガは、いわゆるロックマンガに対するカウンターになり得る時代だと思ったんです。

—パソコンで音楽を作るしか楽しみがない主人公・清澄と、バンドマンに恋をする承認欲求の塊のような女の子・潮の結びつきを描いたむつきさんの『バジーノイズ』は、SNS社会で暮らす2018年の「ユースカルチャーの現在形」や、個人と社会の関わりを非常に考えさせられる作品に思えました。そもそも、むつきさんはいま、おいくつなんですか?

むつき:26歳です。もともとマンガを読むのは好きで、神戸芸術工科大学のまんが表現学科に進みました。そこで21歳のときに初めてマンガを描き、在学中にマンガ賞をいくつかいただけて、勘違いしたのが、いまの始まりですかね(笑)。

むつき潤
むつき潤

—音楽についてはいかがですか? 『バジーノイズ』の主人公・清澄は、音楽制作にしか興味のないミニマリスト。常にサンプラーとPCを持ち歩く、いわゆる打ち込みミュージシャンが題材という点が、音楽マンガとしてまず新鮮でした。さらに、劇中にtofubeatsの名前が登場するなど、これまでの音楽マンガにはない、イマドキ感にあふれています。むつきさんご自身も、かなりの音楽マニアなのでは? と感じたんですが。

むつき:ご期待を裏切るようで、本当に申し訳ないんですが……じつは、『バジーノイズ』を始めたのは担当編集さんから「バンドマンガを描いてみませんか?」という話をいただいたからです。

僕はバンドをやったこともないし、楽器もろくに弾いたことがない。リスナーとしても、小学校でORANGE RANGE、中学でBUMP OF CHICKEN、高校生で宇多田ヒカルさんにハマったり……本当に有名な音楽しか聴いてこなかったですね。たぶん、いまの時代だから、こんな僕でも音楽マンガを描けているんだろうと思います。

むつき潤

—「いまの時代だから」というのは?

むつき:ネットで大体のことは調べられますからね。僕も作品を描くことになってから、どういう音楽やカルチャーがいま注目されているのか、勉強を始めたんです。

—どういう勉強の仕方をしたのですか?

むつき:まずTwitterで音楽関係だけ、3000くらいをフォローする専用のアカウントを作り、毎日ひたすらタイムラインを眺めてましたね。信頼できる情報を持つ人がいたら、その方が推してるアーティストを聴いてみる。そんなふうに、自分の音楽の引き出しを増やしていっています。

作品中に具体名を出すアーティストについても、知り合いで打ち込みをやっている人に「こういうシーンで鳴らしたい曲があるんだけど、どんなのがいいかな?」と相談したり。tofubeatsさんの“水星”は、まさにそこから出てきた曲でした。『バジーノイズ』の舞台も神戸なので、「神戸出身のtofubeatsさん、ぴったりじゃん!」と(笑)。

—26歳、まさに物心ついてからずっと身近にインターネットがあった、デジタルネイティブならではの勉強方法と情報アプローチです。

むつき:そうですね。勉強中に出会った音楽も、『バジーノイズ』の作品内容やルックス、テンションのビジョンが浮かんだきっかけを作ってます。いちばん大きかったのは、D.A.N.ですね。2016年は、Suchmosを筆頭にシティポップがすごくキテた。そういう音楽や、バンドが出してくるビジュアルやルックスもすごく新鮮で。

僕の世代だと、音楽マンガというと『BECK』(ハロルド作石、講談社)や『ソラニン』(浅野いにお、小学館)が代表的なんですが、シティポップ的なバンドマンガは、いわゆるロックマンガに対するカウンターになり得る時代だと思ったんです。

『バジーノイズ』メインビジュアル
『バジーノイズ』メインビジュアル
Page 1
次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料

書籍情報

『バジーノイズ(1)』
『バジーノイズ(1)』

2018年9月12日(水)発売
著者:むつき潤
発行:小学館

プロフィール

むつき潤(むつき じゅん)

マンガ家。兵庫県出身。大学時代に新人賞を2度受賞するもデビューには至らず。大学卒業後、新聞社でバイトをしながらマンガを描きつづけ、2015年『ビッグコミックスピリッツ』に掲載された『ハッピーニューイヤー』でデビュー。2018年5月から『ビッグコミックスピリッツ』で初の連載マンガ『バジーノイズ』を執筆中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業