特集 PR

SOIL&“PIMP”SESSIONS丈青×fox capture plan岸本 初対談

SOIL&“PIMP”SESSIONS丈青×fox capture plan岸本 初対談

fox capture plan『CAPTURISM』『「健康で文化的な最低限度の生活」オリジナル・サウンド・トラック』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

SOIL&"PIMP"SESSIONS(以下、SOIL)からfox capture plan(以下、fcp)へは、確かに受け継がれているものがある。ジャズをベースにしつつ、時代と呼応しながら様々な音楽性を吸収し、ロックシーンにおいても確かな存在感を示すというあり方は、単なる先輩・後輩という関係を超えた、深い部分での共鳴があると言えよう。

今回は、fcpのピアニストでありリーダーでもある岸本からのラブコールに応える形で、SOILのピアノスト・丈青との対談が実現した。昨年丈青が右手の薬指を怪我した際、岸本がSOILのサポートを務めるなど、接点は以前からあったものの、じっくり話をするのはこの日が初めてという2人。バンドマンとして、ピアニストとして、それぞれの想いを語り合ってもらった。

SOILが世界を切り開いてくれたから、僕たちみたいな音楽を受け入れてもらえる土壌ができた。(岸本)

—昨年丈青さんが怪我をしてライブをお休みされていたとき(参考記事:SOIL&"PIMP"SESSIONS・丈青に訊く、手の怪我はもう大丈夫?)、岸本さんがSOILのライブを3公演サポートされたんですよね。

岸本:めちゃめちゃ緊張しました。すごく影響を受けたバンドなので、そこで自分が弾いてるというのは、不思議な感覚でもありましたね。

“SOIL&PIMP”SESSIONSと岸本亮
SOIL&“PIMP”SESSIONSと岸本亮
SOIL&PIMPSESSIONSと岸本亮

丈青:全部で3人(岸本、伊澤一葉、宮川純)にサポートをしてもらったんだけど、みなさん本当にお世話になりました。観に行きたかったけど。

岸本:客席に丈青さんがいたら、気が気じゃないですけどね(笑)。

左から:岸本亮(fox capture plan)、丈青(SOIL&“PIMP”SESSIONS)
左から:岸本亮(fox capture plan)、丈青(SOIL&PIMPSESSIONS)

丈青:たまに自分のバンドに誰かが飛び入りで入ることがあって、それが自分と同じ楽器の人だったら、そのパートを譲るじゃん? 俺、前にLIQUIDROOMでやったとき、ロバート・グラスパーが来ていて、「グラスパー入ります」ってなったことがあって。自分のバンドにグラスパーが入ってるのを後ろから観るって、結構面白かった。だから、去年のライブも観に行きたかったんだけど……リハビリしてたからね。

—ちなみに、岸本さんは手を怪我してピアノが弾けなくなった経験ってありますか?

岸本:ないですけど、中学のときはピアノを習う一方で、ラグビー部にも入ってたので、でっかい血豆ができてピアノの先生にびっくりされたことはあります(笑)。

丈青:あんまり両立しないほうがいい2つだね(笑)。本当に怪我だけは気をつけてください。

岸本:はい、肝に銘じます。

左から:丈青、岸本亮

—最初に岸本さんから「SOILにはすごく影響を受けた」という話がありましたが、実際SOILとfcpには通じる部分が多いように思います。ジャズを軸にしつつ、いろんな音楽性を取り入れて、ロックシーンとの親和性も高いという。

岸本:まさに、そういうところに影響を受けています。ジャズをベーシックな部分からやり込んでいる人たちが集まっていて、ロックフェスに飛び出していっても、ロックバンド以上にオーディエンスを持っていく感じとか。

ジャズって、聴く側も音楽をいろいろ聴き込んでないとわからない部分があったりもするけど、SOILはそういうこと関係なく楽しめるバンドだと思うんです。SOILやPE'Zが世界を切り開いてくれたから、僕たちみたいな音楽を受け入れてもらえる土壌ができたんだと思っています。

岸本亮
Page 1
次へ

リリース情報

fox capture plan『CAPTURISM』
fox capture plan
『CAPTURISM』(CD)

2018年9月5日(水)発売
価格:2,500円(税込)
PWT-048

1. Capturism
2. Greatest Blue
3. We Are Confidence Man
4. Kick Up
5. interlude
6. Mad Sympathy
7. Liberation
8. Overdrive
9. Because Of You
10. Paradigm Shift

fox capture plan『「健康で文化的な最低限度の生活」オリジナル・サウンド・トラック』
fox capture plan
『「健康で文化的な最低限度の生活」オリジナル・サウンド・トラック』(CD)

2018年10月17日(水)
価格:2,500円(税込)
FCP-005

1. LIFE
2. 道しるべ
3. HOPE!!
4. Internal Conflict
5. 阿久沢のテーマ
6. ケースワーカーの奮闘
7. Frustrated
8. 頼ってもいいですか?!
9. 新たなる生活
10. 家庭訪問
11. 忍び寄る影
12. Pessimism
13. 健康で文化的な最低限度の生活
14. 明日の風が吹く
15. 大切なもの
16. LIFE (Silent ver.)
17. 歩幅-Drum solo-
18. 自転車に乗って
19. 光と影
20. 仲間たち
21. 頑張れ!えみる
22. 今日からケースワーカー
23. HOME
24. どうすれば、、
25. Disquieting
26. Anxiety
27. STEP BY STEP
28. DAY BY DAY
29. 探索-Drum solo-
30. 誰かの為に走る!
31. 希望はそこにある
32. 生まれゆく絆
33. Dialogue
34. LIFE(Piano Solo ver.)

イベント情報

fox capture plan
『CAPTURISM TOUR』

2018年10月19日(金)
会場:岡山県 CRAZY MAMA 2nd Room

2018年10月27日(土)
会場:福岡県 Early Believers

2018年10月28日(日)
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2018年11月4日(日)
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI

リリース情報

SOIL&
SOIL&"PIMP"SESSIONS
『DAPPER』通常盤(CD)

2018年5月9日(水)発売
価格:3,132円(税込)
VICL-64953

1. A New Day
2. Heaven on Earth feat. Awich
3. Explorer
4. comrade feat. 三浦大知
5. Deform Reform
6. Bond
7. Interlude
8. ユメマカセ feat. Yojiro Noda
9. Drivin' feat. Nao Kawamura
10. Dusk
11. Glitch feat. Shun Ikegai from yahyel & Kiala Ogawa from Kodama
12. Pride Fish Ball
13. Method
14. drifter feat. EGO-WRAPPIN'

イベント情報

『秋だから?、ジャズクラブツアー 2018』

2018年10月24日(水)
会場:東京都 Blue Note東京
[1st Stage]OPEN 17:30 / START 18:30
[2nd Stage]OPEN 20:20 / START 21:00

2018年10月29日(月)
会場:大阪府 Billboard LIVE OSAKA
[1st Stage]OPEN 17:30 / START 18:30
[2nd Stage]OPEN 20:30 / START 21:30

2018年10月30日(火)
会場:愛知県 NAGOYA Blue Note
[1st Stage]OPEN 17:30 / START 18:30
[2nd Stage]OPEN 20:30 / START 21:15

プロフィール

fox capture plan
fox capture plan(ふぉっくす きゃぷちゃー ぷらん)

「現代版ジャズロック」をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノトリオサウンドを目指し、それぞれ違う個性を持つバンドで活動する3人が集まり2011年結成。過去6枚のフルアルバムを発表し『CDショップ大賞 ジャズ部門賞』2度受賞、『JAZZ JAPAN AWARD 2013アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・スター部門』『JAZZ JAPAN AWARD 2015アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・ジャズ部門』を獲得。主なライブ活動として、『FUJI ROCK FESTIVAL'16』『SUMMER SONIC 2017』、『東京ジャズ』は3年連続出演。更には2018年ブルーノート東京での単独2DAYS公演を果たす。その他、オーストラリア『Brisbane Festival』出演、韓国・台湾・そして3回目でスケールアップした中国ツアーを敢行するなど海外公演も積極的に行う。楽曲制作ではTBS『カルテット』、フジテレビ系月9『コンフィデンスマンJP』、関西テレビ『健康で文化的な最低限度の生活』などドラマ劇伴を多数担当し、その他CMやゲームなど多方面へ楽曲を提供。そして2018年9月、7枚目のフルアルバム『CAPTURISM』を発売。

SOIL&“PIMP”SESSIONS
SOIL&"PIMP"SESSIONS(そいる あんど ぴんぷ せっしょんず)

2001年、東京のクラブイベントで知り合ったミュージシャンが集まり結成。ライブを中心とした活動を身上とし、確かな演奏力とクールな雰囲気をただよわせながらも、ラフでエンターテイメント、バースト寸前の爆音ジャズを展開。2005年には英BBC RADIO1主催の『WORLDWIDE AWARDS 2005』で「John Peel Play More Jazz Award」を受賞。以降、海外での作品リリースや世界最大級のフェスティバル『グラストンベリー』『モントルージャズフェスティバル』『ノースシージャズフェスティバル』など、数々のビッグフェスに出演、これまでに31カ国で公演を行うなど、ワールドワイドに活動を続けている。2018年5月に約2年ぶりのオリジナル・フルアルバム『DAPPER』をリリース

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開