特集 PR

SOIL&

SOIL&"PIMP"SESSIONSは第2章へ。充電期間からの新体制を語る

SOIL&"PIMP"SESSIONS『DAPPER』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:西槇太一 編集:矢島由佳子

SOIL&"PIMP"SESSIONSの約2年ぶりとなるニューアルバム『DAPPER』が完成した。今作はアジテーターである社長がコンポーズを担った楽曲が数多く収録されている。その結果、彼の真摯なミュージックラバー / ミュージックセレクター然とした視点がサウンドプロダクションに発揮されており、現在進行系のジャズやヒップホップ、R&Bなどを昇華した、今のSOIL&"PIMP"SESSIONSが鳴らすべき楽曲群が互いに共振するようにして有機的に連なっている。

そして、今作にはAwich、三浦大知、野田洋次郎(RADWIMPS)、Nao Kawamura、Shun Ikegai(yahyel)& Kiala Ogawa(Kodäma)、EGO-WRAPPIN'といった、日本の音楽シーンで独立した音楽力と立ち位置を示しているゲスト陣が参加しているのも大きなトピックである。

前作『BLACK TRACK』のリリース後、サックスの元晴が脱退。それに伴う充電期間や、テレビドラマ『ハロー張りネズミ』のサウンドトラック制作を経て、本作を完成させるまでの2年は、バンドにとって激動の時間だったともいえる。今回は社長がソロインタビューに応じてくれた。客演を招いた6曲を軸に本作の真髄を訊くだけではなく、彼の目に海外と日本の音楽シーンがどのように映り、またその耳にどのような音楽が響いているのかというところも語ってもらった。

SOIL&"PIMP"SESSIONSにとっての第1タームが終わり、セカンドシーズンに入ったという認識。

—前作『BLACK TRACK』(2016年4月)をリリース後、サックスの元晴さんが脱退(2016年10月)してからの約2年は、バンドにとって激動の時間だったのではないでしょうか。

社長:そうですね。『BLACK TRACK』のリリース後、SOIL&"PIMP"SESSIONS(以下、SOIL)にとっての第1タームが終わり、ライブ活動休止を挟んで、セカンドシーズンに入ったという認識で。ライブ活動の休止を余儀なくされた期間(2016年10月~2017年4月)から、「これから5人でどんな音を鳴らしていこうか?」って話し合いながら、ゼロから曲を作っていく作業を続けていました。

SOIL&”PIMP”SESSIONS。左から:みどりん(Dr)、タブゾンビ(Tp)、社長(Agitator)、丈青(Pf)、秋田ゴールドマン(Ba)
SOIL&"PIMP"SESSIONS。左から:みどりん(Dr)、タブゾンビ(Tp)、社長(Agitator)、丈青(Pf)、秋田ゴールドマン(Ba)

—確か、現体制で初めて録音した音源は、ペトロールズのカバーアルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ』収録の“ホロウェイ”(2017年3月)でしたよね。当時はまだ、その先SOILとしてどういう音を鳴らしていくかは見えていなかったですか?

社長:あのときはまだ模索中でしたね。ライブ活動を再開する前のレコーディングだったし、とにかくあの曲は原曲が素晴らしいから、下手なことはせず素直にアレンジしようと思って(笑)。

SOIL&"PIMP"SESSIONS“ホロウェイ”を聴く(Spotifyを開く

—ブラックミュージックに多角的に接近することが大きなテーマでも、前作以上に今作『DAPPER』は、「DEATH JAZZ」というバンドの結成当初からのキャッチフレーズから解き放たれているなと思いました。むしろ「DEATH JAZZ」に新たな価値観を付与し、更新したと言ったほうがいいのかもしれない。

社長:いいことを言ってくれますね。これから「DEATH JAZZに新たな価値観を付け加えたアルバム」って言うことにします(笑)。DEATH JAZZという言葉は大事にしたいけど、完成したこのアルバムの音は真逆ですからね。

社長
社長

—それは1曲目の“A New Day”からあきらかで。あんなにオーガニックな感触のインストで幕開けするのは、驚きでもありました。アルバム全体を通してビートやサウンドプロダクションは、近年のヒップホップやジャズ、R&Bに目配せをしながら、今のSOILが鳴らす意義を重んじた音になっているなと思います。

SOIL&"PIMP"SESSIONS“A New Day”を聴く(Spotifyを開く

社長:今のSOILという意味では、メンバーが1人抜けたことはもちろんだけど、丈青が手をケガしたことも大きくて。やっとライブ活動を再開しようというタイミングで、丈青がピアノを弾けないということになった(参考記事:SOIL&"PIMP"SESSIONS・丈青に訊く、手の怪我はもう大丈夫?)。でも、バンドとしては前に進まなきゃいけないから。

今回、僕が作曲した曲が多いのは、そういう事情もあったんです。メンバーみんな曲を作るんだけど、結果的に僕の曲が数多く収録されることになりました。ライブでも、丈青の負担を減らすために僕がサイドギター的に鍵盤を弾く曲がちょっと増えていったんですけど、新しく作った曲も、丈青にあとでピアノを乗っけてもらおうという感じで僕がベーシックを作ったものが多いんですね。

Page 1
次へ

リリース情報

『DAPPER』初回盤
SOIL&"PIMP"SESSIONS
『DAPPER』初回盤(CD+DVD)

2018年5月9日(水)発売
価格:3,888円(税込)
VIZL-1327

[CD]
1. A New Day
2. Heaven on Earth feat. Awich
3. Explorer
4. comrade feat. 三浦大知
5. Deform Reform
6. Bond
7. Interlude
8. ユメマカセ feat. Yojiro Noda
9. Drivin' feat. Nao Kawamura
10. Dusk
11. Glitch feat. Shun Ikegai from yahyel & Kiala Ogawa from Kodama
12. Pride Fish Ball
13. Method
14. drifter feat. EGO-WRAPPIN'

[DVD]
『LIVE SESSION at Little Nap MUSIC STAND』
1. Awesome Knowledge
2. Heaven on Earth feat. Awich
3. A New Day with Takeshi Kurihara
・“ユメマカセ feat. Yojiro Noda”ミュージックビデオ

SOIL&"PIMP"SESSIONS
『DAPPER』通常盤(CD)

2018年5月9日(水)発売
価格:3,132円(税込)
VICL-64953

1. A New Day
2. Heaven on Earth feat. Awich
3. Explorer
4. comrade feat. 三浦大知
5. Deform Reform
6. Bond
7. Interlude
8. ユメマカセ feat. Yojiro Noda
9. Drivin' feat. Nao Kawamura
10. Dusk
11. Glitch feat. Shun Ikegai from yahyel & Kiala Ogawa from Kodama
12. Pride Fish Ball
13. Method
14. drifter feat. EGO-WRAPPIN'

イベント情報

『リリースワンマンライブ「DAPPER ONE」』

2018年5月10日(木)
会場:東京都 渋谷 WWWX

『TOUR 2018”DAPPER”』

2018年6月8日(金)
会場:北海道 札幌 cube garden

2018年6月15日(金)
会場:福岡県 福岡 イムズホール

2018年6月16日(土)
会場:岡山県 岡山 YEBISU YA PRO

2018年6月17日(日)
会場:広島県 広島 CLUB QUATTRO

2018年6月21日(木)
会場:宮城県 仙台 darwin

2018年6月23日(土)
会場:静岡県 浜松 Live House 窓枠

2018年6月28日(木)
会場:愛知県 名古屋 ボトムライン

2018年7月8日(日)
会場:大阪府 味園ユニバース

2018年8月1日(水)
会場:東京都 中野サンプラザ

プロフィール

SOIL&
SOIL&"PIMP"SESSIONS(そいる あんど ぴんぷ せっしょんず)

メンバーは、タブゾンビ(Tp)、丈青(Pf)、秋田ゴールドマン(Ba)、みどりん(Dr)、社長(Agitator)。2001年、東京のクラブイベントで知り合ったミュージシャンが集まり結成。ライブを中心とした活動を身上とし、確かな演奏力とクールな雰囲気をただよわせながらも、ラフでエンターテイメント、バースト寸前の爆音ジャズを展開。2005年には英BBC RADIO1主催の『WORLDWIDE AWARDS 2005』で「John Peel Play More Jazz Award」を受賞。以降、海外での作品リリースや世界最大級のフェスティバル『グラストンベリー』『モントルージャズフェスティバル』『ノースシージャズフェスティバル』など、数々のビッグフェスに出演、これまでに29か国で公演を行うなど、ワールドワイドに活動を続けている。

関連チケット情報

2018年12月31日(月)〜12月31日(月)
SOIL& “PIMP” SESSIONS
会場:モーション・ブルー・ヨコハマ(神奈川県)
2019年1月14日(月)
LITE
会場:LIQUIDROOM(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開