特集 PR

きゃりーぱみゅぱみゅは、なぜ今変わる? 世間へのプチ反逆を語る

きゃりーぱみゅぱみゅは、なぜ今変わる? 世間へのプチ反逆を語る

インタビュー・テキスト
川浦慧(CINRA.NET編集部)
撮影:伊藤惇

原宿を象徴する存在として、強烈なインパクトをもって18歳でデビューした、きゃりーぱみゅぱみゅ。彼女を思い浮かべるとき、金髪のツインテールに大きなリボンをつけ、パステルカラーやキャンディーのモチーフの衣装を身にまとった、デビュー当時のイメージのままだという人も多いだろう。

しかし、25歳になった彼女は今、変化を遂げるタイミングにいる。テレビCMで黒髪にほぼすっぴん姿で登場し、ヘアスタイルや衣装もクールな印象になった。「kawaii」を全身で体現していたころの奇抜さはない。かと言って、本インタビューで語る彼女の姿は、「大人っぽくなった」「落ち着いた」という平たい言葉で括られるものでもない。きゃりーぱみゅぱみゅは確実に次なるステップに「進化」している真っ最中なのだ。

この進化は、なかなか刷新されない世間からのイメージへの「プチ反逆」でもあると語る彼女が、今変わる理由とは? 新しいきゃりーぱみゅぱみゅが始まる貴重なタイミングで、その意識の変化を聞いた。

落ち着いたとか大人っぽくなったって言われるのはいいんですけど、そこに縛られたくはない。

—今は「続編ではなくて新作を作っていきたい」「挑戦していく」というタイミングだと話されていたのを拝見しました。そういう意識の変化について、聞かせていただきたいと思っています。

きゃりー:はい、お願いします。

—フェイスパックのテレビCMでは、黒髪&ナチュラルメイクで登場されていましたよね。『きみのみかた』(2018年4月、15thシングル)のときのアーティスト写真もクールな印象でした。これまでの「きゃりーぱみゅぱみゅ」から変わっていっている印象を受けたのですが、その変化は何だったのでしょうか?

きゃりー:私は基本的に飽き性なんです。髪の毛はデビューしてからずっとハイトーンだったから、いつか黒髪もやってみたかったんですよね。黒髪にするなら、それに合うメイクを楽しみたいですし。

その黒髪やりたいモードのときに、ちょうど『きみのみかた』が決まったり、CMも決まったんです。“きみのみかた”は今までと比べると少し大人っぽい、ゆっくりとしたメロディーだったり、歌詞もけっこう攻撃的なので、新しい自分を表現するにはちょうどいいタイミングだと思って、挑戦しました。

きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅ

—落ち着いたとか大人っぽくなったということではなくて、やってみたかったことに挑戦するタイミングだったと。

きゃりー:そうですね。落ち着いたとか大人っぽくなったって言われるのはいいんですけど、そこに縛られたくはなくて。自分が表現したいこととか、やりたいタイミングで、いろいろ表現していきたいと思っています。

—変わることに対して抵抗はなかった?

きゃりー:うーん。そりゃ変わるでしょっ! て思います。30歳、40歳でツインテールでテレビに出て、「さすがにきつい」みたいに思われたくないですし(笑)。だから、年齢を重ねても、そのときの判断で決めていきたいんですよね。先のことはあまり考えてないんです。

—変わったことに対して、ファンからの反応はどうでした?

きゃりー:やっぱり、寂しいって言うファンの方もいらっしゃるんですけど、新たに好きになってくれる方もいるんですよね。「18歳のころのきゃりーちゃんはあんまり好みじゃなかったけど、今はすごく好き」って言ってくださったり。これまでとは違う方達にもアピールできたのはよかったなと思います。

きゃりーぱみゅぱみゅ

—ファンも変化していくタイミングですね。ライブのフロアの風景も変わりそうです。

きゃりー:私のファンの方って、私と一緒に成長していってる気がするんです。例えば、5年前は私のコスプレをしてライブに来てくれていた方が、今は、普通にお姉さんになって来てくれたりする。ずっとファンでいてくれる方も、私のそのときのビジュアルを保つんじゃなくて、一緒にお姉さんになっていっている印象です。

Page 1
次へ

リリース情報

『じゃぱみゅ』初回限定盤
きゃりーぱみゅぱみゅ
『じゃぱみゅ』初回限定盤(CD+DVD)

2018年9月26日(水)発売
価格:5,184円(税込)
WPZL-31480/1
※初回限定デジパック仕様スペシャルフォトブック付属

『じゃぱみゅ』通常盤
きゃりーぱみゅぱみゅ
『じゃぱみゅ』通常盤(CD)

2018年9月26日(水)発売
価格:3,240円(税込)
WPCL-12900

イベント情報

きゃりーぱみゅぱみゅ
『JAPAMYU HALL TOUR 2018「星屑のチェリーマティーニ」』

2018年9月21日(金)
会場:埼玉県 和光市民文化センターサンアゼリア 大ホール

2018年9月24日(月・祝)
会場:千葉県 市川市文化会館

2018年9月28日(金)
会場:愛媛県 西矛市宇和文化会館

2018年9月29日(土)
会場:徳島県 鳴門市文化会館

2018年10月6日(土)
会場:島根県 島根県民会館

2018年10月8日(月・祝)
会場:広島県 広島文化学園HBGホール

2018年10月14日(日)
会場:新潟県 新潟県民会館

2018年10月20日(土)
会場:茨城県 結城市民文化センターアクロス 大ホール

2018年10月27日(土)
会場:大阪府 大阪国際会議場 メインホール

2018年10月28日(日)
会場:愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール

2018年11月3日(土・祝)
会場:宮城県 仙台サンプラザホール

2018年11月4日(日)
会場:福島県 いわき芸術文化交流館アリオス

2018年11月11日(日)
会場:東京都 中野サンプラザホール

2018年11月14日(水)
会場:北海道 釧路市民文化会館 大ホール

2018年11月16日(金)
会場:北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

2018年11月24日(土)
会場:兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール

2018年11月25日(日)
会場:兵庫県 豊岡市民会館 文化ホール

2018年12月1日(土)
会場:福岡県 福岡サンパレスホテル&ホール

2018年12月2日(日)
会場:熊本県 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)

2018年12月8日(土)
会場:東京都 東京国際フォーラム

プロフィール

きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅ

2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカプロデュースに よるミニアルバム「もしもし原宿」でメジャーデビュー。これまでリリースしたフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」「なんだこれくしょん」「ピカピカふぁんたじん」は、全てオリコンチャートの初登場1位を獲得。また、そのアルバムは、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売され、これまでに10万人以上を動員する4度のワールドツアーも成功。今年は、9月26日に4年ぶりの4thアルバム「じゃぱみゅ」をリリース、アルバムを引っさげた国内ホールツアーを開催中。そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続け、アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が全世界から注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」