特集 PR

ササノマリイの異常な音楽愛「僕に作れない音があるのは悔しい」

ササノマリイの異常な音楽愛「僕に作れない音があるのは悔しい」

ササノマリイ『MUIMI』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

ササノマリイの約1年半ぶりの新曲“MUIMI”は、彼にとっての明確な新境地だ。これまではエレクトロニカやゲームミュージックの影響下にあるような、コラージュ色の強い繊細な音作りを持ち味とし、盟友であるぼくのりりっくのぼうよみへの提供曲ではビートの強い曲もあるにはあったが、ここまで現在進行形のベースミュージックに接近したのは初めて。本作完成までのプロセスを、ササノマリイは「修業」であり「破壊」であったと語る。

また、この1年はササノマリイにとって、改めて自分が音楽を続ける理由を問い直すような期間でもあった。<いつも無意味なんだ>と歌う“MUIMI”には、ササノマリイの抱える葛藤や矛盾が反映されているであろうことはまず間違いないだろう。くしくも先日ぼくのりりっくのぼうよみが「自由になりたい」と「辞職」を表明したばかりだが、ササノマリイはこの曲で<踊り続けるんだ 君と ねぇ>と歌っている。この1年間の逡巡について、じっくりと話を聞いた。

僕の心境、感情、環境、年齢含め、今の時期を逃したら、もう出せないと思った。

—“MUIMI”は、昨年ぼくのりりっくのぼうよみ(以下、ぼくりり)とコラボしたEP『game of life』以来の新曲となります(参考記事:ぼくのりりっくのぼうよみ×ササノマリイのカップルみたいな対談)。つまり、この1年半は外向きに開けた活動をしていたわけではなく、どちらかと言えば内向きな、試行錯誤の期間だったのかなと。

ササノ:一言で表すならば、「修業」の期間でした。これまで曲を作るプロセスはずっと同じだったんですけど、作り方を全部変えてみようと思って、そのための修行でだいぶ時間を食いましたね。

ササノマリイ
ササノマリイ

—確かに、“MUIMI”は現在進行形のベースミュージックのテイストが強く、これまでの作風とは一線を画しています。そもそも、なぜ「変えよう」と思ったのでしょうか?

ササノ:僕はそれなりにいろいろなジャンルの音楽を聴いていて、もともとこういうタイプの音楽も自分の中にはあったわけです。ただ、自分の作品としては出してこなかった。それは、そういうタイプの曲を自分が納得する形で作る技術がなかったわけなんですけど。

—今回のタイミングで、そこにトライしてみようと思った?

ササノ:今しかないかなって。僕の心境、感情、環境、年齢含め、今の時期を逃したら、もう出せないと思ったので、新しい作り方をしてみようと思ったんです。

—『game of life』はササノさんのいろんな側面が1枚に詰まっていたと思うんですけど、あれを出したことで、「一区切り」みたいな感じだったのでしょうか?

ササノ:というよりは、わりと見切り発車なんですけど(笑)。「前がこうだったから、こうしよう」みたいなことはそんなになくて、「今しかないな」って思ってしまったがゆえに、走り出してしまった。それに尽きるかな。

ササノマリイ

—「作り方を変える」というのは、具体的にはどう変えようと思ったわけですか?

ササノ:今まで僕が作ってきた音楽っていうのは、すべての要素を溶け合わせる感じだったと思っていて……。

—「コラージュ的」ということ?

ササノ:というか、音、言葉、メロディーの組み合わせが、ひとつの塊になるように、溶け込むようにしていたんです。今までは言葉が音の沼に沈んでいるような形だったとすれば、今回は言葉を音の上に置くというか。

—それって、言葉を前に出すことで、よりメッセージを明確にしたかったということでもあるのでしょうか?

ササノ:いや、あくまで作り方をそう変えようと思っただけですね。「ササノマリイ」という名前で活動を始めて、それまで(「ねこぼーろ」名義)できなかったことができるようになるんじゃないかと思い、幅は広げてきたけど、曲作りのプロセス自体は一貫していたと思うので、それを壊してみたくなったんです。

で、壊すんだったら、今壊さないともう壊せなくなっちゃうというか、怖くなっちゃう気がしたんですよね。今回アートワークやミュージックビデオでも僕が前に出てるんですけど、本来僕はできるだけ前に出たくない人間なんです。でも、それも今やらないとこの先できなくなりそうな気がして、「やるなら今しかない」って。

ササノマリイ『MUIMI』ジャケット。ロンドン出身のアーティスト、ジョー・クルーズが手がけている
ササノマリイ『MUIMI』ジャケット。ロンドン出身のアーティスト、ジョー・クルーズが手がけている

—「行き詰まった」とかではなく、「今やっておかないと」という衝動に駆られたと。

ササノ:そうですね。「壊す」という行動をしたことによって、結局しばらく行き詰まっちゃったんですけど(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

ササノマリイ『MUIMI』
ササノマリイ
『MUIMI』

2018年11月14日(水)配信

プロフィール

ササノマリイ
ササノマリイ

UK Club Music、特に新世代ジャンルである「Wave」の流れを汲み、耳に残るメロディラインと融合された深度のあるサウンドデザインが特徴的なビートメイカー / プロデューサー / シンガー。2017年には映画「3月のライオン」の主題歌になった「ぼくのりりっくのぼうよみ」の“Be Noble”のサウンドプロデュースをするなど、プロデューサーとしても多くのアーティストの作品に参加。また、過去の映像作品が動画サイトVimeoのstaff picks、アヌシー国際アニメーション映画祭2016委託作品部門(フランス)、Anifilm(チェコ)、Golden Kuker-Sofia(ブルガリア)など数々の映像、アニメーションfestivalにて入賞するなど、音楽のみならずアート方面での注目度も高い。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催