特集 PR

ササノマリイの異常な音楽愛「僕に作れない音があるのは悔しい」

ササノマリイの異常な音楽愛「僕に作れない音があるのは悔しい」

ササノマリイ『MUIMI』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

ササノマリイの約1年半ぶりの新曲“MUIMI”は、彼にとっての明確な新境地だ。これまではエレクトロニカやゲームミュージックの影響下にあるような、コラージュ色の強い繊細な音作りを持ち味とし、盟友であるぼくのりりっくのぼうよみへの提供曲ではビートの強い曲もあるにはあったが、ここまで現在進行形のベースミュージックに接近したのは初めて。本作完成までのプロセスを、ササノマリイは「修業」であり「破壊」であったと語る。

また、この1年はササノマリイにとって、改めて自分が音楽を続ける理由を問い直すような期間でもあった。<いつも無意味なんだ>と歌う“MUIMI”には、ササノマリイの抱える葛藤や矛盾が反映されているであろうことはまず間違いないだろう。くしくも先日ぼくのりりっくのぼうよみが「自由になりたい」と「辞職」を表明したばかりだが、ササノマリイはこの曲で<踊り続けるんだ 君と ねぇ>と歌っている。この1年間の逡巡について、じっくりと話を聞いた。

僕の心境、感情、環境、年齢含め、今の時期を逃したら、もう出せないと思った。

—“MUIMI”は、昨年ぼくのりりっくのぼうよみ(以下、ぼくりり)とコラボしたEP『game of life』以来の新曲となります(参考記事:ぼくのりりっくのぼうよみ×ササノマリイのカップルみたいな対談)。つまり、この1年半は外向きに開けた活動をしていたわけではなく、どちらかと言えば内向きな、試行錯誤の期間だったのかなと。

ササノ:一言で表すならば、「修業」の期間でした。これまで曲を作るプロセスはずっと同じだったんですけど、作り方を全部変えてみようと思って、そのための修行でだいぶ時間を食いましたね。

ササノマリイ
ササノマリイ

—確かに、“MUIMI”は現在進行形のベースミュージックのテイストが強く、これまでの作風とは一線を画しています。そもそも、なぜ「変えよう」と思ったのでしょうか?

ササノ:僕はそれなりにいろいろなジャンルの音楽を聴いていて、もともとこういうタイプの音楽も自分の中にはあったわけです。ただ、自分の作品としては出してこなかった。それは、そういうタイプの曲を自分が納得する形で作る技術がなかったわけなんですけど。

—今回のタイミングで、そこにトライしてみようと思った?

ササノ:今しかないかなって。僕の心境、感情、環境、年齢含め、今の時期を逃したら、もう出せないと思ったので、新しい作り方をしてみようと思ったんです。

—『game of life』はササノさんのいろんな側面が1枚に詰まっていたと思うんですけど、あれを出したことで、「一区切り」みたいな感じだったのでしょうか?

ササノ:というよりは、わりと見切り発車なんですけど(笑)。「前がこうだったから、こうしよう」みたいなことはそんなになくて、「今しかないな」って思ってしまったがゆえに、走り出してしまった。それに尽きるかな。

ササノマリイ

—「作り方を変える」というのは、具体的にはどう変えようと思ったわけですか?

ササノ:今まで僕が作ってきた音楽っていうのは、すべての要素を溶け合わせる感じだったと思っていて……。

—「コラージュ的」ということ?

ササノ:というか、音、言葉、メロディーの組み合わせが、ひとつの塊になるように、溶け込むようにしていたんです。今までは言葉が音の沼に沈んでいるような形だったとすれば、今回は言葉を音の上に置くというか。

—それって、言葉を前に出すことで、よりメッセージを明確にしたかったということでもあるのでしょうか?

ササノ:いや、あくまで作り方をそう変えようと思っただけですね。「ササノマリイ」という名前で活動を始めて、それまで(「ねこぼーろ」名義)できなかったことができるようになるんじゃないかと思い、幅は広げてきたけど、曲作りのプロセス自体は一貫していたと思うので、それを壊してみたくなったんです。

で、壊すんだったら、今壊さないともう壊せなくなっちゃうというか、怖くなっちゃう気がしたんですよね。今回アートワークやミュージックビデオでも僕が前に出てるんですけど、本来僕はできるだけ前に出たくない人間なんです。でも、それも今やらないとこの先できなくなりそうな気がして、「やるなら今しかない」って。

ササノマリイ『MUIMI』ジャケット。ロンドン出身のアーティスト、ジョー・クルーズが手がけている
ササノマリイ『MUIMI』ジャケット。ロンドン出身のアーティスト、ジョー・クルーズが手がけている

—「行き詰まった」とかではなく、「今やっておかないと」という衝動に駆られたと。

ササノ:そうですね。「壊す」という行動をしたことによって、結局しばらく行き詰まっちゃったんですけど(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

ササノマリイ『MUIMI』
ササノマリイ
『MUIMI』

2018年11月14日(水)配信

プロフィール

ササノマリイ
ササノマリイ

UK Club Music、特に新世代ジャンルである「Wave」の流れを汲み、耳に残るメロディラインと融合された深度のあるサウンドデザインが特徴的なビートメイカー / プロデューサー / シンガー。2017年には映画「3月のライオン」の主題歌になった「ぼくのりりっくのぼうよみ」の“Be Noble”のサウンドプロデュースをするなど、プロデューサーとしても多くのアーティストの作品に参加。また、過去の映像作品が動画サイトVimeoのstaff picks、アヌシー国際アニメーション映画祭2016委託作品部門(フランス)、Anifilm(チェコ)、Golden Kuker-Sofia(ブルガリア)など数々の映像、アニメーションfestivalにて入賞するなど、音楽のみならずアート方面での注目度も高い。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“愛のままを”

カネコアヤノ“愛のままを”の弾き語りバージョンのワンカットMV。<誰かの言うことききたくない / すべてのことに 理由がほしい>(“アーケード”)、<できないことも頑張って / やってみようと思ってる>(“祝日”)など、お守りみたいな言葉の数々が思い出されて、こみ上げるものをどうしても抑えきれなかった。木村和平が手がけた、ギミックや小細工のない映像も相まって胸が一層熱くなる。ギター1本と歌だけで今いちばんすごいアーティストだと思う。(山元)

  1. 成田凌が岸井ゆきのの口元に「追いケチャップ」、『愛がなんだ』本編映像 1

    成田凌が岸井ゆきのの口元に「追いケチャップ」、『愛がなんだ』本編映像

  2. NHKスペシャルで「こんまりメソッド」特集、女性たちの片付け現場に1年密着 2

    NHKスペシャルで「こんまりメソッド」特集、女性たちの片付け現場に1年密着

  3. 学ランの金城武×着物の長澤まさみ ジョン・ウー監督『The Crossing』予告 3

    学ランの金城武×着物の長澤まさみ ジョン・ウー監督『The Crossing』予告

  4. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 4

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  5. クリトリック・リスが愛されるワケ 「ハゲ!」の野次も力に変えて 5

    クリトリック・リスが愛されるワケ 「ハゲ!」の野次も力に変えて

  6. 岡田健史ドラマ初主演『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』夏放送 6

    岡田健史ドラマ初主演『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』夏放送

  7. 『SWITCH』福田組特集に佐藤二朗、ムロツヨシ、山田孝之、吉沢亮ら30人超 7

    『SWITCH』福田組特集に佐藤二朗、ムロツヨシ、山田孝之、吉沢亮ら30人超

  8. キンプリ岸優太&寺島しのぶがMC、NHKの恋愛トーク番組『密会レストラン』 8

    キンプリ岸優太&寺島しのぶがMC、NHKの恋愛トーク番組『密会レストラン』

  9. 小手伸也ドラマ初主演『コンフィデンスマンJP』スピンオフが5夜連続OA 9

    小手伸也ドラマ初主演『コンフィデンスマンJP』スピンオフが5夜連続OA

  10. 綾野剛が擬人化したウイスキーに、サントリー「碧Ao」ショートフィルム公開 10

    綾野剛が擬人化したウイスキーに、サントリー「碧Ao」ショートフィルム公開