特集 PR

田根剛の頭の中はどうなってる? 古代と未来をつなぐ建築家に訊く

田根剛の頭の中はどうなってる? 古代と未来をつなぐ建築家に訊く

東京オペラシティ アートギャラリー『田根剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Digging & Building』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:石澤萌、宮原朋之

パリを拠点に活動する田根剛は、20代で突然「建築家」になって以来、つねに大胆なアイデアで人々を驚かせてきた。負の遺産の軍用滑走路を再利用した「エストニア国立博物館」。東京のど真ん中に巨大な古墳を誕生させる「新国立競技場」案——。その建築は、土地に埋もれた記憶を徹底的に解読し、一気に発想を飛躍させることで生まれるという。

そんな田根の活動を、『未来の記憶 Archaeology of the Future』を共通のテーマに紹介する展覧会が、東京オペラシティ アートギャラリーとTOTOギャラリー・間の都内2か所で開催されている。会場では、大型模型や多様な資料が空間的に展開され、ひとつの建築がかたちになるまでのプロセスを身体を通して感じることができる。

「建築の仕事は、場所の記憶を作ること」。そう語る田根の口調は、もっとも注目される若手建築家でありながら、とても穏やかだ。展示準備を終えたばかりの彼に、その建築観から設計の具体的な思考、現在の東京についてまで、さまざまな質問をぶつけた。

場所には人の記憶を超えたものが刻まれている。それを掘り起こして、未来につなげたい。

—今回の展覧会タイトルにも示されているように、田根さんはこれまで、「土地や場所の記憶」という問題を建築作りの大きなモチーフとされてきました。建築のテーマとして記憶ということを考え始めたのは、いつごろのことだったのでしょうか?

田根:大きなターニングポイントはやはり、「DGT.(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)」というチームで「エストニア国立博物館」の国際コンペに勝ったときだと思います。この博物館は、ソ連から1991年に独立したエストニア民族の記憶を集積する場として計画され、僕らはそこに、旧ソ連時代の軍用滑走路を利用する提案をしました。

博物館は2006年のコンペから約10年を経て完成しましたが、応募当時は記憶という点を強く意識していたわけではなく、ある種、直感的な提案だったんです。そもそも僕には、応募の時点で建築家としての経験がほぼ何もなかった。それ以前は、ある舞台美術の仕事がひとつあっただけで、その次の仕事がエストニアでした。

田根剛
田根剛

—そのエピソードはたいへん有名ですが、何度聞いても驚きますね。

田根:ちょうど昨日、会場に展示されたタイムラインを見た方も、「処女作が国立博物館って意味不明だよ」とおっしゃっていました(笑)。ある日突然「建築家」になり、自分に何の蓄積もないなかで、建築家として何ができるか。軍用滑走路という負の歴史が残骸として残っている、その状況から考え始めたわけです。

エストニア国立博物館(photo: Eesti Rahva Muuseum / image courtesy of DGT.)
エストニア国立博物館(photo: Eesti Rahva Muuseum / image courtesy of DGT.)

—では、仮に最初の仕事が別の建築なら、異なるアプローチを選んでいた?

田根:かもしれません。そこは結果論ですが、やはりあの仕事が「建築とは何か」ということをもっとも深く考えた時期だったんです。当時はほかに大きな仕事もなく、何しろエストニアのことだけで手いっぱいだった。何とかかたちにしようともがいていたあの日々が、いまでは大事な時間だったと思います。

また、当時は世界的に、「スター建築家」という建築家像が流行った時代だったんですね。スター建築家が世界のどこにでも現れ、コンペを獲り、個性の力でグローバルに活躍する。それに対して、僕らの世代は同じ道に向かうのか、違う未来を作るべきかということを、ヨーロッパで仲間とよく話していました。そんなとき、建築を作る原理として「記憶」という言葉が、僕のなかで強くなっていったんです。

—田根さんはそうした建築の意義を、土地に縛られず、世界各地に展開できるスタイルを理想とした近代のモダニズム建築とも対比させていますね。

田根:モダニズム建築には、もともと、宗教や政治から自由に建築を作ろうとする創造的な意義がありました。しかし、それが幸か不幸か経済と結びつき、ガラスとコンクリートによって誰にでもできる仕組みになった。その結果、とくに大都市はどこも高層化し、抽象的な空間が増えて、街が記憶を失ってしまったんです。そんな時代の次に、僕たちは忘れ去られたものを発掘することで、何か異なる意味を探りたいと考えてきました。

一方で、古代まで遡って考えるなら、建築の基本は「場所の記憶を作る」ことだと思っています。ある場所に記憶を付与して、2つの地点に「ここ」と「そこ」という違いを作ること。

そこで重要なのは、記憶というと人の記憶に寄りがちですが、僕が言うのは、まさしく場所が持つ記憶のことなんです。人は記憶を忘れてしまうし、誰とも共有せずに亡くなることもある。でも、場所には人の記憶を超えたものが刻まれているから、それを掘り起こして未来につなげたいと思うようになりました。

田根剛

—記憶を掘り起こすことが、未来につながる?

田根:じつは「未来」という言葉をなかなか使えずにいたんです。だけど、エストニアにミュージアムができたことで、本当に土地の人々の人生が変わり、街が明るく変わっていくのを見ました。建築は、完成した瞬間に未来に向かっていくんだということを、とても強く感じることができたんです。

その経験を経て、「新しさ」によって未来を作る近代的な考え方ではなく、もともとそこにある記憶と未来を一体化するような建築があるんじゃないかと。今回の『未来の記憶 Archaeology of the Future』というタイトルには、そんな思いを込めました。

Page 1
次へ

イベント情報

東京オペラシティ アートギャラリー
『田根剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Digging & Building』

2018年10月19日(金)~12月24日(月)
会場:東京都 初台 東京オペラシティアートギャラリー

TOTOギャラリー・間
『田根剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Search & Research』

2018年10月18日(木)~12月23日(日)
会場:TOTOギャラリー・間

プロフィール

田根剛(たね つよし)

1979年、東京生まれ。Atelier Tsuyoshi Tane Architectsの代表としてフランス・パリを拠点に活動。現在ヨーロッパと日本を中心に世界各地で多数のプロジェクトが進行している。主な作品に〈エストニア国立博物館〉(2006–16)、〈LIGHT is TIME〉(2014)(以上DGT.)、〈Todoroki House in Valley〉(2017–18)、〈Furoshiki Paris〉(2018)、〈(仮称)弘前市芸術文化施設〉(2017–)など。フランス文化庁新進建築家賞(2007)、フランス国外建築賞グランプリ(2016)、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞(2017)など受賞多数。2012年よりコロンビア大学GSAPPで教鞭をとる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る