特集 PR

クリエイティブの力でがん患者を支援。「LAVENDER RING」とは

クリエイティブの力でがん患者を支援。「LAVENDER RING」とは

資生堂
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

乳がんに関する知識を広め、早期検診や予防をうながすマークとして「ピンクリボン」はよく知られている。では「ラベンダー」は、どんな意味を持っているかご存知だろうか? 正解は、あらゆる種類のがんと、その支援・啓発だ。このラベンダーにちなんだ「LAVENDER RING」(ラベンダーリング)」という活動を、資生堂と電通が推進している。

同プロジェクトは、がん患者を資生堂がその人らしくメイクし、そのいきいきとした姿を写真に収めて発信しようという活動だ。撮影した写真はその場でプリントアウトされ、被写体が打ち込んでいる趣味や活動を象徴する言葉を添えて、掲示される。そこには、がんに苦しむ困難さではなく、がんとともに生きることが普通の生活の延長としてあることと、そのような環境だからこそ際立つ個人のパワーやアイデンティティーのきらめきが示されている。

この活動に関わる電通の月村寛之、資生堂の金澤正人と小林重郷、そしてがんサバイバーとして撮影に参加した浜田勲に話を聞いた。

「がん=すぐ死に至る病」というイメージが残っていて、孤立感や疎外感に苦しむ患者さんが多い。(月村)

—「LAVENDER RING」の取り組みについて、ご説明お願いできますか?

月村:きっかけは、僕の個人的な経験です。2015年秋に会社の部下の御園生(みそのう)さんから「がんになった」という電話をもらったんです。肺腺がんのステージ3Bという状態で、今後の働き方について相談を受けました。

がんは日本人の2人に1人がなる病気と言われていて、統計では男性の発症率が60数%、女性で40数%。誰もが当たり前になりうるものです。しかし、実際にがんと診断された人のうち約3割が仕事を辞めてしまい、さらに精神的な不安をかかえる方もいらっしゃいます。未だにがん=すぐ死に至る病というイメージが残っており、本来は共存していけるにもかかわらず、疎外感や孤立感に苦しむ患者さんが多くいるのが現状なんです。

左から:小林重郷、月村寛之、浜田勲、金澤正人
左から:小林重郷、月村寛之、浜田勲、金澤正人

月村:しかし、そうやって御園生さんと距離を作るような状況に僕はしたくなかった。そこで、会社のみんなにがんのことを話して協力してもらうことにしたんです。部員でカレンダーを共有していたので彼の通院状況からみんなで仕事の按分を考えるとか、「FIGHT TOGETHER」というスローガンを入れたステッカーを作ってみたりだとか。

—月村さんのPCに貼ってあるものですね。

「FIGHT TOGETHER」ステッカー
「FIGHT TOGETHER」ステッカー

月村:この活動が、僕らのまわりで広く浸透していったんです。それから約2年後、御園生さんから「この活動で自分は精神的に楽になった。もっと多くの人に広めていきたい」という話があり、本格的に考えることになりました。それで調べてみると、「がんサバイバー」にまつわる活動というのはけっこうあるんですよ。

—がんサバイバーとは、ガンを一度でも経験した人、つまり治療中の人だけでなくがんを克服した人のことも指すのですね。

月村:例えば、湘南ベルマーレのフットサル選手・久光重貴さんも肺腺がんがわかった時はステージ3Bだったそうですが、レギュラーで活躍なさっています。元気にフィールドを走っている写真を御園生さんが見つけて、「こんなに元気な人がいるんだから、どんどん写真に撮って発信できるじゃないか!」と思いついたんです。

僕ら電通の職場は東京・汐留にあるんですけど、道路1本挟んだむこうに資生堂さんの社屋があって、資生堂といえば、人の美しさや生き生きとした姿にかかわる仕事をずっと続けてきた会社ですよね。そこで思い立って、相談しに出向いたわけです。

月村寛之(電通/「LAVENDER RING」運営)
月村寛之(電通/「LAVENDER RING」運営)

がん患者の人の元気な姿を撮ってポスターにするというのは、なかなか難易度が高い。(金澤)

—それが「LAVENDER RING」の実現につながったわけですから結果は明白ですが、最初の印象はいかがでしたか?

月村:想像以上にウェルカムでした(笑)。資生堂さんには「資生堂ライフクオリティービューティーセンター」という施設があって、最初は戦禍によるやけど痕をメイクでカバーすることから始まり、傷痕やあざ・白斑・がん治療の副作用による外見変化をカバーする活動を続けてきていたんです。

そういう背景もあって、僕らが提案した構想に前向きに賛同してくださったし、撮影を担当するフォトグラファーとして資生堂トップの金澤さんが自ら志願してくださいました。

金澤:最初は「誰かアシスタントフォトグラファーを紹介してくれませんか?」という話だったんですよ。でも、がん患者の人の元気な姿を撮って、その場でポスターにする……というプランはなかなか難易度が高い。

金澤正人(資生堂フォトグラファー)
金澤正人(資生堂フォトグラファー)

金澤:フォトグラファーの技術として、かっこよく、美しく撮ることはできても、その場の雰囲気作りや被写体とのコミュニケーションに関して気を配らないといけない部分も多い。そう考えると、若い人に任せるよりも、僕が出たほうが何かと利便性は高いし発信力も高められるだろうと考えたわけです。

金澤正人
「LAVENDER RING」での撮影中の様子
「LAVENDER RING」での撮影中の様子
 

月村:2017年6月に話がまとまって、8月に『ジャパンキャンサーフォーラム』で最初のブースを出して、翌年2月4日の「世界がんデー」に合わせてクレディセゾンさん、Yahoo!さんの協力でイベントと撮影を行い、さらに8月と、あっという間に活動が広がっていきました。そこには、サバイバーの方たちの人間力、自己表現することへの熱い想いも不可欠で、浜田さんとの出会いも大きかったです。

左から:月村寛之、浜田勲
左から:月村寛之、浜田勲
Page 1
次へ

サイト情報

『こちら、銀座 資生堂 センデン部』

『こちら、銀座 資生堂 センデン部』は、資生堂の「美」を世界に発信することを目的に、資生堂クリエイティブ本部が中心となり、運営しているサイトです。私たちはテレビや雑誌の広告だけでなく、世界各地で販売されている化粧品のパッケージから、お店の空間デザイン、商品のブランドサイトまで、さまざまな「美」のクリエイションを手がけています。アイデアからフィニッシュワークまで手がけるそのスタイルは、企業の中にありながら、まるで一つの工房のようでもあります。この連載では、私たちのサクヒンが世の中に誕生するまでのストーリーや、作り手の想いを語るハナシなどを、次々とご紹介しています。

「LAVENDER RING」

企業や人、行政や学校、病院など、活動の趣旨に賛同してくださる有志の方たちが自由に参加し、それぞれが「できること」を持ち寄りながらがんになっても笑顔で暮らせる社会の実現を目指して具体的なアクションを起こしていく場です。

プロフィール

金澤正人(かなざわ まさと)

1967年東京生まれ。1988年東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。同年、株式会社資生堂宣伝部入社。現在同クリエイティブ本部所属。資生堂の広告写真の撮影に携わり、多くのブランドの撮影を行う。主な仕事として、マジョリカマジョルカ、マシェリ、Ag+、ウーノ、HAKU、モデルカレンダー等、多数担当。

小林重郷(こばやし しげさと)

1977年東京生まれ。2001年慶応義塾大学法学部政治学科卒業。同年、株式会社資生堂入社。営業、国際広報、社内広報の仕事を経て現在同クリエイティブ本部所属。主にコーポレートコミュニケーションのプロジェクトにてプロデューサーを務める。

月村寛之(つきむら ひろゆき)

電通CDCチーフプロデューサー。電通入社後、サントリーのクリエーティブ担当営業、ナカハタ(コピーライターの仲畑貴志と設立)社長などクリエーティブのプロデュース業に携わり、現職。LAVENDER RINGの他には、2025年大阪万博誘致(決定)のプロデュースやスタートアップのクリエーティブ面でのアクセラレータープログラム「GRASSHOPPER」を主宰し、クリエーティブ思考で社会にインパクトを与えることを仕事のテーマとしている。

浜田勲(はまだ いさお)

腺様嚢胞癌(ACC)の仲間と共に生きるためのチームTEAM ACCチームリーダー。2013年秋、頭頸部の希少がんである耳下腺・腺様嚢胞癌(じかせん・せんようのうほうがん)がかなり進行したSTAGE・Ⅳで発覚。手術により顔右側の顎関節・頬骨等を切除すると同時に顔面神経全摘出。摂食に関する機能障害、アピアランス(容姿)の変化を余儀なくされるも希少な体験を世の中に広めるためブログで闘病記を発信。2015年7月に肺への多発転移が発覚したが治療法が無く現在まで無治療となる。2016年夏に同じ境遇で悩む腺様嚢胞癌(ACC)の仲間を励まし一緒に生きるためのチーム「TEAM ACC」を起ち上げ仲間を励まし勇気に繋がる活動を続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために