特集 PR

Kan Sano率いるLast Electroが語る、最先端のバンドサウンド

Kan Sano率いるLast Electroが語る、最先端のバンドサウンド

Last Electro『Night Symphony』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:垂水佳菜 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

低音をエレキベースではなくシンセベースにしたことで、表現の自由度が上がりました。(Yusuke)

—Last Electroの音源を聴かせてもらったのですが、ボーカルもフレーズのひとつというか、楽器と等価で扱っている印象がありますよね。よく「ギター1本とメロディーだけで成立する曲」なんていう言い方がありますけど、その逆というか。アンサンブルの一部にメロディーも組み込まれていて、様々な楽器と混じり合って成立している。

Kan:そこは自分でも意識しています。メロディーの組み立て方や歌詞の書き方も、あまり自分ひとりで完結させないようにしていて。バンドでアレンジするときも、僕が言い出しっぺなので、なんとなくリーダーみたいになっているんですけど、極力みんなで話し合って決めるようにしています。ワンマンバンドにはなりたくないんですよ。

Kan Sano(Last Electro)
Kan Sano(Last Electro)

Ippei:KanさんもYusukeさんもコンポーザーとしての目線で、面白いアイデアをくれるんですよね。たとえばハイハットを全部外して、キックとスネアとタムだけ叩くとか。ドラムのパターンがデモで上がってきたときも、「こんなフレーズがあるんだ!」みたいな驚きがあって。それを再現するのは難しくもあるけど、自分としては刺激にもなって。たくさん学ばせてもらいつつ自分でも考えているところですね。

—あと、ベーシストがメンバーにいないというのも、Last Electroのサウンドやアンサンブルに大きな影響を与えている気がします。

Yusuke:そうですね。低音をエレキベースではなくシンセベースにしたことで、演奏だけでなくサウンド面でのバリエーションを持たせることができて、表現の自由度が上がりました。

Yusuke Nakamura(Last Electro、BLU-SWING)
Yusuke Nakamura(Last Electro、BLU-SWING)

—シンセベースはエレキベースよりも低い音が出るじゃないですか。重心がぐっと下がったことも、アンサンブルの自由度に影響を与えていますか?

Yusuke:そこは僕、このバンドではかなり意識をしていますね。たとえば、いわゆるベースミュージックで言われる、最も気持ちいいベース音は「ファ=F」なんですよ。周波数でいうと43Hzくらい。

Kan:知らなかった……!(笑)

Yusuke:今までは「ソ=G」だったのが、最近スピーカーの精度がより高くなってその1音下の「ファ」のほうが、ズーンとした低音を聴かせられるようになったんです。なので、ドラムンベースやダブステップのイケてる曲は、大抵ベースで「ソ」か「ファ」を使っている。

他の楽器はそのベースの帯域に被らないようなアレンジにしたり、ミキシングで低音を調整したりすることで、フロアで鳴らしたときにベースがキレイに響くわけです。しかも高音はよりベースと分離されて、ヌケのいい音になる。なので、さっきおっしゃったようにベースが重低音になったことで、高域から低域まで自由に動くことができるようになりました。

左から: Kan Sano、Ippei Sawamura、Jun Uchino、Yusuke Nakamura
左から: Kan Sano、Ippei Sawamura、Jun Uchino、Yusuke Nakamura

Kan:たしかに最近、「スーパーロー」が当たり前になってきていますよね。先日、1980年代のSadeを改めて聴いてみたら、低音がびっくりするくらいスカスカで。これでも当時はきっと、ローの効いたサウンドだと思っていたのだろうなと。知らないうちに耳も更新されてきているんでしょうね。

Yusuke:当時はまだスピーカーもそこまでローを再生できなかったから、スーパーロー自体がそんなに重要視されていなかったのかもしれないですね。聴こえない帯域はカットしたほうが、そのぶん曲全体の音量も上げられるし。だから今のスピーカーで聴くと、たしかにスカスカに聴こえてしまう。

実は僕、高校生のときに初めてディアンジェロの『Voodoo』を聴いて、正直よくわからなかったんです。(Kan Sano)

—今お話いただいた低音の概念や、たとえばLast Electroの曲でいえば“A Night Symphony”のタイム感など、ディアンジェロやジェイムス・ブレイクが登場する以前と以降では、アンサンブルのあり方がドラスティックに変化したなと改めて思いました。

Yusuke:いわゆるスカスカの音像だけど、鳴らすところは鳴らすというアンサンブルは、ディアンジェロやJ・ディラあたりからですよね。

Yusuke:それまでのヒップホップは、DJ Premier(アメリカのヒップホップデュオ・Gang Starrのメンバー。ヒップホップ界を代表するプロデューサー)やピート・ロック(アメリカのDJ、プロデューサー、ラッパー)のような、割と音像の詰まった感じだったと思うんですよ。

そのもっと前は、よりキャッチーなヒップホップで、そこからWu-Tang Clanのようなローファイなサウンドを経て、今言ったような隙間のあるビートを意識しはじめ、作品に落とし込んでいったのがディアンジェロだったのかなと。

Kan:実は僕、高校生のときに初めてディアンジェロの『Voodoo』(2000年)を聴いて、正直よくわからなかったんです。あのスカスカの音像が地味に感じてしまって。

Jun:僕も最初聴いたときから、「これカッコいい!」と思うまで2、3年かかりました笑

ディアンジェロ『Voodoo』を聴く(Apple Musicはこちら

Kan:そのあとバークリーに留学したとき、みんなああいうヨレた演奏をしていて、それを聴いてカッコよさに気づいて。そこから『Voodoo』を聴き直して一気にハマったんですよね。

Ippei:僕は、大学に入ったばかりの頃にロバート・グラスパーやクリス・デイヴを初めて聴いて。そこから遡ってJ・ディラやディアンジェロを聴くようになったんです。日本でもそれこそorigami PRODUCTIONS界隈の人たちが、そういうビートにアプローチしているのを知って、「新しい!」「カッコいい!」と思って「これ、どうやってるんだろう?」って友人と研究していましたね。なので、体系的に自分のなかに落とし込んでいった感覚はあります。

ロバート・グラスパー『Black Radio』(2012年)を聴く(Apple Musicはこちら

J・ディラ『Donuts』(2006年)を聴く(Apple Musicはこちら

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Last Electro
『Night Symphony』(7インチ盤)

2019年4月10日(水)発売
価格:1,620円(税込)
DSB-40

[SIDE-A]
1. Night Symphony
[SIDE-B]
1. When You Kill Me

ライブ情報

『SYNCHRONICITY'19』

2019年4月6日(土)13:00 開場・開演
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-Crest、TSUTAYA
O-nest、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、VUENOS、Glad、LOFT9

出演:
Last Electro
浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS
SOIL&”PIMP”SESSIONS
SPECIAL OTHERS
大森靖子
雨のパレード
アルカラ
cinema staff
mabanua
KID FRESINO
Awich
STUTS
AAAMYYY
Say Sue Me(Korea)
tokonoma
ADAM at
Schroeder-Headz
TRI4TH
JABBERLOOP
カネコアヤノ(バンドセット)
Ghost like girlfriend
ニガミ17才
GEZAN
踊ってばかりの国
THE LITTLE BLACK
スカート(弾き語り)
toddle
羊文学
KONCOS
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
CRCK/LCKS
Ryu Matsuyama
ニトロデイ
Nao Kawamura
Gai Sunya(yahyel)
sora tob sakana
Maison book girl
ポップしなないで
SAKA-SAMA
ギリシャラブ
The Taupe
nhhmbase
falls
the SHUWA
テスラは泣かない。
SuiseiNoboAz
Lucie, Too
The Wisely Brothers
Special Favorite Music
Luby Sparks
東郷清丸
ザ・おめでたズ
Kick a Show
BLACK BASS
BROTHER SUN SISTER MOON
座布団5000/
VENUEVINCENT
Sankara
Babaroa
Mega Shinnosuke
レイラ
山形りお
CHAILD
SOA
DJ Ko Umehara(-kikyu-)
DJ New Action!(星原喜一郎 / 遠藤孝行)
松本誠治
白鳥雪之丞(Tears of Swan)
出口博之(exモノブライト)
ハシダカズマ(箱庭の室内楽)
西村ひよこちゃんemo
アイアムアイ
ミノウラヒロキ・マジックショー
Gravityfree(Live Painting)
料金:1日券5,800円 通し券11,000円(共にドリンク別)
(通し券は4月7日(日)『SYNCHRONICITY’19』との通し券)

プロフィール

Last Electro

平成最後の夏に結成。国内外のアンダーグラウンドジャズ・ソウルシーンで暗躍するIppei Sawamura(SANABAGUN.)、Jun Uchino(Mime)、Yusuke Nakamura(BLU-SWING)、Kan Sanoの4人から成るリーダー不在のミュージシャンズミュージシャン集団。ゼロ年代のクロスオーバーシーンでプロダクションスキルを培ったプロデューサーと新世代のプレイヤーのセッションから生まれた突然変異のヒューチャーソウル。ポストダブステップ以降のビート感覚、リンチやキューブリックなどカルト映像作家に通じる終末SF観、空洞化する現実を冷たい視線で傍観する詞と実体を持たない憂鬱なウィスパーボイス。あらゆるジャンルを飲み込みながら、個々の活動と別次元で進行する鋭利なアート性は今後の展開が予測不能。2019年から本格始動。1月に初の7インチ「No More Sunshine」をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優