特集 PR

Creepy Nutsとゴスペラーズが振り返る、R&Bとラップ共闘の歴史

Creepy Nutsとゴスペラーズが振り返る、R&Bとラップ共闘の歴史

The Gospellers 25th Anniversary tribute『BOYS meet HARMONY』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:矢島大地(CINRA.NET編集部)

“永遠(とわ)に”でブレイクし、J-POPのメインストリームで活躍し続けているゴスペラーズ。彼らを「オルタナティブな存在」といったら意外に思うだろうか。否、ゴスペルやアカペラはもちろん、ヒップホップもR&Bも今ほど浸透していなかった1990年代に、自分たちの立ち位置を切り開いていった彼らのアティチュードは、まさに「オルタナティブ」そのものだった。そんな彼らが、ジャパニーズヒップホップ界のパイオニアであるRHYMESTERと共に作り上げた名曲“ポーカーフェイス”。それを新世代ヒップホップの旗手Creepy Nutsが、17年の月日を経て新たな形で蘇らせたのは、ある意味では「起こるべくして起きた奇跡」とも言えるかもしれない。

Da-iCEやXOX、UNIONEら新世代ボーカルグループが参加した、ゴスペラーズのメジャーデビュー25周年を記念したトリビュートアルバム『BOYS meets HARMONY』。今回のトリビュート盤の中で、SIRUPや港カヲルによるカバーと共に異彩を放ちつつ、ゴスペラーズの「オルタナティブな側面」を見事に照射したCreepy Nutsのふたりと、リーダー村上てつやによる対談。この日が初対面とは思えないほど、多岐にわたるトピックで盛り上がった。

R&Bの場合、「盛る」のが流儀。でもそんな世界の中で、Creepy Nutsの「さえない男」の視点はすごく新鮮だった。(村上)

—今回、初対面だそうですが、お互いの音楽についてはどんな印象を持っていましたか?

R-指定:僕のオトンが、ゴスペラーズ好きなんですよ。小6か中1で音楽に触れ始めるくらいの時期に、『G10』(2004年のベストアルバム)をずっと車で流していたから、その印象が強烈に残っていますね。あとゴスペラッツ(ゴスペラーズとラッツ&スターのメンバーによるスペシャルユニット)も家族で聴いていました。なのでオトンにはメチャメチャ自慢しましたよ、「明日、取材で会うねん」って(笑)。

DJ松永:もう、物心ついた時には当たり前のように存在していましたからね。そういえば、俺が通ってる歯医者さんの中にも激烈ファンがいることが判明したんだった(笑)。こないだ歯医者で会計してたら「松永さん! ゴスペラーズとコラボするんですか?」って。その人、めちゃめちゃおののいてましたね。

R-指定:まあ、そうなりますよね。そういう存在というか。

—村上さんは、Creepy Nutsのことをどんなふうに思ってました?

村上:とにかくふたりともスキルがもの凄いですよね。ヒップホップって、プロレスができないとダメじゃないですか。「攻め」と「受け」が存在する「受け答え」の音楽だし、しかも固定した関係ではなく常にアメーバのようにどんどん変化していく。そこで瞬時に状況判断しつつ、得意技をふんだんにかけてくる。その反射神経みたいなのを、音楽だけじゃなくてふたりの会話の中にも感じるんですよね。柔軟性と、いい意味での器用さ、そして人懐っこさの奥にはちゃんと拳銃も隠し持ってて。「いつでも撃てるよ?」っていう緊張感もあるから、油断できないですよね(笑)。

R-指定&DJ松永:ありがとうございます!

左から:村上てつや、R-指定、DJ松永
左から:村上てつや、R-指定、DJ松永

—では今回、Creepy Nutsがカバー曲として“ポーカーフェイス”を選んだ理由は?

R-指定:それこそ村上さんが今おっしゃったように、ヒップホップは「受け答え」の音楽であり、自分の立ち位置を明確にする音楽なんです。で、今回のお話をいただいて「俺の立ち位置ってなんやろ」と思った時、小さい頃から慣れ親しんだ音楽であるゴスペラーズと、自分がラップをやろうと思った時に出会い、俺も松永さんも計り知れない影響を受けたRHYMESTERが、実は昔から深い関係があってコラボまでしている。それが“ポーカーフェイス”であり、自分たちの立ち位置を明確にする曲として「これ以上のものはないな」と思ったんですよね。

「受け答え」というのは、以前RHYMESTERの宇多丸さんも「ヒップホップで重要なのは『で? テメエはどうなんだ?』というアンサーのしかただ」とおっしゃっていて。今回で言えば、ゴスペラーズとRHYMESTERがこの曲で歌っている歌詞について、「じゃあ俺たちはどうなんだ?」というところを明確にしていくべきだなと。なので、ああいうカバーになりました。

Spotifyで“ポーカーフェイス”を聴く

—オリジナルのサビを抜き出して、それに対する掛け合いラップのような形でR-指定さんの新たな歌詞が乗っている。ある意味、カバーというよりアンサーソングのような仕上がりになっていますよね。ヒップホップにしかできないアプローチというか。村上さんは、彼らの“ポーカーフェイス”を率直にどう思いました?

村上:いやあ、聴いてて寂しくなるラップって最高だなって(笑)。

R-指定:まさにそれを狙いました(笑)。“ポーカーフェイス”では大人の男女による恋の駆け引きを歌い、次のコラボ曲“Hide and Seek”では、さらに危険な男女関係を歌っているじゃないですか。となると、もはや俺と松永さんの恋愛経験値では手の届かへんところにいるわけです(笑)。

ヒップホップで大事なのは「リアルであること」「自分の立ち位置を明確にすること」なので、じゃあ俺たちのリアルは、駆け引きの一歩手前でドキマギしているということだなと思って、それを歌詞に落とし込んでいったんですよね。

DJ松永:オリジナルの歌詞を読みながら、ふたりで「大人だなー!」ってずっと言ってたもんな。

R-指定:……っていう自分たちを、そのまま書くことにしました(笑)。

村上:まあR&Bの場合、実生活はともあれ盛らなきゃカッコ悪いからね。「盛る」のが流儀というかさ。でも、そんな世界の中で、ふたりの「さえない男」の視点はすごく新鮮だった。今回のトリビュートの中でも、いいスパイスになったと思う。

左から:村上てつや、R-指定、DJ松永
Page 1
次へ

リリース情報

V.A
The Gospellers 25th Anniversary tribute
『BOYS meet HARMONY』
V.A
The Gospellers 25th Anniversary tribute
『BOYS meet HARMONY』

2019年3月20日(水)発売
価格:2,700円(税込)
KSCL-3136

1. 永遠に / SIRUP
2. ミモザ / COLOR CREATION
3. 新大阪 / Da-iCE
4. 熱帯夜 / UNIONE(ユニオネ)
5. ポーカーフェイス / Creepy Nuts
6. 星降る夜のシンフォニー / FlowBack
7. 月光 / XOX
8. 星屑の街 / SOLIDEMO
9. ひとり / 港カヲル from グループ魂

  • Apple Musicで聴く
  • プロフィール

    ゴスペラーズ
    ゴスペラーズ

    1991年に早稲田大学のアカペラサークル「Street Corner Symphony」で結成し、94年にキューンミュージックよりメジャーデビュー。2000年リリースのシングル“永遠に”がロングセールスを記録し、『ひとり』は、アカペラ作品としては日本音楽史上初めてセールスチャートのベスト3入りを果たした。日本のボーカルグループのパイオニアとして、アジア各国でも作品がリリースされている。

    Creepy Nuts
    Creepy Nuts(くりーぴー なっつ)

    MCバトル日本一のラッパーR-指定と、とターンテーブリスト /トラックメイカーのDJ松永によるヒップホップユニット。2017年には、ソニー・ミュージックから『高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。』でメジャーデビューし、2018年4月には初のフルアルバム『クリープ・ショー』をリリース。クラブ、ライブハウス、大型ロックフェスと、シーンを問わずライブを展開している。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    突然少年“火ヲ灯ス”

    教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

    1. 菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳 1

      菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳

    2. 川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート 2

      川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート

    3. 清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場 3

      清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場

    4. Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演 4

      Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演

    5. アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも 5

      アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも

    6. 『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載 6

      『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載

    7. 大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る 7

      大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る

    8. ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演 8

      ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演

    9. アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も 9

      アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も

    10. 『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves” 10

      『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves”