特集 PR

日本のサブスク元年を突破するには? LINE MUSIC×TuneCore

日本のサブスク元年を突破するには? LINE MUSIC×TuneCore

LINE MUSIC
インタビュー・テキスト
長嶋太陽
撮影:前田立 撮影協力:MTRL KYOTO 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

ストリーミングサービスは、世界中の膨大な音楽アーカイブにアクセスできる扉のようなものだ。リスナーはシングルCD1枚分の金額を支払い、その扉をあける権利を得る。アーティストは、楽曲が再生された回数に応じて報酬を受けとる。

定額制のコンテンツ配信システム「サブスクリプション」の登場によって、音楽の聴き方は大きく変わった。受け手と作り手の関係を変え、ビジネスとクリエイション双方に影響をもたらし、そしてその変化はリアルタイムで続いている。

今回の対談には、そうした変化の「仕掛ける側」に立つ二人のキーパーソンが登場。アプリダウンロード数は3,000万を超える日本発の音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」取締役COO・高橋明彦と、アーティストとプラットフォームをつなぐディストリビューションサービス「TuneCore Japan」代表の野田威一郎の対話が行われた。その中で明らかになったのは、「楽曲が遊ばれながら広がる」音楽の新しい聴かれ方の道筋と、ガラパゴスの度合いを強める日本における音楽市場の今と未来である。

日本のサブスクの盛り上がりは、圧倒的に世界に追いつけていません。(野田)

—TuneCore Japanのサイトには「誰でも自分の曲を世界185カ国以上の配信ストアで配信販売できるサービスです」とありますが、具体的にはどのように使用されているのでしょうか?

野田:TuneCore Japanは、デジタル上で音楽のディストリビューションを行うサービスです。LINE MUSICやSpotify、Apple Musicをはじめとするサブスクリプション(以下、サブスク)や、iTunesなどの配信ストアへ、誰でも自分が作った楽曲を届けることができる、仲介サービスです。TuneCore Japan自体で楽曲の販売は行わず、「楽曲を流通させる」ことが役割になります。

これまで、個人で活動しているアーティストにとっては、自分の楽曲をさまざまなプラットフォームに配信するためのコストが高かったんですけど、TuneCore Japanを使えば誰でもあっという間に自分の楽曲を流通させることができるんです。

TuneCore Japan
TuneCore Japan(サイトを見る

高橋:実際にLINE MUSICには、インディーズで活動しているアーティストがTuneCore Japanを通して多数の楽曲を配信しています。楽曲の再生回数をレーベルごとにランキングにすると、メジャーレーベルに並んでTuneCore Japanさんがトップ10に入るんですよ。

左から:野田威一郎(TuneCore Japan代表)、高橋明彦(LINE MUSIC 取締役COO)
左から:野田威一郎(TuneCore Japan代表)、高橋明彦(LINE MUSIC 取締役COO)

野田:10年くらい前までは、音楽がヒットするには、CDショップで取り上げられて、CDが売れて、CMを打って、ドラマの主題歌に……という流れがありました。限られた枠の中にどう乗せていくかの戦いだったので、必然的にメディアや流通とのリレーションが強い大手レコード会社のほうが、ヒットを生み出しやすかったんです。

TuneCoreは、サブスクやダウンロードのモデルに着目しながら、そういった過去のやり方とは全く違う方法論を選択しています。

高橋:LINE MUSICでも、TuneCore Japanさん経由の比率は毎年上がっていますね。日本の音楽業界にも明らかにシフトチェンジが始まっています。

LINE MUSIC
LINE MUSIC(サイトを見る

—まさしくゲームチェンジャーですね。日本では、サブスクリプションを取り巻く環境はどのように変わっているのでしょうか?

野田:日本の音楽産業のマーケットは、世界でも2番目に位置するくらい大きいんです。けれど、サブスクの盛り上がりは圧倒的に世界に追いつけていません。

高橋:やっぱりCDがまだまだ強いですし、デジタルでもダウンロード販売が根強く利用されていて、サブスクはまだまだ多くの人に聴かれていない状況です。

野田:ストリーミングサービスによって、音楽産業自体は復活しているんですよ。世界人口が増えていく中で、音楽業界は当面明るいと言われています。欧米に限らず、アジアや南米にもサブスクのユーザーが増えているんです。人口が多い地域が市場全体を押し上げているんですね。世界を見れば、そういうストーリーがたくさん出てくるけど、日本はその流れに取り残されている。

高橋:世界で見れば、音楽マーケットはみんなハッピーモードですよね。まだまだいけるぞ、みたいな。

高橋明彦(LINE MUSIC 取締役COO)
高橋明彦(LINE MUSIC 取締役COO)

—そういった流れを決定づけたアーティストとして、Chance the Rapperが象徴的です。既存の流通に乗らず音源の有料販売を行わずに大ヒットしました。その結果、『グラミー賞』の「有料販売の作品のみを対象にする」というルールを変更させ、受賞するにまで至っています。

野田:そうですね。アメリカでは2015年から、サブスクの普及の後押しもあって、音楽業界は回復傾向にあります。Chance the Rapper擁するThe Social ExperimentがiTunes Storeで、アルバム『Surf』を無料ダウンロード配信した年ですね。

高橋:その一方で、日本においては「サブスク元年が来るぞ」って、毎年言われ続けているんですが、本格的にサブスクの時代が来た、とはまだ言い難いです。「サブスク元年」を何回も繰り返しているんです(笑)。

Page 1
次へ

プロフィール

高橋明彦(たかはし あきひこ)

LINE MUSIC 取締役COO。2000年 ヤフー株式会社入社。その後、リクルートを経て、2011年にネイバージャパン(現:LINE株式会社)へ。新規事業を担当する事業戦略室に所属し、LINEスタンプの立ち上げを経て、2013年より音楽事業を担当。2014年のLINE MUSIC株式会社を設立し、2015年 同社取締役に就任。現在に至る

野田威一郎(のだ いいちろう)

東京出身。香港で中学・高校時代を過ごし、慶應義塾大学卒業後、株式会社アドウェイズ入社。2008年に独立しWano株式会社を設立。2012年にはTuneCore Japanを立ち上げ、2012年10月にサービスを開始。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る