特集 PR

石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

連載が終わってすぐは、毎日が情緒不安定でした。(石田)

TK:今回いろんな方と対談されるそうなので(CDのブックレットに石田とすべての参加アーティストとの対談を収録。TKとの対談は、この記事とは別バージョンが収録されている)、作品とか音楽のことは他でもたくさん話すと思うから、僕はどうでもいい話をしようと思ったんですけど、いいですか?(笑) 『東京喰種』が好きな人も、スイさんの人となりって全然わかんないと思うんですよ……僕が人のこと言える立場じゃないですけど(笑)。

石田:そうですよ。TKさんのことが聞きたいですよ(笑)。

TK:でも、スイさんのことって気になるんです。前に「鶏のささみだけ食べてる」って言ってましたよね?

石田:ああ、そうですね、炭水化物を取らないで、ささみだけ食べてた時期がありました。最近はパプリカを生でかじってます。

TK:すごい領域に入ってますね(笑)。

石田:あとは、セロリとか。野菜食べないとなって思うんですけど、調理はめんどくさいので、栄養ありそうなパプリカとかセロリをむき出しで食べてます。まとまった量を食べることってあんまりなくて、ちょっと立ったついでにパプリカかじる、みたいな(笑)。

TK:ついでにパプリカ、どういう生活ですか?(笑)

石田:絵を描いたり文章を書いたり、単純作業が長いので、ずっと座ってるんですよね。だから、立ってなにかを食べるという刺激が、ストレス解消であり暇つぶしになるんです。

左は『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』初回限定盤ジャケット。右はTK from 凛として時雨。
左は『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』初回限定盤ジャケット。右はTK from 凛として時雨。

TK:作業って、アトリエのなかで完結してるんですか?

石田:アトリエってほどでもないですけど、でもそうですね、籠るときはそうしてます。週刊連載していたときは出かける暇もなかったので、なるべく家のなかとか、出かけても近所の徒歩数分圏内で生活してました。

—連載中と今とでは、だいぶ生活のペースも変わったでしょうね。

石田:全然違いますね。「こんなに時間あるんだ」っていう(笑)。

TK:思考回路変わりました? 昨日ちょうど自分の次の作品(『P.S. RED I』)を完成させたところなんですけど、作ってる間はずっと「歌詞どうしよう」「ミックスで楽器の配置をどうしよう」って、曲のことが脳みそのなかの大半を占めちゃって、なにも作ってないときと思考回路が全然違うんです。

連載はそれがもっと延々と続く感じだと思うので、連載中の思考回路も気になるし、それがパタッとなくなったときに、虚無感に襲われるのか、それとも逆に次に作りたいものが明確に目の前に現れてくるのか、どっちなのかなって。

石田:終わってすぐは毎日が情緒不安定でしたね。終わった瞬間は「終わったのかな?」みたいな、よくわかんない状態が半日くらい続いて、次の日は「やった! 終わった!」って思ったんですよ。達成感というよりは、「もう描かなくていいんだ!」っていう解放感(笑)。

それが数日続いたあとに、今度はやることがなさ過ぎて怖くなりました。「あれ? どう生活すればいいんだ?」って。連載してたときは、眠すぎて横になると2秒で気絶しちゃってたんですよ。でも連載が終わったら、疲れてないから眠れなくて、1か月くらい不眠症でした。

TK:すぐに次のものが生まれるわけじゃなかったんですね。

石田:そうですね。むしろ、連載中のほうが構想がありました。忙しければ忙しいほど、別のことをしたくなるというか、他の漫画が描きたくなって。「『週刊ヤングジャンプ』で連載しながら、『週刊少年ジャンプ』で連載できないかな?」とか、頭おかしいことを言ったり(笑)。そのときはホットなアイデアがあって「やりたい」と思うんですけど、いざ連載が終わると不思議とそういう感じでもなくなるんですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』完全生産限定盤
『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』完全生産限定盤(2CD)

2019年3月27日(水)発売
価格:4,980円(税込)
AICL-3680~81
※豪華ブックレット、全面イラスト 2CDケース、石田スイ描き下ろしイラスト三方背仕様

[CD1]
1. TK from 凛として時雨「unravel」
2. People In The Box「聖者たち」
3. österreich「無能」
4. amazarashi「季節は次々死んでいく」
5. Cö shu Nie「asphyxia」
6. 女王蜂「HALF」
7. TK from 凛として時雨「katharsis」
8. österreich「楽園の君」
9. TK from 凛として時雨「unravel(acoustic version)」
10. People In The Box「聖者たち remixed by yukihiro(ACID ANDROID)」
11. österreich「楽園の君(Acoustic ver.)」
12. amazarashi「季節は次々死んでいく acoustic Version.」
13. Cö shu Nie「asphyxia(Piano ver.)」
14. 女王蜂「HALF(Acoustic Version.)」

[CD2]
「石田スイ セレクトTVアニメオファーに至るフェイバリットプレイリスト 全12曲」
1. 女王蜂「金星」
2. People In The Box「六月の空を照らす」
3. the cabs「二月の兵隊」
4. 凛として時雨「illusion is mine(Remastered by TK)」
5. 女王蜂「売春」
6. Cö shu Nie「butterfly addiction」
7. amazarashi「夏を待っていました」
8. Cö shu Nie「家」
9. People In The Box「完璧な庭」
10. 凛として時雨「24REVERSE(2019reverse version)」
11. amazarashi「無題」
12. the cabs「ラズロ、笑って」

※豪華ブックレット内容(『東京喰種』コミックサイズ):
・歴代アニメ盤CD描き下ろしイラスト集
・主題歌担当アーティスト×石田スイ 対談 全6組
TK from 凛として時雨 / People In The Box / österreich / amazarashi / Cö shu Nie / 女王蜂
・石田スイによるプレイリスト選曲解説
・全楽曲歌詞集

『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』通常盤
『東京喰種トーキョーグール AUTHENTIC SOUND CHRONICLE Compiled by Sui Ishida』通常盤(CD)

2019年3月27日(水)発売
価格:2,800円(税込)
AICL-3682

1. TK from 凛として時雨「unravel」
2. People In The Box「聖者たち」
3. österreich「無能」
4. amazarashi「季節は次々死んでいく」
5. Cö shu Nie「asphyxia」
6. 女王蜂「HALF」
7. TK from 凛として時雨「katharsis」
8. österreich「楽園の君」
9. TK from 凛として時雨「unravel(acoustic version)」
10. People In The Box「聖者たち remixed by yukihiro(ACID ANDROID)」
11. österreich「楽園の君 (Acoustic ver.)」
12. amazarashi「季節は次々死んでいく acoustic Version.」
13. Cö shu Nie「asphyxia(Piano ver.)」
14. 女王蜂「HALF(Acoustic Version.)」

プロフィール

TK from 凛として時雨
TK from 凛として時雨(てぃーけー ふろむ りんとしてしぐれ)

TK from 凛として時雨(てぃーけー ふろむ りんとしてしぐれ) “凛として時雨”のフロントマンでボーカル&ギターのTKによるソロプロジェクト。ピアノ、ヴァイオリンを入れたバンドスタイルから、単身でのアコースティックまで幅広い表現の形態をとっている。2014年リリースのシングル『unravel』は、アニメ『東京喰種トーキョーグール』のOPとして、配信で30万ダウンロードを超える大ヒットを記録。その他にも、SMAP、安藤裕子、Aimerなどアーティストへの楽曲提供なども行うなど幅広く活躍している。

石田スイ(いしだ すい)

『東京喰種トーキョーグール』の原作者である、漫画家・石田スイ。『東京喰種トーキョーグール』は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2011年9月より2014年9月まで連載され、新章にあたる『東京喰種トーキョーグール:re』が2014年10月~2018年7月まで連載されたダーク・ファンタジー作品。コミックスは全世界シリーズ累計4,400万部(紙+デジタル)を突破、幅広い年齢層の読者に圧倒的な支持を受けている。2014年7月~9月にテレビアニメ化(第1期)され、2015年1月~3月には第2期として『東京喰種トーキョーグール√A(トーキョーグール ルートエー)』が、第3期として2018年4月~6月に『東京喰種トーキョーグール:re』が、第4期として2018年10月~12月『東京喰種トーキョーグール:re』(最終章)が放送された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密