特集 PR

Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

『CROSSING CARNIVAL'19』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

俺、親友、ファン、全員が入って、それをYogee New Wavesとして鳴らせてる。(角舘)

—序盤の“Summer of Love”と“CAN YOU FEEL IT”が本作のグルーヴを象徴している一方で、作品としては深く沈み込むような中盤の流れこそが肝かなと思いました。特に“emerald”は名曲だなって。

角舘:“emerald”は1番のAメロで自分のことを歌っていて、2番のAメロは友達のことを歌ってて、最初はずっと<弱いとこ見せてあげれないよ>って歌ってたんです。でも、ライブで客の顔を見たら、客に向けて歌いたくなって、その場で歌詞を変えて、最後だけ<弱いとこ見せてあげたいよ>になったんですよ。

「こんな素晴らしいことがあるんだ!」って思いましたね。ナルシシズムに近いけど、自分の心の動きをすごく美しく感じて、「これを採用しなかったら、俺が俺である必要がなくなる」と思って。

左から:竹村郁哉、角舘健悟、粕谷哲司
左から:竹村郁哉、角舘健悟、粕谷哲司

—確かに、そのロマンチシズムを取ったら角舘くんじゃない(笑)。

角舘:もともと誰かのために曲を作ることが多かったけど、自分のことをベースに歌ってるなかに他の人が入ってくることってなかったから、この曲が書けて本当に嬉しくて。俺、親友、ファン、全員が入って、それをYogee New Wavesとして鳴らせてるなって。

—この形に至るまでには、結構時間がかかった?

角舘:ネタとしては『WAVES』が出る前くらいからあって、コードと歌い出しはめっちゃ気に入ってたんですけど、なかなか進まなかったんですよね。でも、みんなと一緒に時間を重ねるうちに、筆が勝手に進んで、日記みたいな感覚で書けたというか、気づいたらできあがってたんですよ。

—やっぱり、すごく有機的ですね。

角舘:甲本ヒロトが「腹減ったら飯食って、眠くなったら寝て、曲作りたくなったら曲作る。それが当たり前」って言ってて、それにひどく共感したんです。歌詞をひねり出すのって苦しいけど、自分のバイオリズムのなかで歌詞が当たり前のようにできていく感覚なら、すごく楽なんですよね。

左から:上野恒星、竹村郁哉、角舘健悟、粕谷哲司
左から:上野恒星、竹村郁哉、角舘健悟、粕谷哲司

男なんてずっとブルーと付き合わなくちゃいけない生きものっすから、仕方ないですよね。(角舘)

—ラストの“SUNKEN SHIPS”は、メキシコから帰ってきてからできた曲だそうですね。

角舘:「SUNKEN SHIPS」というのは、「BLUEHARLEM島」のお祭りのことです。その島では1年間使った船をみんなで燃やして、それが島に繁栄をもたらすっていう、メキシコで着想を得た架空のお祭り。ある意味、「お焚き上げ」に近くて。

『PARAISO』(2014年9月リリース)から始まった淡いブルーが、濃い青になって、本当の意味でのブルーに変化したというか。初々しさから若々しさになって、若々しさがブルースに、憂いのブルーに変わった感じ。その青にここで別れを告げようと思った。

—そう、バンドとしての調子のよさを感じる一方で、中盤の流れにしろ、ラストの“SUNKEN SHIPS”にしろ、どちらかといえば内省的で、憂いを感じるんですよね。でも、それも次にいくために必要な楽曲だったと。

角舘:もっと深い青が作りたいんですよ。俺は青が好きだから、本当の青を探すためには、これまでの青とは別れなくちゃいけない気がした。

男なんてずっとブルーと付き合わなくちゃいけない生きものっすから、仕方ないですよね。だから、今の心境としては、これまでの3枚を客観的に見て、「いいブルーたちだったな」って感じですね。

左から:角舘健悟、粕谷哲司、竹村郁哉、上野恒星
左から:角舘健悟、粕谷哲司、竹村郁哉、上野恒星

—去年は「ポカリスエット」とのタイアップもありましたけど、Yogeeは以前から「自分たちのテーマカラーは青」って言ってましたよね。

角舘:これまでも「俺たちが最高のブルーだ」って思いながら作っていたんですけど、最近、周りでも妙に「ブルー」をテーマにした作品が増えた気がします。

—みんなインディからメジャーに進んだり、そうじゃなくても知名度が上がったりするなかで、自分の人生や音楽との向き合い方を考える時期があったんだと思うんですよね。で、誠実な音楽家であればそれが当然楽曲にも反映されるわけで、そういうある種の内省の時期が「ブルー」というキーワードに繋がったんだと思う。でもやっぱり、そういう作品をひとつ形にすることで、次にいけるんだろうなって。

角舘:そうなんですよね。この島にずっと居続けることも可能だとは思うんですよ。でも、それをしちゃうと「未知との遭遇」はなくなってしまう。僕らは好奇心が底をつくまで「未知との遭遇」を続けたいし、それをしなくなったら、自分のことが嫌になっちゃうと思うから。

竹村:俺は今回の「ブルー」って、凪いでるブルーというか、凪のブルーだと思うんですよ。波風がなくて、ピタッと水面が止まってる瞬間。これまで波が立ってるブルーは表現してきたと思うし、今回のアルバムにもそれは含まれているけど、コップの表面にピタッと張った状態がパッキングできたような質感だと思うんですよね。

竹村郁哉
竹村郁哉

—確かに、前作は『WAVES』というタイトル通り、波風が立っているような荒々しい強さがあったけど、今回はシーンと静まり返っているからこその強さが感じられる作品だなと思います。

角舘:『BLUEHARLEM』って、「聖域」みたいなイメージなんですけど、実は俺、これまでで今が一番ブルーなんですよ。静まり返ってるというか、すごくフラットなんです。年齢も関係あると思うけど、家で酒飲んでエレピ弾くみたいな毎日で……最高っす(笑)。

フラットな状態ということは、またゼロベースからスタートできる楽しみがあるということだから、ここからまた新しいものができるチャンスなんだと思いますね。

Page 3
前へ 次へ

イベント情報

『CROSSING CARNIVAL - visual edition-』
『CROSSING CARNIVAL - visual edition-』

2019年4月3日(水)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST

出演:
indigo la End
odol
The fin.
Film & Stage Visual Producer:KITE
料金:3,900円(ドリンク別)

『CROSSING CARNIVAL'19』
『CROSSING CARNIVAL'19』

2019年5月18日(土)OPEN/START 13:00(予定)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、WOMB LIVE、TSUTAYA O-nest

出演:
Analogfish
Emerald
OGRE YOU ASSHOLE
C.O.S.A.
崎山蒼志
TENDRE
パソコン音楽クラブ
VaVa
BIM
betcover!!
bonobos
Polaris
ミツメ
MONO NO AWARE
Yogee New Waves
and more
料金:4,800円(ドリンク別)

リリース情報

Yogee New Waves『BLUEHARLEM』初回限定盤
Yogee New Waves
『BLUEHARLEM』初回限定盤(CD+DVD)

2019年3月20日(水)発売
価格:4,104円(税込)
VIZL-1540

[CD]
1. blueharlem
2. Summer of Love
3. CAN YOU FEEL IT
4. Good Night Station
5. Suichutoshi
6. emerald
7. Bring it Home
8. past song
9. Bluemin' Days(Album Ver.)
10. SUNKEN SHIPS

[DVD]
・『Bluemin' Days Asia Tour Documentary“Love you Asia”』
・『CAN YOU FEEL IT TOUR at Zepp DiverCity Tokyo 2018.12.13』
・“Bluemin' Days”PV
・“CAN YOU FEEL IT”PV
・“Summer of Love”PV

Yogee New Waves
『BLUEHARLEM』通常盤(CD)

2019年3月20日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-65136

1. blueharlem
2. Summer of Love
3. CAN YOU FEEL IT
4. Good Night Station
5. Suichutoshi
6. emerald
7. Bring it Home
8. past song
9. Bluemin' Days(Album Ver.)
10. SUNKEN SHIPS

イベント情報

『TOUR BLUEHARLEM 2019』

2019年6月8日(土)
会場:岡山県 YEBISU YA PRO

2019年6月14日(金)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2019年6月15日(土)
会場:鹿児島県 SR HALL

2019年6月16日(日)
会場:長崎県 栄町 DRUM Be-7

2019年6月22日(土)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2019年6月29日(土)
会場:新潟県 studio NEXS

2019年6月30日(日)
会場:宮城県 仙台 darwin

2019年7月5日(金)
会場:愛知県 名古屋 ダイアモンドホール

2019年7月6日(土)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2019年7月12日(金)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE 24

2019年7月14日(日)
会場:大阪府 なんばHatch

2019年7月15日(月・祝)
会場:香川県 高松 DIME

2019年7月17日(水)
会場:東京都 お台場 Zepp DiverCity

2019年7月21日(日)
会場:沖縄県 那覇 桜坂セントラル

プロフィール

Yogee New Waves
Yogee New Waves(よぎー にゅう うぇいぶす)

2013年に活動開始。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。その後『FUJI ROCK FESTIVAL』《Rookie A GoGo》に出演。9月には1st album『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。2015年2月に初のアナログ7inchとして新曲『Fantasic Show』を発表。12月には2nd e.p.『SUNSET TOWN e.p.』をリリース。2017年1月にBa. 矢澤が脱退し、Gt.竹村、Ba.上野が正式メンバーとして加入し再び4人編成となり始動。5月に2nd アルバム『WAVES』をリリースし、CDショップ大賞2018前期のノミネート作品に選出。リリースツアーは全国8都市でワンマンを決行し各地ソールドアウト。11月には映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の主題歌に“SAYONARAMATA”が起用される。2018年3月にはメジャーデビューとなる3rd e.p.『SPRING CAVE e.p.』をリリースし、アジア3か国(台湾、香港、タイ)を含めた全12か所のリリースツアーを開催。7月にはPOCARI SWEAT × FES 2018キャンペーンソングとして“CAN YOU FEEL IT”を配信リリースし、全国各地の夏フェスに出演。11月からは全国8都市でのワンマンツアー『CAN YOU FEEL IT TOUR』を開催。2019年3月20日には約2年振りとなる待望の3rdアルバム『BLUEHARLEM』のリリースが決定、6月からは同アルバムを引っ提げ全14公演の全国ツアー『TOUR BLUEHARLEM 2019』の開催が決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される