特集 PR

家入レオ×小谷美紗子対談 何がいいこと、悪いことかわかってる?

家入レオ×小谷美紗子対談 何がいいこと、悪いことかわかってる?

家入レオ『DUO』
インタビュー・テキスト
上野三樹
撮影:森山将人 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

家入レオが刺激的なアーティストやクリエイターとの二重奏(コラボレーション)に挑んだ、6枚目のアルバム『DUO』。中でも小谷美紗子と共に奏でた“JIKU”と“サザンカ”では、音楽と向き合う際の互いの純粋さが美しい透明感と優しさとなって響き合うような化学反応を生み出した。キャリアも音楽シーンでの立ち位置も異なるふたりだが、魂の奥底で共鳴している歌とサウンドの凛とした心地よさがリスナーにもきっと伝わるだろう。

前回は家入レオだけに話を聞いたが(家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び)、今回は小谷美紗子との対談により、この制作過程はもちろん、ふたりのシンパシーが生まれる根源のような部分を語ってもらった。共に10代でデビューし「自分らしさ」で戦ってきた彼女たちだからこそ優しく触れられる互いの軸があったのかもしれない。

デビューしたすぐの頃「久々に真っ直ぐな歌を歌う人が出てきたな」と思ったんですよ。(小谷)

—家入レオさんがアルバム『DUO』で、小谷美紗子さんとコラボされた“JIKU”と“サザンカ”、本当に素晴らしかったんですけど、どういう経緯で制作が始まったんですか?

家入:『TIME』(2018年2月リリース、5thアルバム)のツアーのときにドラムを玉田豊夢さんにお願いしたんですけど、打ち上げのときに「小谷美紗子さんのトリオでも叩いてるんだよ」っていうのをお聞きして。豊夢さんって、ちょっと妖精感があるというかファンシーなところがあるんですけど……。

小谷:ふふふふふ(笑)。

家入:「豊夢さんが叩きたくなる音楽を作ってるのはどんな方なんだろう?」と思って聴いてみたのが最初でした。それが去年の春頃かな。そのあと、いちファンとして小谷さんのライブに行ったんです。

小谷:池袋にある明日館の講堂だったね。

家入:グランドピアノで弾き語りのライブだったんですけど……すごかったんですよね……。小谷さんって、すごく小柄で可愛らしいし「うふふふふ」って子どもみたいに綺麗な透き通った声で笑う方だけど、歌い始めると結構際どいことを表現されていらっしゃるなと。そこに心を撃ち抜かれて。楽屋にお伺いしたときには勝手に口が「曲を書いてください」って言っちゃってました。

家入レオ(いえいり れお)<br>13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、青春期ならではの叫び・葛藤を爆発させた“サブリナ”を完成させた15のとき、音楽の道で生きていくことを決意。都内の高校へ通いながら、2012年2月メジャーデビューを果たす。2019年4月17日にニューアルバム『DUO』をリリースし、5月10日からはアルバムをひっさげて『家入レオ 7th Live Tour 2019 ~DUO~』(全20公演)の開催が決定している。
家入レオ(いえいり れお)
13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、青春期ならではの叫び・葛藤を爆発させた“サブリナ”を完成させた15のとき、音楽の道で生きていくことを決意。都内の高校へ通いながら、2012年2月メジャーデビューを果たす。2019年4月17日にニューアルバム『DUO』をリリースし、5月10日からはアルバムをひっさげて『家入レオ 7th Live Tour 2019 ~DUO~』(全20公演)の開催が決定している。

—小谷さんは初対面のレオさん、どんな印象でした?

小谷:そのときは他のアーティストの方も観に来てくれていて。私のライブはよく言うと刺激的、悪く言うと重いから、それを聴いてファンでいてくださるアーティストの方は目をウルウルさせながらこわごわ楽屋に入ってくるんです。だいたいみんなそうなんですけど、そこにレオちゃんだけ「ちぃーっす!」みたいな感じで入ってきて(笑)。でも目は潤んでいて、「照れ隠しなのかな、可愛い人だな」と思った。

家入:ふふふふふ(笑)。もう、その初対面の場で「じゃあ打ち合わせの日を決めましょう」ってなったんです。スタッフさん同士もいる打ち合わせもあったんですけど、そうじゃない繋がり方をしていきたいなと思ったから、ふたりでご飯に行って、そこでまた色々と話して。「小谷さんの、黄色い幼稚園バッグの中からナイフを出してくるような、そのエッセンスが欲しい」って言いました。

小谷美紗子(おだに みさこ)<br>1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。これまでに11枚のオリジナルアルバム、16枚のシングルをリリース。正真の音楽を作り続け、歌い続け、音楽ファンのみならず多くのミュージシャンや著名人からも支持を得ている。今年初の詩集『PARADIGM SHIFT』を発表し、その詩にメロディーをつけ、現在アルバム制作中。
小谷美紗子(おだに みさこ)
1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。これまでに11枚のオリジナルアルバム、16枚のシングルをリリース。正真の音楽を作り続け、歌い続け、音楽ファンのみならず多くのミュージシャンや著名人からも支持を得ている。今年初の詩集『PARADIGM SHIFT』を発表し、その詩にメロディーをつけ、現在アルバム制作中。

—なるほど(笑)。小谷さんはレオさんの音楽はもともと聴かれていたんですか?

小谷:はい、デビューしたすぐの頃「久々に真っ直ぐな歌を歌う人が出てきたな」と思ったんですよ。なんて言うのかな、自分の気合いとか声質とかありのままを、そのままで勝負してる感じがして。アーティストっぽく見せたいとかプロっぽく歌いたいとか、そういうのがなく、自信を持って「私は歌手なんだ」という意志を持って歌っている人だなって。

—そういう意味では今回一緒にやりましょうとなったときにもイメージは浮かびやすかった?

小谷:そうですね。私も自分が歌うときに心がけているのが、あんまり背伸びをしたり作り込んだりしないということで。そういうことに気がいくと、歌詞とかメロディの感情と自分の感情を合体させようとして気が散るから。

それをなるべくせずに歌うためには日頃から自信をつけとかなきゃいけなくて、それをずっと続けることは難しいような難しくないような曖昧なところなんですけど。そういう歌い手って、割と少ないんですよね。だから、そういう歌い手さんに出会うと同志だって感じるというか、嬉しくなります。

家入レオ
家入レオ

—レオさんの音楽と向き合うときの純粋さみたいなものに共鳴したんですかね。

小谷:そうですね。たとえば男の人が頭にカツラをつけてるとして、なぜそれをつけてるのかを言わずにそこに立ってると、壁ができるじゃないですか。「頭のことに突っ込んじゃいけないんだな」って思いながら、でも気になる。それに似ていて。すごく作り込んだ歌を歌ってる人とか、なにかのふりを演じているアーティストの人には、同じような壁を感じるんです。

家入:なるほど。たとえが面白い(笑)。

小谷:隠さずにそのままをさらけ出してくれたら、もっと本当に思ってることを話せるのに。

家入:なにかを隠してると本当の意味で繋がれないってことか。

小谷:そうそう。だから私自身もカツラとかつけないで(笑)、なるべく壁を作らないようにと思ってるんです。

家入:それを考えるとやっぱり、小谷さんって絶対的な自信を持っている方ですよね。なににも媚びないし。私はそこが大好きなところです。

Page 1
次へ

リリース情報

『DUO』初回限定盤A(CD+DVD)
家入レオ
『DUO』初回限定盤A(CD+DVD)

2019年4月17日(水)発売
価格:5,292円(税込)
VIZL-1551

[CD]
1.Prime Numbers
2.愛してないなら
3.Overflow
4.もし君を許せたら
5.Bicolor
6.Whenever
7.Neon Nights
8.JIKU
9.Spark
10.Bouquet
11.この世界で
12.サザンカ

[DVD]
1. Party Girl
2. 勇気のしるし
3. Bless You
4. miss you
5. Time after Time
6. Lady Mary
7. For you
8. 君に届け
9. Linda
10. ファンタジー
11. Hello To The World
12. サブリナ
13. Spark
14. Say Goodbye
15. 僕たちの未来

『DUO』初回限定盤B(CD+DVD)
家入レオ
『DUO』初回限定盤B(CD+DVD)

2019年4月17日(水)発売
価格:3,780円(税込)
VIZL-1552

[CD]
1.Prime Numbers
2.愛してないなら
3.Overflow
4.もし君を許せたら
5.Bicolor
6.Whenever
7.Neon Nights
8.JIKU
9.Spark
10.Bouquet
11.この世界で
12.サザンカ

[DVD]
Prime Numbers Music Video
Prime Numbers MV Making Movie

『DUO』通常盤(CD)
家入レオ
『DUO』通常盤(CD)

2019年4月17日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL- 65155

1.Prime Numbers
2.愛してないなら
3.Overflow
4.もし君を許せたら
5.Bicolor
6.Whenever
7.Neon Nights
8.JIKU
9.Spark
10.Bouquet
11.この世界で
12.サザンカ

イベント情報

『家入レオ7th Live Tour 2019 ~DUO~』

2019年5月10日(金)
会場:山梨県 YCC県民文化ホール(山梨県立県民文化ホール)

2019年5月12日(日)
会場:石川県 白山市松任文化会館

2019年5月19日(日)
会場:香川県 サンポートホール高松・大ホール

2019年5月24日(金)
会場:茨城県 日立市民会館

2019年5月26日(日)
会場:愛知県 名古屋国際会議場 センチュリーホール

2019年5月30日(木)
会場:北海道 コーチャンフォー釧路文化ホール

2019年6月1日(土)
会場:北海道 カナモトホール(札幌市民ホール)

2019年6月8日(土)
会場:岐阜県 バロー文化ホール(多治見市文化会館)

2019年6月9日(日)
会場:滋賀県 滋賀県立文化産業交流会館

2019年6月14日(金)
会場:秋田県 秋田市文化会館

2019年6月15日(土)
会場:宮城県 仙台銀行ホール イズミティ21

2019年6月21日(金)
会場:島根県 島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール

2019年6月22日(土)
会場:広島県 広島JMSアステールプラザ 大ホール

2019年6月28日(金)
会場:群馬県 太田市民会館

2019年6月30日(日)
会場:山形県 荘銀タクト鶴岡

2019年7月6日(土)
会場:静岡県 静岡市民文化会館中ホール

2019年7月13日(土)
会場:福岡県 福岡サンパレスホテル&ホール

2019年7月14日(日)
会場:長崎県 諫早文化会館

2019年7月19日(金)
会場:兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール

2019年7月27日(土)
会場:千葉県 幕張メッセ国際展示場9.10ホール

プロフィール

家入レオ
家入レオ(いえいり れお)

福岡出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、青春期ならではの叫び・葛藤を爆発させた“サブリナ”を完成させた15のとき、音楽の道で生きていくことを決意。翌年単身上京。都内の高校へ通いながら、2012年2月メジャーデビューを果たし、1stアルバム『LEO』がオリコン2週連続2位を記録。第54回日本レコード大賞最優秀新人賞他数多くの新人賞を受賞。翌2013年春高校を卒業。以降数多くのドラマ主題歌やCMソングなどを担当。2016年2月にはデビュー5周年を記念し初のベストアルバム『5th Anniversary Best』を発売。4月には同じく初の日本武道館公『5th Anniversary Live at 日本武道館』を開催し、チケットは即時完売・大成功に収める。2019年4月17日にニューアルバム『DUO』をリリースし、5月10日からはアルバムをひっさげて『家入レオ 7th Live Tour 2019』(全20公演)の開催が決定している。

小谷美紗子
小谷美紗子(おだに みさこ)

1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。これまでに11枚のオリジナルアルバム、16枚のシングルをリリース。正真の音楽を作り続け、歌い続け、音楽ファンのみならず多くのミュージシャンや著名人からも支持を得ている。近年では2016年にデビュー20周年を迎え、今年初の詩集『PARADIGM SHIFT』を発表し、その詩にメロディをつけ、現在アルバム制作中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも