特集 PR

ウォーリー木下×しりあがり寿 分断する時代のフェスティバルとは

ウォーリー木下×しりあがり寿 分断する時代のフェスティバルとは

『ストレンジシード静岡』
インタビュー・テキスト
中島晴矢
撮影:豊島望 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

社会や芸術など、あらゆる場面で分断が起こっている今。静岡に拠点を置くSPAC(静岡県舞台芸術センター)芸術総監督である宮城聰は、以前CINRA.NETのインタビューでこう語っていた。

さまざまな分断が芸術や社会にはありますが、そこに一石を投じるものとして「フェスティバル」は機能するかもしれないと、僕は思っているんですね。(中略)お祭りは、人間の社会に必ず生じてしまう分断を縫合するために編み出された「人間の知恵」と言えるでしょう。

SPACが主催する国際演劇祭『ふじのくに⇄せかい演劇祭』が今年も開催される。劇場で上演される多彩な舞台に加えて行われるのが、静岡市街地を使った野外演劇フェスティバル『ストレンジシード静岡』だ。観客が劇場に来るのではなく、演劇が街中に出て行くことで、市民と演劇との分断を埋める本フェスティバルは、今回で4回目の開催となる。

フェスティバルのプログラムディレクターで演出家のウォーリー木下と、関連企画『ずらナイト』のホストを務める静岡出身の漫画家・しりあがり寿に、分断を縫合するフェスティバルの意義を語ってもらった。

制約のない、とにかくいろんなものが混ざった場が好きなんです。(しりあがり)

—しりあがりさんは、先日のプレス発表会の際に『ずらナイト』のテーマを「反分断」とおっしゃっていましたね。

しりあがり:分断をなくしたいという気持ちは以前からありました。僕は10年ほど前から、音楽やお笑いなどをとにかくごちゃ混ぜにした『さるフェス』(『さるハゲロックフェスティバル』)というイベントを主催しているんですけど、それも分断をなくしたいという気持ちから始めたものです。

僕は普段、漫画を描いたり、ちょっとアートをやったりしているんですけど、ずっとひとつの産業の中だけでものを作ることに不自由さを感じていて。例えば漫画は、だいたいA5版の中で表現しなきゃいけないでしょ。本屋さんの棚を考えれば当たり前なんだけど、僕はそれがもう、けっこうしんどい(笑)。

左から:ウォーリー木下、しりあがり寿
左から:ウォーリー木下、しりあがり寿

—ある意味、漫画家として活躍されているのがすごいです(笑)。

しりあがり:だから、そういう制約のない、とにかくいろんなものが混ざった場が好きなんです。そういう場所にこそ、新しくて面白いものが生まれると思っているので。

—『ストレンジシード静岡』の関連企画である『ずらナイト』も、そういったあらゆるジャンルが交わり合う場所ですね。

しりあがり:『ずらナイト』ではジャンルだけではなく、イベントの1日目と2日目、アマチュアとプロ、見る人とやる人といったあらゆる「分断」をなくして、それら全部を「つなげる」ような場所を作ろうと考えています。

ウォーリー:もともと、夏の夜に駿府城で『さるフェス』みたいなイベントをやろうという話が出ていたんですよね。

しりあがり:でもそれだと大規模になるし、自信なくてさ(笑)。それで『ストレンジシード静岡』の夜のプログラムに組み込んでもらったんです。出し物はトークとお笑いと音楽を予定していて、カフェでそれらを見ながら、飲んでしゃべる。静岡の夜は集まれる場所が少なくてさみしいから、とにかくいろいろなものが混ざる場所になれば。

ウォーリー:フェスティバルバーのようになるでしょうね。

左から:ウォーリー木下、しりあがり寿

これだけ情報が溢れてしまったら「分断やむなし」とも思います。(しりあがり)

—宮城聰さんが以前、CINRA.NETの取材で、演劇界においても「分断」があると話していますが(参考記事:『東京芸術祭』は現代の人々に生じる分断を解消する「お祭り」)、ウォーリーさんはそういった「分断」を感じることはありますか?

ウォーリー:僕が神戸で劇団(劇団☆世界一団)を旗揚げした翌年に、阪神淡路大震災が起きました。復興記念フェスティバルを行うことになり、東京や地方から多くの出演者に神戸まで来てもらって、朝から晩まであらゆるジャンルの出し物をしてもらったんです。一見、異なる表現のステージなのに、見続けていると共通点が見えてきたりするんですよ。それって、たくさんのものをいっぺんに見たから感じたことだと思うんですよね。自分が興味のあるジャンルだけ見ているのでは、そうはならないと思うから。

ウォーリー木下(うぉーりー きのした)<br>演出家・劇作家。神戸大学在学中に演劇活動を始め、現在は「sunday」の代表として全ての作品の作・演出を担当。外部公演も数多く手がけ、役者の身体性に音楽と映像とを融合させた演出を特徴としている。
ウォーリー木下(うぉーりー きのした)
演出家・劇作家。神戸大学在学中に演劇活動を始め、現在は「sunday」の代表として全ての作品の作・演出を担当。外部公演も数多く手がけ、役者の身体性に音楽と映像とを融合させた演出を特徴としている。

—固定されたジャンルの枠の中にいたら、頭も固くなってきますよね。

しりあがり:ただ僕は、これだけ情報が溢れてしまったら「分断やむなし」とも思います。好きな情報だけでお腹いっぱいになっちゃう人たちに、興味がないものまで見せるのは相当無理がある。あるいは、もともと分断していたのがインターネットが登場したことで、みんなの眼に明らかになっただけかもしれない。だから分断前提でそこから混ぜていけばよい気がします。

—それは漫画家としても感じることでしょうか?

しりあがり:そうですね。漫画やメディアの仕事をしていると、「現実とファンタジー」の間の「分断」を感じることが多々あります。だけどファンタジーがリアリティーを求めて現実をお手本にするだけでなく、現実の側もファンタジーからよりよいビジョンを持ち込むような。

一概にファンタジーにハマる=現実逃避のような一方通行としてとらえるのでなく、もっと両者にダイナミックな交流があってもいい気がします。コスプレなんてその先駆けかもね(笑)。

しりあがり寿(しりあがり ことぶき)<br>1958年静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグ漫画家として注目を浴びる。
しりあがり寿(しりあがり ことぶき)
1958年静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグ漫画家として注目を浴びる。

しりあがり:演劇やダンスは生身の身体で表現をするわけなので、漫画やアニメのように空を飛んだりできない。ファンタジーは死んだって生き返れるもんね。そういう「現実とファンタジー」がどう混ざっていくか楽しみです。

Page 1
次へ

イベント情報

『ストレンジシード静岡2019』
『ストレンジシード静岡2019』

2019年5月3日(金・祝)~6日(月・振休)
会場:静岡市 駿府城公園、静岡市役所、葵区役所など静岡市内
料金:無料

参加アーティスト:
《海外》
Magik Fabrik
HURyCAN
《国内》
ままごと × 康本雅子
梅棒
黒田育世(BATIK)
範宙遊泳
ロロ
山田うん
FUKAIPRODUCE羽衣
ホナガヨウコ企画
KPR/開幕ペナントレース
川村美紀子 × 米澤一平
いいむろなおきと静岡ストレンジシーズ
壱劇屋
オイスターズ
劇団こふく劇場
ブルーエゴナク
カゲヤマ気象台
劇団 短距離男道ミサイル
渡邉尚(頭と口)
突劇金魚
Mt.Fuji
劇団「Z・A」
TEAM 劇街ジャンクション
超歌劇団
富士フルモールド劇場

プロフィール

ウォーリー木下(うぉーりー きのした)

演出家・劇作家。神戸大学在学中に演劇活動を始め、現在は「sunday」の代表として全ての作品の作・演出を担当。外部公演も数多く手がけ、役者の身体性に音楽と映像とを融合させた演出を特徴としている。また、ノンバーバルパフォーマンス集団「THE ORIGINAL TEMPO」のプロデュースにおいてエジンバラ演劇祭にて5つ星を獲得するなど、海外で高い評価を得る。10カ国以上の国際フェスティバルに招聘され、演出家として韓国およびスロヴェニアでの国際共同製作も行う。2018年、神戸アートビレッジセンター(KAVC)の舞台芸術プログラムディレクターに就任。最近の作品にハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズ、舞台「スケリグ」、舞台「年中無休!」などがある。6月にはミュージカル「リューン~風の魔法と滅びの剣」再演が開幕予定。

しりあがり寿(しりあがり ことぶき)

1958年静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』でマンガ家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳 1

    菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳

  2. 川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート 2

    川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート

  3. 清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場 3

    清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場

  4. Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演 4

    Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演

  5. アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも 5

    アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも

  6. 『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載 6

    『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載

  7. 大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る 7

    大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る

  8. ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演 8

    ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演

  9. アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も 9

    アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も

  10. 『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves” 10

    『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves”