特集 PR

chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

『TOKYO FANTASHION 2019 May』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:相澤有紀 編集:川浦慧、石澤萌(CINRA.NET編集部) 衣装協力:ユキヒーロープロレス、Y.O.N.

等身大のラップを歌い、着飾ることなく自分たちのスタイルで活躍するラップユニットchelmico。2人のファッションにも、等身大の「ゆるさ」と「遊び心」を忘れない自分たちらしさがある。

新進気鋭のファッションブランドが集結する1日限りのイベント『TOKYO FANTASHION 2019 May』が5月25日、東京・国際フォーラムにて開催される。本イベントは、無料で観覧できる本格的なファッションショーをはじめ、デザイナー本人から着こなしのアドバイスが受けられるポップアップストア、日本のテキスタイル産地と次世代デザイナーによるコラボ作品の展示などを展開。東京のファッションシーンの「今」を世界に発信するイベントだ。

今回、本イベントに参加するファッションブランド「ユキヒーロープロレス」と「Y.O.N.」のアイテムを着用したchelmicoの2人と一緒に、渋谷の街を歩いてみた。それぞれ強烈な個性を持つ彼女たち、ラップで歌い、ファッションで見せる「自分たちらしさ」は、どのようにして培われてきたのだろうか。

「こういう生き方しかできないわ!」って、ダメなところを認めると楽になるよね。(Mamiko)

—chelmicoの音楽は、等身大の自分らしさをラップに乗せて歌っていますよね。その姿勢は、2人のファッションにも繋がっているのかなと思います。

Rachel:確かにそうですね。リラックスした歌詞が多いし、ファッションも第一に「楽な格好」(笑)。ライブでも動きやすいし。

Mamiko:“Timeless”という曲でRachelが、<誰とおんなじ服着てても私は私>って歌ってるし。

chelmico(ちぇるみこ)<br>Rachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)からなるラップユニット。等身大のリリックのおもしろさは勿論、その可愛らしい容姿から想像を絶するラップスキルと、キャッチ―なメロディーに乗せる滑らかなフロウが音楽業界の全方位から大評価を受ける。
chelmico(ちぇるみこ)
Rachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)からなるラップユニット。等身大のリリックのおもしろさは勿論、その可愛らしい容姿から想像を絶するラップスキルと、キャッチ―なメロディーに乗せる滑らかなフロウが音楽業界の全方位から大評価を受ける。

Rachel:無理しないことが大事だよね。

Mamiko:ラッパーになってからはより自分らしく、ありのままでいられるようになったかもしれない。「こういう生き方しかできないわ!」っていうか(笑)。ダメなところを認めると楽になるよね。

左から:Rachel、Mamiko<br>着用アイテム:Rachel着用:マスクマン刺繍Tシャツ9,504円、ブロックチェックパンツ21,384円 / Mamiko着用:ナニコラタココラシャツ18,144円、マイクパフォーマンス刺繍切替ワークパンツ21,384円 / ともにユキヒーロープロレス / その他本人私物
左から:Rachel、Mamiko
着用アイテム:Rachel着用:マスクマン刺繍Tシャツ9,504円、ブロックチェックパンツ21,384円 / Mamiko着用:ナニコラタココラシャツ18,144円、マイクパフォーマンス刺繍切替ワークパンツ21,384円 / ともにユキヒーロープロレス / その他本人私物
左から:Rachel、Mamiko

—ダメなところを認めるって、大事なことですよね。新曲の“switch”でも、<得意分野を活かすさ 凡才、凡才、凡才でも 3人寄ればなんでもできる気がする>というラインとか、そういうことが歌われています。

chelmico“switch”を聴く(Apple Musicはこちら

Rachel:私たち2人だけではなにもできなくて。例えば、バックDJの%Cだったり、いつも一緒にいてくれているスタッフのおかげでやっていけてるので。そういうことを考えながら書きました。それぞれの得意分野を持ち寄って、協力し合うというか。

今日の取材でも、カメラマンの方は撮影が得意で、ライターの方は文章を書くのが得意で、みんなで集まって得意分野を持ち寄って、ひとつのものを作っていくのっていいなぁって思います。それはchelmicoをやるようになって、より感じるようになりました。

Rachel

—<それぞれのさじ加減で バレないように遊ぼう>というラインも印象的です。緊張感を持って仕事するのも大事だけど、どこかで肩の力を抜いたり、遊び心を入れたりすることも同じくらい大事だよなって。

Mamiko:うちら強要はしないからね。遊び心の分量も、それぞれのさじ加減があると思うし。

Rachel:強要はしたくないよね。あくまでも、提案っていうか。「私たちはこう思うけど、そっちはどう?」みたいな。

Mamiko:その人らしく振る舞えることが、いちばん大事だと思います。

Mamiko

—2人のファッションには、ルールみたいなものはあります?

Rachel:chelmicoをやると決めた時に、「衣装を合わせてやろう」って話していて、その時はお揃いのオーバーオールだったんですよ。

Mamiko:白と黒の色違いで。だけど、それだとちょっと可愛すぎるし、アイドルに見られることが多くて。「どうしよう?」って考えながら、しばらく私服でライブに出たんです。

Rachel:なんとなくは合わせていたけど、普段の自分たちのままだからリラックスできるし、より等身大になっていった気がします。

Mamiko:夏になると、白Tにジーンズで出ることが多くなって「もうこれでいいじゃん」って(笑)。

Rachel:そこから、こんな感じのスタイルになっていきましたね。ライブやアーティスト写真では、お揃いのツナギを着ることもあるけど、衣装も、私服とあんまり変わらないです。

左から:Rachel、Mamiko
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『TOKYO FANTASHION 2019 May』
『TOKYO FANTASHION 2019 May』

2019年5月25日(土)12:00~19:00
会場:東京都 東京国際フォーラム ホールB7
(東京都千代田区丸の内3-5-1)

新進気鋭のブランドが東京国際フォーラムに集結! 1日限りのファッションイベント『TOKYO FANTASHION(トーキョーファンタッション)』を開催します。ファッションショー、ポップアップストア、日本のテキスタイル産地とのコラボ展示など、東京の新しい才能を体感できるコンテンツがもりだくさん!入場無料・事前申込不要。

リリース情報

chelmico『switch』
chelmico
『switch』

2019年5月17日(金)配信

chelmico
『Fishing』(CD)

2019年8月発売

イベント情報

chelmico
『Fishing Tour』

2019年9月7日(土)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2019年9月14日(土)
会場:宮城県 仙台 MACANA

2019年9月16日(月・祝)
会場:北海道 札幌 SPiCE

2019年9月20日(金)
会場:愛知県 名古屋 CLUB QUATTRO

2019年9月22日(日)
会場:大阪府 梅田 CLUB QUATTRO

2019年9月29日(日)
会場:東京都 マイナビBLITZ赤坂

プロフィール

chelmico
chelmico(ちぇるみこ)

Rachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)からなるラップユニット。2014年に結成、2016年に1stAlbum「chelmico」、昨年9月には「EP」をリリース。等身大のリリックのおもしろさは勿論、そのかわいらしい容姿から想像を絶するラップスキルと、キャッチ―なメロディーに乗せる滑らかなフロウが音楽業界の全方位から大評価を受ける。さらに、HIP HOPという枠に捉われないPOPセンスと2人の自由気ままなキャラクターが、クリエイターからの注目を集め、新人ながら企業のCMやwebCMのオファーが殺到!2018年8月にワーナーミュージック・ジャパンアンボルデからメジャーデビュー。2019年1月にリキッドルームを含む自身初の東名阪ワンマンツアーを行い全会場SOLD OUT!ライブも精力的に行われている一方で、音楽のフィールドを超え様々な方面で活動中!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性