特集 PR

Ghost like girlfriendを形成した過去の亡霊。歌の始まりを語る

Ghost like girlfriendを形成した過去の亡霊。歌の始まりを語る

Ghost like girlfriend『Version』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:ヤオタケシ 編集:矢島大地(CINRA.NET) 

Ghost like girlfriendが初のフルアルバム『Version』を完成させた。高校卒業後に淡路島から上京し、本名の「岡林健勝」名義で活動するもなかなか芽が出ず、2017年にGhost like girlfriendを名乗り、一切ライブを行わない、匿名性の高い活動をスタート。すると、最初に公開された“fallin'”のアーバンかつソウルフルな作風がすぐに評判を呼び、これまで『WEAKNESS』『WITNESS』『WINDNESS』という3枚のミニアルバムを発表した。

3月7日には初ライブにして初ワンマンを念願だった渋谷WWWで開催し、見事にソールドアウト。打ち込みと生楽器を組み合わせた自由なアレンジに、歌謡曲風のメロディーを乗せ、その楽曲力の高さがストリーミングサービスを通じて話題を呼び、メジャーデビューにまで至るという流れは、まさに「現代の寵児」という言葉がよく似合う。

しかし、岡林は今回のインタビューで作品に対する自信を語ると同時に、現状に対する戸惑いも包み隠さず話してくれた。しかも、その戸惑いは匿名で活動していた2年間以上に、現在の方がより色濃くなっているとさえ言う。「彼女のような幽霊」とは、寄り添ってくれる音楽なのか、それとも、消えてくれない孤独の影か。岡林の言葉に耳を傾けてみよう。

再生回数を見ても、パラレルワールドの自分を見てるような。確実に自分の出来事なんですけど、でもよその出来事としてしか捉えられないっていうのが正直な心境なんです。

―Ghost like girlfriendを名乗って、顔出しをせず、ライブもせずに過ごしてきたこの2年間というのは、岡林くんの音楽人生においてどんな意味のある2年間だったと言えますか?

Ghost like girlfriend(以下GLG):最初のミニアルバム(『WEAKNESS』)を作り出した頃は、「自分の音楽はこういうもの」っていうのが固まってると思ってたんですけど、意外とそうでもないんだなって、一つひとつ探りを入れながら、いろんな分野に風呂敷を広げる作業を2年間やってきたので、今後にとってもすごく豊かな2年間でした。ただ、2年間表に出なかったので、人に会いたい気持ちが強くなった2年間でもあり……いろんなものに飢えてた2年間だったと思います。

Ghost like girlfriend(ごーすと らいく がーるふれんど)<br>兵庫県淡路島出身。2017年に始動した、岡林健勝によるソロプロジェクト。素顔を明かさぬまま『WEAKNESS』、『WITNESS』、『WINDNESS』の3部作を2017年から2019年にかけて発表。2019年7月10日にメジャーデビューアルバム『Version』をリリース。
Ghost like girlfriend(ごーすと らいく がーるふれんど)
兵庫県淡路島出身。2017年に始動した、岡林健勝によるソロプロジェクト。素顔を明かさぬまま『WEAKNESS』、『WITNESS』、『WINDNESS』の3部作を2017年から2019年にかけて発表。2019年6月19日にメジャーデビューアルバム『Version』をリリース。

―楽曲そのものが着実に広がっていった一方で、当然焦りや葛藤もあったでしょうしね。

GLG:すごくありましたね。表に出ないのを決めたのはもちろん自分の意志でもあるんですけど、もともとはスタッフさんからの提案で、そこから先は自分やプロデューサーのShigeさんとふたりで舵を切りながらやってきたんです。まずは自分の気持ちを1%でも削らないような音楽を作って、純度を高めた上で届けようという気持ちがあったので、そういうものを作るのに「表に出ない」というのはすごく適してたと思います。

ただ、「届いてる」って実感はなくて……それは今もそうなんです。なので、「この時間が報いを受けることってあるのかな?」って思う瞬間はたくさんあったなって、今振り返ると思います。

Ghost like girlfriendが素顔を出さなかった当時のビジュアル
Ghost like girlfriendが素顔を出さなかった当時のビジュアル

―最初に公開された“fallin'”の再生回数がどれだけ増えても、なかなか実感は得られなかった?

GLG:そうですね……万が一ですけど、スタッフさんが裏で大量の金をはたいて、再生回数を伸ばしてることも考えられるじゃないですか?(笑)

―まあ、可能性ゼロとは言えないけど(笑)。

GLG:そう思ってしまうくらい、本名でやってたときと比べると、考えられないような広がり方だったんです。かといって、暮らしぶりが変わったかっていうとそうでもなかったから、今も実感はまだなくて……再生回数を見ても、パラレルワールドの自分を見てるような感じというか。確実に自分の出来事なんですけど、でもよその出来事としてしか捉えられないっていうのが正直な今の心境なんです。だから、まだ何もなし得てないなって感覚が強くて……こんなインタビューでいいんですかね?(笑)

―岡林くんのリアルな心情が伝えられればと思うので、ありがたいです。ただ、今年の3月7日にGhost like girlfriendとしての初ライブが渋谷WWWであって、いきなりのワンマンライブが成功したわけですから、そこでは実感が得られたんじゃないですか?

GLG:WWWでのワンマンは『WEAKNESS』を出すよりももっと前、4年くらい前からずっと夢に見ていたので、何回もあの光景を想像しながら、ミニアルバムを3枚作らせてもらって……でも、夢に見過ぎたせいか、ステージに立っても夢心地だったというか……ちゃんと自分の楽曲を受け止めてくれてるのはすごくわかったし、自分がちゃんと生きてきて、この日を迎えられたって実感もあったんですけど……。

Ghost like girlfriend

GLG:でも、あまりにステージ上から見る光景がきれいすぎて、プロジェクションマッピングみたいに感じちゃって、ステージから降りた途端に、「あれ? さっきまで歌ってたんだよな」みたいな感じになっちゃったんですよ。再生回数に対する疑問とか、あの日で真っ新になると思ってたんですけど、逆に疑念が募る形で終わったというか、幸せな心地にされ過ぎて……逆に大丈夫かなって(笑)。

Ghost like girlfriend
Page 1
次へ

リリース情報

Ghost like girlfriend『Version』初回限定盤
Ghost like girlfriend
『Version』初回限定盤(2CD)

2019年6月19日(水)発売
価格:3,456円(税込)
UPCH-29331

1. Last Haze
2. girlfriend
3. Midnight Rendez-Vous
4. sands
5. pink
6. あれから動けない
7. shut it up
8. burgundy blood
9. Under the umbrella
10. fallin'
11. feel in loud

ボーナスCD:
1. fallin'(AmPm remix)
2. 煙と唾(EVISBEATS remix)
3. (want)like(lover)(パソコン音楽クラブremix)
4. 髪の花(SASUKE remix)
5. Tonight(Night Tempo remix)
6. cruise(TiMT remix)

Ghost like girlfriend
『Version』通常盤

2019年6月19日(水)発売
価格:3,024円(税込)
UPCH-20517

1. Last Haze
2. girlfriend
3. Midnight Rendez-Vous
4. sands
5. pink
6. あれから動けない
7. shut it up
8. burgundy blood
9. Under the umbrella
10. fallin'
11. feel in loud

イベント情報

『Tour Virgin』

2019年7月1日(月)
会場:東京都 恵比寿LIQUIDROOM

2019年7月4日(木)
会場:大阪府 Shangri-La

プロフィール

Ghost like girlfriend(ごーすと らいく がーるふれんど)

兵庫県淡路島出身。2017年に始動した、岡林健勝によるソロプロジェクト。素顔を明かさぬまま『WEAKNESS』、『WITNESS』、『WINDNESS』の3部作を2017年から2019年にかけて発表。2019年6月19日にメジャーデビューアルバム『Version』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初