特集 PR

KEN THE 390を変えた3つの出会い。自分らしく闘ってきた道のり

KEN THE 390を変えた3つの出会い。自分らしく闘ってきた道のり

『Park Live』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:鳥居洋介 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「音楽との偶発的な出会い」をコンセプトに、東京・銀座にある「Ginza Sony Park」で毎週金曜日の夜をはじめ、不定期に行われている入場無料のライブプログラム『Park Live』。毎回、ジャンル、世代、国境を超えた様々なアーティストが出演するこのイベントに、去る5月24日、MCバトル番組『フリースタイルダンジョン』の審査員でも知られるラッパーのKEN THE 390が出演した。

KEN THE 390は、Ginza Sony Park内にあるサテライトスタジオ「TOKYO FM | Ginza Sony Park Studio」にて毎週金曜日に公開生放送しているラジオ番組『TOKYO SOUNDS GOOD』のメインパーソナリティーも務めており、Ginza Sony Parkにゆかりのある人物だ。ラジオの生放送を終えた後のライブとなったこの日のステージの模様を、終演後のインタビューと共に振り返る。

「枠の外にいる人たちに対する憧れは、いまでも残っている気がします」

この日の「Ginza Sony Park」地下4階は、フロア中央には飲食を楽しみながらライブ鑑賞できるテーブル席が設置されており、その周りを取り囲むようにスタンディングの観客がステージを見つめている。

さらに、KEN THE 390と共に『TOKYO SOUNDS GOOD』でパーソナリティーを務めるチーム未完成の砂糖シヲリの司会で始まるという、様々な面で通常のライブとは違った特殊な空間だったが、KEN THE 390は1曲目“Rain”からDJと生ドラムをバックにした3人編成の強みを生かし、屈強なパフォーマンスを繰り広げる。そのステージ上の立ち姿からは、どんな場所でも関係なく己を貫き通すことができそうな力強さを感じさせた。まずは終演後、彼にとってのライブ作りに対する考え方を聞いてみた。

ライブ中の様子
ライブ中の様子
ライブ中の様子

―今日のライブはいかがでしたか?

KEN THE 390:今日はスタンディングと座りが混ざっていたので、最初はビックリしましたけど(笑)、「よく見てくれている」っていう空気感もひしひしと伝わってきたので、普段、オールスタンディングでやるときには勢い任せになりがちなところを、「丁寧にやるべきところは丁寧にやろう」っていう集中力を発揮できた気がしますね。あと、銀座のビルでヒップホップをガンガンに鳴らしてできるっていうのは、いいですよね(笑)。

―KEN THE 390さんにとって、理想の「ライブ作り」、ひいては「場作り」というものは、どのようなものなのでしょう?

KEN THE 390:僕が自分のライブに求めるものって、「場作り」というよりは、とにかく自分自身が身軽でありたいっていうことなんです。ラッパーだから、どんな場所にだって行くんですよ。だからこそ、常に「手ぶらで、いつでも行けるぜ」感を持っておきたいというか。

もちろん、構築していくライブも素敵だと思うんですけど、究極は、「いまからここでライブをしてください」と言われても、確実にその場を盛り上げてサッと帰っていくようなことができれば、かっこいいと思うんです。もちろん、それは適当にやる、ラフにやるっていうことではなくて。身軽であるには経験値が必要だし、「ここではこの曲だ」っていうことを瞬時に判断できる「場を読む力」も必要になってくる。そういう能力に憧れがあるんですよね。

KEN THE 390(けんざさんきゅーまる)<br>1981年6月17日生。ラッパー、音楽レーベル「DREAMBOY」主宰。フリースタイルバトルで実績を重ねたのち、2006年にアルバム『プロローグ』をリリース。2011年12月に主宰レーベル・DREAMBOYを設立し、活発なアーティスト活動を続けながら、レーベル運営からイベントプロデュースに至るまで多岐にわたって活躍している。
KEN THE 390(けんざさんきゅーまる)
1981年6月17日生。ラッパー、音楽レーベル「DREAMBOY」主宰。フリースタイルバトルで実績を重ねたのち、2006年にアルバム『プロローグ』をリリース。2011年12月に主宰レーベル・DREAMBOYを設立し、活発なアーティスト活動を続けながら、レーベル運営からイベントプロデュースに至るまで多岐にわたって活躍している。

―身ひとつで動くというのは、粋な感じもしますよね。今日、砂糖シヲリさんとのトークで、任侠映画がお好きだというお話もされていたじゃないですか。そういった感性も、「身ひとつ」で動くということへの意識につながっていたりしますかね?

KEN THE 390:どうでしょうね?(笑) でも、僕がヒップホップを好きになったきっかけも、枠外の人のかっこよさに憧れた部分はありますからね。

僕は高校で進学校に通っていたので、勉強もするし規則も守る真面目な生活を送っていたんです。そういうときにラッパーという存在を見ると、彼らはまったく規則を守っていなくて(笑)。無茶苦茶な人も多かったけど、それがすごくかっこよく見えたんですよね。「この人たちは、自分が持っていないものを確実に持っているんだ」と思った。

いま、大人になった自分がそういう人たちの真似をするかと言えば、そうではないですけど、でも、枠の外にいる人たちに対する憧れは、いまでも残っている気がします。だから、任侠映画やメキシコのカルテルものの映画なんかも好きなんですよね。

ライブ中の様子
ライブ中の様子
Page 1
次へ

イベント情報

『Park Live』

2019年5月24日(金)
会場:Ginza Sony Park 地下4階

ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となる"Park Live"。音楽との偶発的な出会いを演出します。
開催日:毎週 金曜日20:00 - 、不定期

リリース情報

KEN THE 390
『Unbirthday』(CD)

2019年5月22日(水)発売
価格:3,240円(税込)
DBMS-0045

1. You Like That
2. Rain
3. Black Hole
4. Won’t Stop
5. Nobody Else feat. ACE COOL.MOMENT JOON
6. Let Me Know
7. 何もしたくない
8. どうでもいい
9. Secret feat. Ymagik
10. Hollywood
11. Play That Music

イベント情報

『KEN THE 390 Unbirthday’s Birthday Tour』

2019年7月18日(木)
会場:東京都 WWW

2019年7月20日(土)
会場:福岡県 Kieth Flack

2019年7月25日(木)
会場:愛知県 名古屋 HeartLand

2019年8月3日(土)
会場:大阪府 CONPASS

プロフィール

KEN THE 390
KEN THE 390(けんざさんきゅーまる)

1981年6月17日生。読みはケン・ザ・サンキューマル。ラッパー、音楽レーベル”DREAMBOY”主宰。フリースタイルバトルで実績を重ねたのち、2006年に1stアルバム「プロローグ」をリリース。2011年12月に主宰レーベル・DREAM BOYを設立し、活発なアーティスト活動を続けながら、レーベル運営からイベントプロデュースに至るまで多岐にわたって活躍している。現在はテレビ朝日系で放送中のMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」に審査員としてもレギュラー出演中。2019年5月に10枚目のフルアルバム「Unbirthday」をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露