特集 PR

石若駿という世界基準の才能。常田大希らの手紙から魅力に迫る

石若駿という世界基準の才能。常田大希らの手紙から魅力に迫る

Answer to Remember『Tokyo』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部) 取材協力:STUDIO dede

2019年も半分を過ぎて、今年は2020年代に向けた地殻変動の年だという印象が強くなってきている。上半期において印象的だったのは、King Gnuでも活躍する常田大希が本格始動させた「millennium parade」。そして、おそらく下半期の目玉になるであろう動きが、millennium paradeにも参加し、数多くのバンドで活躍しているドラマー・石若駿による新プロジェクト「Answer to Remember」だ。ジャズを基軸に、同世代の優れたミュージシャンが集結することで、他にない独自の楽曲を生み出すこのプロジェクトは、間違いなく2020年代の音楽シーンを牽引し、新たな基準となることだろう。

Answer to Rememberの本格始動を前に、今回は改めて石若駿という音楽家の魅力を解き明かすべく、彼と関係の深い人物から手紙をもらい、それを基に石若自身にこれまでのキャリアを振り返ってもらった。ジャズとクラシックをバックグラウンドにプレイヤーとしての実力を身につけつつ、ポップミュージックから現代音楽に至るまで、開かれた姿勢で様々な音楽に接し、自らの表現を確立しようとする。そんな26歳の現在地がここに。

小学5年生のときに日野皓正さんが「中学校卒業したら、俺のバンドに入れよ」って言ってくれて。

石若駿

―今日は石若さんのことをよく知る方々からお手紙をいただき、それを読みながら、これまでのキャリアを振り返ってもらおうと思います。早速ですが、まずは東京藝術大学時代の恩師である杉山智恵子先生からです。

私は、駿君が北海道から単身で上京し、2008年東京藝術大学附属高校に入学してから東京藝術大学で過ごした期間を、打楽器の講師として共に過ごして参りました。正に彼のミュージシャンとしての実力を高めるべく重要な時期に彼に関われた事を大変光栄に思っております。芸高に入学してきた際には、既にプロの仲間と演奏活動を展開していましたし、とにかく『凄い子が入ってきた』と、前評判が高かったです。

何より彼の素晴らしいところは、謙虚に何事にも取り組む姿勢です。彼は私に、芸高芸大で打楽器の基礎と音楽をしっかり学び、更にオーケストラや吹奏楽、アンサンブル・現代曲の初演etc. 全てをやりたいと宣言しました。そしてそれを見事に有言実行しました。

正に彼の実力・魅力の原点は、豊かで恵まれた環境の芸術の森=上野にある音大のトップ校=芸大でアカデミックな芸術を学んだ事。そして、ジャンルを超えた音楽作りへの留まる事のない向上心と探究心ではないかと思います。

益々の活躍を期待すると共に、健康管理もしっかりね!!と母の思いで見守っている駿くんのファンの一人より。

東京藝術大学講師 杉山智恵子

石若:涙が出ますね。杉山先生は、本当に東京のお母さんのような存在です。

石若駿(いしわか しゅん)<br>1992年、北海道清里町生まれ。札幌市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校・打楽器専攻を経て、同大学音楽学部器楽科打楽器専攻を卒業。卒業時に『アカンサス音楽賞』『同声会賞』受賞。2002~2006年まで札幌ジュニアジャズスクールに在籍し本格的にドラムを演奏し始め、その間、ハービー・ハンコック、日野皓正、タイガー大越に出会い多大な影響を受ける。2019年7月、新プロジェクト「Answer to Remember」を始動。くるりのサポートメンバーとしても活躍している。
石若駿(いしわか しゅん)
1992年、北海道清里町生まれ。札幌市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校・打楽器専攻を経て、同大学音楽学部器楽科打楽器専攻を卒業。卒業時に『アカンサス音楽賞』『同声会賞』受賞。2002~2006年まで札幌ジュニアジャズスクールに在籍し本格的にドラムを演奏し始め、その間、ハービー・ハンコック、日野皓正、タイガー大越に出会い多大な影響を受ける。2019年7月、新プロジェクト「Answer to Remember」を始動。くるりのサポートメンバーとしても活躍している。

―杉山先生からは理論や技術はもちろん、他にもたくさんのことを教わったのかと思いますが、そのなかでも特に大きかったのはどんな教えでしょうか?

石若:「『る』の3原則」っていうのがあって、「魅せる、聴かせる、惹きつける」っていうのを毎回レッスンで言われてました。それはプレイするジャンルを問わず、今でもすごく大事にしてます。動きで魅せたり、繊細な音のコントロールで聴かせたり、いろんな点から「『る』の3原則」を学びました。

―そもそも、地元の北海道で、ご両親の影響もあって幼少期からビッグバンドでプレイしていた石若さんが、藝大の付属高校に進もうと思ったのはなぜだったのでしょうか?

石若:小学5年生のときに出会った日野皓正さんが「中学校卒業したら、俺のバンドに入れよ」って言ってくれたのがきっかけで。それから少しずつ東京に行きたい気持ちが強くなって、いろいろと検討したなかで中学1年のときに東京藝大付属高校(以下、芸高)に進路を決めました。

札幌交響楽団の大垣内英進さんに出会って、クラシックの打楽器の技術だけじゃなく、専門的な理論や歴史を含めた音楽全体を深く勉強したいと思ったり、藝大の教授の藤本隆文先生のレッスンを受けたり、中学3年間を通して、「東京に出たい」っていう気持ちが強くなるポイントが何度もあって。なので、中学では吹奏楽部に入ってたんですけど、ずっと芸高の受験のための練習をしていました。

石若駿

―芸高の受験って、かなり狭き門ですよね。

石若:そうですね。定員が40人なので、たとえば、ピアノ専攻で点数のいい人がたくさんいたら、そのままピアノ専攻だけで40人ってこともあり得るんです。打楽器専攻で入った人は5年ぶりだったそうで……頑張って勉強したので受かってよかったです(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

Answer to Remember『TOKYO featuring ermhoi』
Answer to Remember
『TOKYO featuring ermhoi』

2019年7月24日(水)配信

プロフィール

石若駿
石若駿(いしわか しゅん)

1992年、北海道清里町生まれ。札幌市出身。幼少からクラシックに親しみ、13歳よりクラシックパーカッションを始める。これまでにクラシックパーカッションを大垣内英伸,杉山智恵子,藤本隆文の各氏に師事。クラシック、現代音楽、新曲初演も行っている。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校打楽器専攻を経て、同大学音楽学部器楽科打楽器専攻を卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞受賞。2002~2006年まで札幌ジュニアジャズスクールに在籍し本格的にドラムを演奏し始め、その間、ハービー・ハンコック、日野皓正、タイガー大越に出会い多大な影響を受ける。2019年7月、新プロジェクト「Answer to Remember」を始動。くるりのサポートメンバーとしても活躍している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」