特集 PR

「渋谷系」とはなんだったのか? 野宮真貴×Boseが語り合う

「渋谷系」とはなんだったのか? 野宮真貴×Boseが語り合う

パルコ「50年目の、新しいパルコ。」
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:垂水佳菜 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

数年前から続いている「1990年代ブーム」にともなって、目下のところ何度目かの「渋谷系再評価」が進み、その動きは今や世界的に広がっている。北欧のクラブでは毎晩シティポップのレコードがスピンされ、細野晴臣のニューヨーク公演は大成功を収めた。マック・デマルコやデヴェンドラ・バンハートらが、その細野をフェイバリットアーティストに挙げたかと思えば、タイラー・ザ・クリエイターが新作の中で、山下達郎の“FRAGILE”をサンプリングして話題となったのも記憶に新しい。

折しも今秋、渋谷カルチャーを象徴する「渋谷パルコ」がリニューアルオープンする。パルコといえば、ピチカート・ファイヴがグランバザールやP'PARCOのCMに出演したり、スチャダラパーがP'PARCOのオープン記念に小沢健二と“今夜はブギー・バック”のライブを行なったりと、渋谷系とは浅からぬ仲と言えよう。

そこで今回CINRA.NETでは、野宮真貴とスチャダラパーのBoseという、渋谷系の当事者同士による対談を敢行。古今東西の音楽を等価で並べ、新しい解釈で構築し直す「サンプリングミュージック的手法」を、日本で初めて意識的にやり始めた「渋谷系」というムーブメントが今、再び注目を集めている理由について、一緒に考えてもらった。

当時、自分から「渋谷系です」と名乗るのはダサいイメージがあった。(Bose)

―そもそも「渋谷系」とはなんだったのか?というところを、当事者のお2人にお話しいただけたらと思うのですが。

Bose:ライターさん的にはどんな感じなんですか、渋谷系って。

―僕はBoseさんと同い年なので、まさにリアルタイムで渋谷系を浴びてきました。HMV渋谷店に足繁く通い、太田店長(太田浩。カリスマバイヤーと呼ばれたうちの1人)セレクトの売り場に思い切り影響を受けたリスニング体験をしてきています。

Bose:なるほど、渋谷系を謳歌していたのですね(笑)。確かに僕らも「渋谷系」って呼ばれてましたよ。“今夜はブギー・バック”を出した頃(1994年)ですよね。どこからどこまでが渋谷系なのかはよく分からなかったですけど。

左から野宮真貴、Bose
左から野宮真貴、Bose

Bose:ただ、僕が思うのは、渋谷系とは信藤三雄さん(アートディレクター、フォトグラファー。これまで1000枚以上のCDジャケットのデザインを手がける)がデザインしていたCDのことなんじゃないかなと。僕らは違うけど(笑)。

野宮:そうそう。それも要素として大きかった。

Bose:その中でもフリッパーズ・ギターの存在がでかくて、それに付随したものとして僕らもなぜかいた。TOKYO No.1 SOUL SETや、挙げ句の果てにはキミドリも渋谷系に入ってて。え、キミドリも? ってびっくりした記憶がある。

―暴力温泉芸者やEL-MALOも渋谷系って言われていましたからね。

Bose:そうなんですよね。やっぱり信藤さんのデザインと、太田さんの品揃えにみんな惑わされたってことですよ。

―以前、野宮さんも、「渋谷系とは、実は信藤三雄さんが手がけたアーティストのことを言うのではないか」とおっしゃっていましたよね。

野宮:そう。なぜなら、音楽性はそれぞれ違っていて、共通点といえば「信藤さんが手がけたアートワークの作品」ということくらいだったんですよね。もちろん、全ての作品が信藤さんデザインというわけではなかったけれど。

「HMV渋谷の太田店長を中心としたムーブメント」という側面も確かにありました。太田さんがセレクトした売り場には、いわゆる「渋谷系」と呼ばれるアーティストの作品と一緒に、彼らが影響を受けたとされる過去の作品も並べられていたんですよね。ちょうどあの頃、CDの端境期ということもあって、再発ブームが訪れていたのも大きいかもしれないです。

野宮真貴(のみや まき)<br>「ピチカート・ファイヴ」3代目ボーカリストとして、1990年代に一斉を風靡した「渋谷系」ムーブメントを国内外で巻き起こし、音楽・ファッションアイコンとなる。2016年より「野宮真貴、渋谷系を歌う。」というコンセプトでアルバムリリースやライブを積極的に行う。2019年はデビュー38周年を迎え、音楽活動に加え、ファッションやヘルス&ビューティーのプロデュース、エッセイストなど多方面で活躍中。
野宮真貴(のみや まき)
「ピチカート・ファイヴ」3代目ボーカリストとして、1990年代に一斉を風靡した「渋谷系」ムーブメントを国内外で巻き起こし、音楽・ファッションアイコンとなる。2016年より「野宮真貴、渋谷系を歌う。」というコンセプトでアルバムリリースやライブを積極的に行う。2019年はデビュー38周年を迎え、音楽活動に加え、ファッションやヘルス&ビューティーのプロデュース、エッセイストなど多方面で活躍中。

―確かに。ルーツを遡って聴いてみたり、プロデューサーやセッションプレイヤーなど横のつながりをチェックしてみたりっていう音楽の楽しみ方は、あの売り場で学んだと言っても過言ではないかもしれません。

野宮:ただ、呼ばれていた当人たちは別に「渋谷系」を名乗っていたわけでもないんですよね。私も今はもう、自分から言っちゃってますけど(笑)。

Bose:今言うとウケますからね(笑)。ただ、少なくとも当時、自分から「渋谷系です」と名乗るのはダサいイメージがあったと思う。

Bose(ぼーず)<br>ラップグループ、スチャダラパーのMC担当。1990年にデビューし、1994年“今夜はブギー・バック”が話題となる。以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。2017年に“ミクロボーイとマクロガール/スチャダラパーとEGO-WRAPPIN'”、“サマージャム2020”の2曲を発売。2018年4月にライブ会場限定CD『スチャダラパー・シングス』を発売した。
Bose(ぼーず)
ラップグループ、スチャダラパーのMC担当。1990年にデビューし、1994年“今夜はブギー・バック”が話題となる。以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。2017年に“ミクロボーイとマクロガール/スチャダラパーとEGO-WRAPPIN'”、“サマージャム2020”の2曲を発売。2018年4月にライブ会場限定CD『スチャダラパー・シングス』を発売した。

Page 1
次へ

サイト情報

『パルコ50周年キャンぺーンサイト』メインビジュアル
『パルコ50周年キャンぺーンサイト』

2019年1月1日からスタートしたパルコの50周年キャンペーン「50年目の、新しいパルコ。」の特設サイト。同サイトでは、インタビュー企画や謝恩企画など、随時情報が更新中。

プロフィール

野宮真貴(のみや まき)

「ピチカート・ファイヴ」3代目ボーカリストとして、1990年代に一斉を風靡した「渋谷系」ムーブメントを国内外で巻き起こし、音楽・ファッションアイコンとなる。2016年より「野宮真貴、渋谷系を歌う。」というコンセプトでアルバムリリースやライブを積極的に行う。2010年に「AMPP認定メディカル・フィトテラピスト(植物療法士)」の資格を取得。2019年はデビュー38周年を迎え、音楽活動に加え、ファッションやヘルス&ビューティーのプロデュース、エッセイストなど多方面で活躍中。『野宮真貴 渋谷系ソングブック』(ユニバーサル ミュージック)、『赤い口紅があればいい」』幻冬舎)が好評発売中。

Bose(ぼーず)

ラップグループ、スチャダラパーのMC担当。1990年にデビューし、1994年“今夜はブギー・バック”が話題となる。以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。2017年に“ミクロボーイとマクロガール/スチャダラパーとEGO-WRAPPIN'”、“サマージャム2020”の2曲を発売。2018年4月にライブ会場限定CD『スチャダラパー・シングス』を発売した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送