特集 PR

平井大が歌う、後世に語り継がれる音楽。夏の夜のイベントレポ

平井大が歌う、後世に語り継がれる音楽。夏の夜のイベントレポ

平井大『THE GIFT』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2019/08/06

7月31日にアルバム『THE GIFT』をリリースした平井大が、同日にアルバムの発売を記念したリスニングパーティー「HIRAIDAI New Album『THE GIFT』Listening Party」を渋谷「hotel koe tokyo」にて開催した。この数日前に梅雨が明けた東京はうだるような暑さだったが、そんな暑さもなんのその、会場にはアルバムの発売を祝福しようと、多くの人々が詰めかけた。

このリスニングパーティーでは、平井本人によるライブに加え、平井のキーボーディスト兼アレンジャーであるnabeLTDがDJも披露。18時の開場から約1時間のnabeLTDによるDJタイムでは、序盤はオリジナルのDJ、後半は「リスニングパーティー」の名にふさわしく『THE GIFT』からの楽曲が立て続けにプレイされた。

その後、ステージに平井が登場。この日はアコギ&ウクレレの弾き語りセット。「hotel koe tokyo」の1階にあるイベントスペース「koe space」は、去年、「幕張メッセ イベントホール」での単独公演も成功させた平井の歌を聴くには贅沢ともいえる小さな空間だが、そんな空間だからこそ、平井の歌は聴き手に対して親密に、寄り添うように響く。終演後の取材に答えて、平井は以下のように語っていた。

お客さんがなにかをやっている傍らに、僕らの生の音楽がある。僕にとっては一番の理想ですね。

―今日のような小さな会場で演奏する魅力とは、平井さんにとってはどのようなものなのでしょうか?

平井:特に今日は弾き語りでしたし、その場の盛り上がり方に応じて、自分の演奏を自由自在に操ることができました。それはやっぱり、今日のようなクローズドな空間でやるライブの魅力ですよね。「ここでブレイクを作りたい」とか、「ここはもうちょっと長くやりたい」とか、その場でお客さんと音楽を通じて「話」をしながら、音楽を自由にコントロールして作っていける。

大きなホールやアリーナだと、自分たちの小さい動きを感じとってもらうことが難しいので、オーバーな動きでお客さんにアクションを起こすことが多いですけど、でも、こういう小さなハコでは、僕のひとつの息継ぎやひとつの音でもお客さんがアクションを起こしてくれるんです。

平井大(ひらい だい)<br>1991年5月3日、東京都生まれ。ギターとサーフィンが趣味の父の影響で幼少の頃より海に親しみ、3歳の時に祖母から貰ったウクレレがきっかけで音楽に興味を持つ。印象的な耳に残る優しい歌声と歌詞、キャッチーなメロディーラインは聴く人の気持ちを癒し、穏やかにしてくれる。
平井大(ひらい だい)
1991年5月3日、東京都生まれ。ギターとサーフィンが趣味の父の影響で幼少の頃より海に親しみ、3歳の時に祖母から貰ったウクレレがきっかけで音楽に興味を持つ。印象的な耳に残る優しい歌声と歌詞、キャッチーなメロディーラインは聴く人の気持ちを癒し、穏やかにしてくれる。

―少し大きな質問になってしまいますけど、平井さんが理想とするライブ空間とは、どのようなものなのでしょうか?

平井:聴いてくださるお客さんに強制しないライブが僕にとっては魅力的ですし、いいライブの形なんじゃないかなって思います。一緒に来たパートナーや家族でお話しながら僕のライブを見てくれたり、あるいは、バーベキューやピクニックをしながら見てくれてもいい。お客さんがなにかをやっている傍らに、僕らの生の音楽がある……そういうのが僕にとっては一番の理想ですね。

そういう意味では、今年の5月に茅ヶ崎でビーチライブをやったんですけど(『HIRAIDAI THE BEACH TRIP 2019』)、あれは僕の理想のライブに近かったと思います。僕が演奏している間も、親子連れで来てくれた家族は海で遊んだりしていて。すごくゴージャスな空間を演出できたんじゃないかと思いますし、今後の自分のライブのあるべき姿がひとつ見えてきたような日でしたね。

イベント中の様子。会場は200名以上のお客さんで超満員となった。
イベント中の様子。会場は200名以上のお客さんで超満員となった。
イベント中の様子。会場は200名以上のお客さんで超満員となった。

音楽は、聴いている生活の傍にあるもの……こういう言葉のなかに、平井の音楽家としての品のよさが表れている。この日、平井は“THE GIFT”“Slow & Easy”“Beautiful Journey”の3曲を披露したが、それは先の平井の発言の通り、まるで聴き手と「対話」をしていくような演奏だった。

その場の空気を瞬間的に読みながら表情や歩調をコロコロと変えるように演奏し、歌う平井。集まった人々も音楽に合わせて、ときに手を叩き、ときに共に歌う。人と音楽が対話を繰り返しながら、波のように演奏が展開していく。演奏されたのは3曲と短いライブだったが、とても豊かで穏やかな時間だった。

 
 

ちなみに、アルバムの発売と同じく7月31日からは、渋谷の旧ドン・キホーテ壁面と宇田川町交番横壁面の2箇所に『THE GIFT』の巨大看板も出現。これらを撮影し、イベント指定のハッシュタグをつけてSNSに投稿した人のなかから先着で150名にアルバムのオリジナルTシャツがプレゼントされるというキャンペーン『THEGIFT_0731』も実施されていた(キャンペーン期間は8月2日~4日)。

渋谷の街中に掲示された看板
渋谷の街中に掲示された看板
『THEGIFT_0731』キャンペーンで配布されたオリジナルTシャツ
『THEGIFT_0731』キャンペーンで配布されたオリジナルTシャツ
Page 1
次へ

リリース情報

『THE GIFT』(CD+DVD)
平井大
『THE GIFT』(CD+DVD)

2018年7月31日(水)発売
価格:4,860円(税込)
AVCD-96314/B

[CD]
1. Beautiful Journey
2. Tokyo Love in the Air
3. me+you
4. THE GIFT
5. SUN DAY
6. Seize the Sky
7. Road to You
8. To Say Goodbye
9. FAMILY SONG -Live at Makuhari Messe Event Hall Dec. 15, 2018-
10. Summer Queen -Live at Makuhari Messe Event Hall Dec. 15, 2018-

[DVD]
『HIRAIDAI Concert Tour 2018 WAVE on WAVES at Makuhari Messe Event Hall Special Cut』

1. Kiss Me Baby
2. A Good Day
3. 祈り花
4. Slow & Easy
5. Perfect
6. Can't Help Falling In Love
7. FAMILY SONG
8. Story of Our Life
9. Life is Beautiful
10. Three Two, One
11. MyLove
12. Life Song
13. BEAUTIFUL LANE
14. Summer Queen
15. THE GIFT
16. はじまりの歌

『THE GIFT』(CD)
平井大
『THE GIFT』(CD)

2018年7月31日(水)発売
価格:3,000円(税込)
AVCD-96315

1. Beautiful Journey
2. Tokyo Love in the Air
3. me+you
4. THE GIFT
5. SUN DAY
6. Seize the Sky
7. Road to You
8. To Say Goodbye
9. FAMILY SONG -Live at Makuhari Messe Event Hall Dec. 15, 2018-
10. Summer Queen -Live at Makuhari Messe Event Hall Dec. 15, 2018-

プロフィール

平井大
平井大(ひらい だい)

1991年5月3日、東京都生まれ。ギターとサーフィンが趣味の父の影響で幼少の頃より海に親しみ、3歳の時に祖母から貰ったウクレレがきっかけで音楽に興味を持つ。印象的な耳に残る優しい歌声と歌詞、キャッチーなメロディーラインは聴く人の気持ちを癒し、穏やかにしてくれる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. [Alexandros]からドラムの庄村聡泰が「勇退」 局所性ジストニアのため 1

    [Alexandros]からドラムの庄村聡泰が「勇退」 局所性ジストニアのため

  2. 『DEATH NOTE』12年ぶり完全新作読切、小畑健描き下ろし表紙イラスト公開 2

    『DEATH NOTE』12年ぶり完全新作読切、小畑健描き下ろし表紙イラスト公開

  3. 長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報 3

    長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報

  4. 湯浅政明監督のアニメ『映像研には手を出すな!』第1話~第4話一挙再放送 4

    湯浅政明監督のアニメ『映像研には手を出すな!』第1話~第4話一挙再放送

  5. 地球外生命体がアメリカを「統治」 SF映画『囚われた国家』4月公開 5

    地球外生命体がアメリカを「統治」 SF映画『囚われた国家』4月公開

  6. 『湘南純愛組!』実写ドラマ化、Amazon Prime Videoで配信 監督は内田英治 6

    『湘南純愛組!』実写ドラマ化、Amazon Prime Videoで配信 監督は内田英治

  7. クリープハイプ“愛す”のユニークなMV その効用を考察する 7

    クリープハイプ“愛す”のユニークなMV その効用を考察する

  8. 志村けん×菅田将暉が2人1役 山田洋次監督の映画『キネマの神様』12月公開 8

    志村けん×菅田将暉が2人1役 山田洋次監督の映画『キネマの神様』12月公開

  9. 『死にたい夜にかぎって』に山本舞香、玉城ティナ、安達祐実ら OP曲も発表 9

    『死にたい夜にかぎって』に山本舞香、玉城ティナ、安達祐実ら OP曲も発表

  10. 『SONG LIST』ゲストにGEZANと大森靖子 MCに曽我部恵一、ピエール中野ら 10

    『SONG LIST』ゲストにGEZANと大森靖子 MCに曽我部恵一、ピエール中野ら