特集 PR

21年目の韻シストが語る、目指すは全世代に届くヒップホップ

21年目の韻シストが語る、目指すは全世代に届くヒップホップ

韻シスト『SHINE』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2019/08/07

韻シストで発信するときに守っているのは、哀愁とか切なさ、完璧じゃないものなんです。(BASI)

―新作の『SHINE』には「One For All, All For Shine」(一人はみんなのために、みんなは輝くために)というテーマが掲げられていて、やはり20周年を経て、オーディエンスとの関係性を再確認したからこそ生まれたテーマなのかなと思ったのですが、いかがでしょうか?

BASI:去年はやはり、ある種の達成感を感じていました。だけど今作に関しては……言うたら、このジャケ写にこのアー写ですよ?(笑)

韻シスト『SHINE』ジャケット
韻シスト『SHINE』ジャケット
韻シスト アーティスト写真
韻シスト アーティスト写真
韻シスト アーティスト写真

―かなりユルいですよね(笑)。

BASI:今回はどちらかというと、ちょっと肩の力を抜いて、笑えるものにしたかったんです。ジャケットを陽気で明るいバイブスのものにしたくて、『SHINE』って言葉が浮かんできました。そこから派生させて、「どんな曲が必要か?」っていうプロセスでアルバムを作っていった感じです。

―たしかに、肩ひじ張った感じではないですもんね。『SHINE』というタイトルではあっても「ギラギラ」みたいなイメージではなくて、楽曲もわりとチルな感じですし。

BASI:来年が今のメンバーになって10年になるんですけど、そこで「こういうものを作りたい」っていうビジョンを設定してあるんです。だから今回はその分、遊び心のあるちょっとユルいものにしたかったんですよね。

TAKU:韻シストのメンバーを石で例えると、変な形の石ばっかりなんですけど、それを削っていい感じにするんじゃなくて、マネージャーも含め、6個集めたらたまたま上手いこと大きい石になった、みたいなイメージなんです。「One For All, All For Shine」っていうのもそのイメージで、一つひとつはいろんな形なんですけど、6個集まったらきれいに輝くのが理想的やなって。

今回40曲くらいデモがあって、そこから10曲に絞って、そのなかから多数決で被ったものを選ぼうって話をしたんですけど、マネージャー含めて6人全員割れたんですよ(笑)。それで「じゃあ、その6曲を収録しようか」ってなったんです。このエピソードが今回のテーマをすごく象徴してるんですよね。

韻シスト『SHINE』を聴く(Apple Musicはこちら

BASI:個人的に、韻シストで発信するときに守っているのは、哀愁とか切なさ、完璧じゃないものなんです。“Just like this”も「結局何が言いたかったんかな?」って、解決しないんですよね。サビで「明日は言える? 明後日なら言える?」って言っているこのニュアンスって、韻シストとしてずっと守ってるところ。何かを言い切ったり、「これが正解」っていうのはあんまり好きじゃなくて、日常って上手くいきそうでいかなかったりするし、ほんまに完璧な人なんていない。そういうことをいかに表現するかは大事にしています。

また『OSAKA GOOD VIBES』の話になりますけど、子供から大人までが聴いているなかで、嘘っぱちなことじゃない、日常のなかで「僕も、私もそう思う」っていうリアルなことを、言葉を通じて表現したいとずっと思ってますね。

Page 4
前へ 次へ

リリース情報

『SHINE』
韻シスト
『SHINE』(CD)

2019年8月7日(水)発売
価格:2,000円(税込)
TKCA-74810

1. Shine
2. Come around
3. Just like this
4. SMILE
5. よあけの歌
6. Get out of my head

プロフィール

韻シスト
韻シスト(いんしすと)

生々しく独創的でグルーヴィーなサウンドと極上のライブパフォーマンスが圧倒的な評価を受け続ける、大阪をベースに活動するファンキーグルーヴマスターと称される唯一無二のヒップホップバンド。数度のメンバー・チェンジを経て、2 MC(BASI, サッコン)、Gtr.(TAKU)、Bass(Shyoudog)、Drs.(TAROW-ONE)からなる鉄壁の現メンバーとなる。2019年4月には、超満員の大阪城野外音楽堂で初の主催野外フェス“OSAKA GOOD VIBES”を開催。また、8月には早くもミニアルバム「SHINE」をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている