特集 PR

大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

『大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 後編』、『GEKIBAN 2 -大友良英サウンドトラックアーカイブス-』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:新妻和久 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

現在、絶賛放送中の『大河ドラマ「いだてん」』。オリンピックを背景に、明治から昭和までの時代を描く異色のドラマは、来年に迫る2020年の東京オリンピックとも共鳴して、「日本人はどこから来て、どこへ行くのか?」をスポーツを通して伝えようとしている。

そんな意欲作の劇伴を担当するのが、音楽家の大友良英。NHKでたくさんの楽曲を作ってきた大友は、すでに伝説ともいえる『連続テレビ小説「あまちゃん」』チームとともに、『いだてん』の音楽世界を作ろうとしている。感動の最終回に向けて、最後の作曲作業に打ち込む大友に話を聞いた。

宮藤官九郎に珍しく相談。『あまちゃん』“潮騒のメモリー”はこうして生まれた

―『大河ドラマ「いだてん」』(以下、『いだてん』)は『連続テレビ小説「あまちゃん」』(以下、『あまちゃん』)からの流れで制作されていますが、どんな成り立ちで企画が動き出したのでしょうか?

大友:そもそもディレクターの井上剛さんとは、2005年の『クライマーズ・ハイ』以来いっしょにチームを組むことが多くて、阪神淡路大震災のドラマ(2010年 / 『その街のこども』)などを作ってきたんです。そこに宮藤官九郎さんが加わったのが『あまちゃん』の始まり。

『いだてん』の第1部でも関東大震災のエピソードが登場しますが、やはり『あまちゃん』も東日本大震災が大きい要素になっていて、なんとなく井上さんとは、ずっと震災のこと、そして歴史をテーマにする仕事をやってきた、という感じがします。

大友良英(おおとも よしひで)<br>1959年横浜生れ。10代を福島市で過ごす。インディペンデントに即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽をつくり続け、映画音楽家としても数多くの映像作品の音楽を手がける。近年は障害のある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力をいれる。2012年、東日本大震災を受け福島で様々な領域で活動をする人々とともにプロジェクトプロジェクト「FUKUSHIMA !」の活動で「芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門」を受賞、2013年には『あまちゃん』の音楽他多岐にわたる活動で「東京ドラマアウォード特別賞」「レコード大賞作曲賞」他数多くの賞を受賞している。
大友良英(おおとも よしひで)
1959年横浜生れ。10代を福島市で過ごす。インディペンデントに即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽をつくり続け、映画音楽家としても数多くの映像作品の音楽を手がける。近年は障害のある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力をいれる。2012年、東日本大震災を受け福島で様々な領域で活動をする人々とともにプロジェクトプロジェクト「FUKUSHIMA !」の活動で「芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門」を受賞、2013年には『あまちゃん』の音楽他多岐にわたる活動で「東京ドラマアウォード特別賞」「レコード大賞作曲賞」他数多くの賞を受賞している。

―「歴史」ですか?

大友:黒柳徹子さんの半生を描いた『トットてれび』(2016年)も、日本のテレビ史を扱ってたでしょう? 井上さんとの仕事ではなにかしら「歴史」ってものがキーワードになっているんです。『あまちゃん』も祖母・母・子の三代記ですしね。それで『あまちゃん』が終わって、すごくよいチームだったから、「同じチームで大河ドラマはきっとあるだろうなー」と勝手に思っていて、それが『いだてん』になったわけです。

―宮藤さんとも、音楽面での相談はあったのでしょうか?

大友:宮藤さんに限らず、ドラマや映画の制作で脚本家と直にやりとりするってことはまずなくて、各話の監督との相談が中心です。でも『あまちゃん』ではたった1回だけ宮藤さんに連絡したことがあって。それは“潮騒のメモリー”のことなんだけど、どういうイメージの曲なのか尋ねたんですよ。

―能年玲奈さんと橋本愛さんのデュエット曲ですね。アイドル歌謡的な感じですか? たとえば松田聖子風とか?

大友:宮藤さんは聖子ちゃんとはいわなかった。例としてあがったのは“そんなヒロシに騙されて”。

ジューシィ・フルーツ“そんなヒロシに騙されて”

―じぇじぇじぇ(笑)。

大友:『あまちゃん』は複数の監督がいて、みんなに尋ねたんですけど、この曲に関してはみんないうことが違うんですよ。

―「俺の“潮騒のメモリー”はこれだ!」と。

大友:自分がなんとなく最初に作ったのも、いま考えるとやや山下達郎風というかシティポップっぽかった。夏っぽいイメージ。でも、そうしたら宮藤さんや井上さんが「なんか違う」と。子どもが歌える感じがないし、スナック感がないと。たしかに“そんなヒロシに騙されて”はスナック感ありますよね(笑)。

大友良英“潮騒のメモリー”(Apple Musicはこちら

―そうすると、『いだてん』の音楽に関しても井上さんとの相談が中心になったということですね。

大友:そうですね。金栗(四三)さんから田畑に主役が変わってもテーマ曲は変えない、とか。そういえば、『あまちゃん』のときも、「震災回の日でも変えることのないテーマ曲にしたい」っていわれました。「それって明るくも暗くもある曲ですよね?」って聞くと「いや、明るいほうがいいです」と。今回の大河もひたすら元気で明るく痛快って要望でした。

あとは長さですね。朝ドラ(朝の連続テレビ小説)のテーマ曲って60秒~90秒と短いんですけど、大河ドラマはいまどきのドラマではありえないくらい長くて2分30秒~2分50秒もあるんです。ただ井上さんは、それを短くしたいといってました。録画した視聴者に早送りされないオープニングにしたかったのもあるでしょうね。結局、出演者やスタッフも多いから短くはできなかったんだけど、ギリギリ2分20秒にしちゃった(笑)。だから他の大河と比べて『いだてん』のスタッフロールの流れるスピードはかなり早いんですよ。

大友良英
Page 1
次へ

リリース情報

『大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 後編』(CD)
大友良英
『大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 後編』(CD)

2019年7月24日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-65225

1. いだてんメインテーマ 歓声入りVer
2. 金の男
3. 田畑のテーマ
4. 闘う女子
5. 変貌
6. Far East
7. 新世代
8. グロリアス!
9. 孝蔵のブルース
10. 河童のテーマ
11. にらみあい
12. 夢見る人
13. 覚悟のとき
14. Team TABATA
15. 焼け野原
16. 空のうた
17. 勝のテーマ
18. 新富久マラソン
19. 戦争と平和
20. スタディオン
21. ユートピア

『GEKIBAN 2 -大友良英サウンドトラックアーカイブス-』(CD)
大友良英
『GEKIBAN 2 -大友良英サウンドトラックアーカイブス-』(CD)

2019年7月24日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-65226

1. 鈴木先生のテーマ
2. 日常のテーマ
3. テーマ・いざ隠岐島へ
4. クライマーズ・ハイ オープニングテーマ
5. しあわせ色写真館
6. アイデン&ティティのテーマ
7. 浄念のテーマ2
8. トットてれび オープニングタイトル
9. トットの行進曲
10. 兵士とハイビスカス
11. 鬼太郎が見た玉砕 エンディングテーマ
12. 撃てない警官
13. スタントウーマンのテーマ
14. 決闘のテーマ
15. 太陽
16. “やっぱり、かえろう”篇
17. 歌おうマーチ
18. バカボンのパパよりバカなパパのテーマ
19. 風花
20. 兵器のある風景
21. 希求2
22. 三里塚に生きる
23. 対立
24. 虎度門 オープニングテーマ
25. 虎度門 エンディングテーマ
26. クライマーズ・ハイ
27. 島のテーマ

プロフィール

大友良英
大友良英(おおとも よしひで)

1959年横浜生れ。十代を福島市で過ごす。常に同時進行かつインディペンデントに即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。映画音楽家としても数多くの映像作品の音楽を手がけ、その数は70作品を超える。近年は「アンサンブルズ」の名のもとさまざまな人たちとのコラボレーションを軸に展示する音楽作品や特殊形態のコンサートを手がけると同時に、障害のある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力をいれ、2011年の東日本大震災を受け福島で様々な領域で活動をする人々とともにプロジェクトFUKUSHIMA!を立ち上げるなど、音楽におさまらない活動でも注目される。2012年、プロジェクトFUKUSHIMA ! の活動で芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞、2013年には「あまちゃん」の音楽他多岐にわたる活動で東京ドラマアウォード特別賞、レコード大賞作曲賞他数多くの賞を受賞している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露