特集 PR

SOIL&“PIMP”SESSIONSの求心力 多くの音楽家から信頼される志

SOIL&“PIMP”SESSIONSの求心力 多くの音楽家から信頼される志

SOIL&"PIMP"SESSIONS『OUTSIDE』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:木村篤史 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

SOIL&"PIMP"SESSIONSが、『妖怪人間ベム』50周年を記念して製作 / 放送されているテレビアニメ『BEM』のオリジナルサウンドトラック『OUTSIDE』を8月28日にリリースする。バンドとしてサウンドトラックを手がけるのは、今年1~3月に放送された竹内結子主演&関和亮演出のテレビドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』に続いて、年内2作目となる。

野田洋次郎や三浦大知など、多様かつ豪華なゲストボーカル陣を招き作り上げた現時点で最新のオリジナルアルバム『DAPPER』から1年強、SOIL&"PIMP"SESSIONSはどのようなモードで『BEM』のサウンドトラックを制作したのか。今回のインタビューでは社長とタブゾンビに話を聞いた。

二人は地元で大型野外フェスをオーガナイズしており、そのエピソードからもさまざまな音楽性を持つアーティストから愛される彼らの求心力や審美眼、音楽文化に寄せる真摯な思いを感じてもらえると思う。

メンバーそれぞれ、フェスに出るときもみんな散らばって人のライブを観てますから。(タブゾンビ)

―まずは『DAPPER』リリースのタイミングに実施した前回のインタビュー以降のSOIL&"PIMP"SESSIONS(以下、SOIL)の動きから聞かせてください(前回のインタビュー記事:SOIL&"PIMP"SESSIONSは第2章へ。充電期間からの新体制を語る)。昨年8月に開催されたツアーファイナルの中野サンプラザ公演では『DAPPER』に参加した客演陣が勢ぞろいしましたね。

2018年8月1日に開催された『SOIL&“PIMP”SESSIONS TOUR 2018 “DAPPER”』ツアーファイナルには、野田洋次郎(RADWIMPS)、三浦大知、EGO-WRAPPIN'、Nao Kawamura、Awich、Shun Ikegai(yahyel) & Kiala Ogawa(Kodama)が出演した
2018年8月1日に開催された『SOIL&"PIMP"SESSIONS TOUR 2018 “DAPPER”』ツアーファイナルには、野田洋次郎(RADWIMPS)、三浦大知、EGO-WRAPPIN'、Nao Kawamura、Awich、Shun Ikegai(yahyel) & Kiala Ogawa(Kodama)が出演した

SOIL&"PIMP"SESSIONS『DAPPER』を聴く(Apple Musicはこちら

タブゾンビ(Tp):あれだけの超売れっ子の人たちが一堂に集まってくれてね。

社長(Agitator):すごくいい時間であっという間にライブが終わっちゃいましたね。

―あらためて、あれだけ振れ幅の広い多様なゲストボーカル陣を迎えられるということ、そしてそのあともSOILのメンバーがAwichのツアーに参加したり、あるいはタブさんがRADWIMPSのライブやアルバムに参加(『ANTI ANTI GENERATION』収録の“TIE TONGUE feat. Miyachi, Tabu Zombie”)したり、一過性のコラボレーションになってないことがすごく重要だなと思うんですね。

社長:そうですね。関係性のある人しか客演のオファーをしないというのは我々のひとつのポリシーでもあるし、その場だけで終わらないというのはすごく大切なことだと思ってます。AwichがEGO-WRAPPIN'の曲(“色彩のブルース”)をサンプリングした曲(“紙飛行機”)を作ったのは、僕らにとってもうれしい出来事だったし。

SOIL&"PIMP"SESSIONS“Heaven on Earth feat. Awich”を聴く(Apple Musicはこちら

―そうやって点と点を線にしていくあり方や現場感も、クラブシーンを出自に持っているSOILらしさなのかなと思うんですね。

タブゾンビ:確かにメンバーみんなそれぞれ、常にいろんな音楽や気になるアーティストをディグってるので。フェスに出るときも自分たちの出番以外はみんな散らばって人のライブを観てますから。そこでまた「今度はこういうアーティストとコラボしたいね」という話が生まれたりするんですよね。

左から:タブゾンビ、社長 / SOIL&“PIMP”SESSIONS(そいる あんど ぴんぷ せっしょんず)<br>メンバーは、タブゾンビ(Tp)、丈青(Pf)、秋田ゴールドマン(Ba)、みどりん(Dr)、社長(Agitator)。2001年、東京のクラブイベントで知り合ったミュージシャンが集まり結成。これまでに31か国で公演を行うなど、ワールドワイドに活動を続けている。また、国内外の数々のアーティストとコラボレーションを行い、映画やドラマの劇判を担当。8月28日には、『妖怪人間ベム』50周年記念新作アニメ『BEM』のオリジナルサウンドトラックを発売した。
左から:タブゾンビ、社長 / SOIL&"PIMP"SESSIONS(そいる あんど ぴんぷ せっしょんず)
メンバーは、タブゾンビ(Tp)、丈青(Pf)、秋田ゴールドマン(Ba)、みどりん(Dr)、社長(Agitator)。2001年、東京のクラブイベントで知り合ったミュージシャンが集まり結成。これまでに31か国で公演を行うなど、ワールドワイドに活動を続けている。また、国内外の数々のアーティストとコラボレーションを行い、映画やドラマの劇判を担当。8月28日には、『妖怪人間ベム』50周年記念新作アニメ『BEM』のオリジナルサウンドトラックを発売した。

鹿児島の若い世代が多くの音楽に生で触れることで、地元の音楽文化が育てばいいなということはすごく考えます。(タブゾンビ)

―そういう意味でもお二人が地元で大型フェスを主催しているのは興味深いなと。規模の大きなフェスのオーガーナイザーをやっているメンバーがバンドの中に二人いるのは珍しいと思いますし。タブさんは鹿児島で昨年と今年の10月に『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL』を、社長は今年の7月に福井で『ONE PARK FESTIVAL』を初開催しました。

タブゾンビ:僕に関しては、今みたいに全国各地でフェスが開催されていない13、4年前くらいからやりたいと思っていて。鹿児島ってフェスを開催する立地として難しいんですよ。移動費も高くなっちゃうし、県民性もシャイだったり。だからいろんな人から「絶対に成功しない」って言われていたんですけど、去年は3万人のお客さんに来ていただいて。

左から:社長、タブゾンビ
左から:社長、タブゾンビ

―地域活性化という面もモチベーションとして大きいでしょうし。

タブゾンビ:でも、実際はそこに関してそんなに大々的に掲げてなくて。やっぱり「面白いことをしたい」というのが一番ですね。

それに加えて鹿児島から文化を発信したいということ。鹿児島ってアーティストがツアーを組むときに外されることが多いんですよ。だからこのフェスで、鹿児島の若い世代が多くの音楽に生で触れて、地元の音楽文化が育てばいいなということはすごく考えてますね。あくまで音楽ありきの考え方です。去年、お客さんから「初めてフェスを体験できた」という声をたくさんいただいたのはすごくうれしかったですね。

―それもいきなり大規模のフェスですしね。

タブゾンビ:出演者が総勢約60組もいるという。

社長:60組はすごいよね。

2018年10月7、8日開催『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL』のワンシーン
2018年10月7、8日開催『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL』のワンシーン

―昨年も今年もかなりボーダーレスなメンツがラインナップされてますけど、ブッキングに関してはどういうイメージで?

タブゾンビ:自分が思う「グッドミュージック」というところですね。あとは鹿児島と繋がりの深い人たち。鹿児島出身のアーティストだったり、おじいさんやおばあさんが鹿児島出身だというアーティストだったり。個人的にもアーティストのレコーディングやライブにプレイヤーやアレンジャーとして呼ばれることが多いので、そこで繋がりが生まれているのも大きいですね。

Page 1
次へ

リリース情報

SOIL&“PIMP”SESSIONS『OUTSIDE』
SOIL&"PIMP"SESSIONS
『TVアニメ「BEM」オリジナルサウンドトラック OUTSIDE』(CD)

2019年8月28日(水)発売
価格:2,700円(税込)
VTCL-60505

1. Phantom of Franklin Avenue
2. Blue Eyed Monster
3. Tracking
4. The Light and The Shadowland
5. Shapeshifter
6. Before The Dawn
7. Wanna Be A Man
8. Out of Control
9. Thinking of you
10. In The Gloom of The Forest
11. Inside
12. A Sence of...

プロフィール

SOIL&“PIMP”SESSIONS
SOIL&"PIMP"SESSIONS(そいる あんど ぴんぷ せっしょんず)

メンバーは、タブゾンビ(Tp)、丈青(Pf)、秋田ゴールドマン(Ba)、みどりん(Dr)、社長(Agitator)。2001年、東京のクラブイベントで知り合ったミュージシャンが集まり結成。ライブを中心とした活動を身上とし、確かな演奏力とクールな雰囲気を漂わせながらも、ライブでエンターテイメント、バースト寸前の爆音ジャズを展開。2005年には英BBC RADIO1主催の『WORLDWIDE AWARDS 2005』で「John Peel Play More Jazz Award」を受賞。以降、海外での作品リリースや世界最大級のフェスティバル『グラストンベリー』『モントルージャズフェスティバル』『ノースシージャズフェスティバル』など、数々のビッグフェスに出演、これまでに31か国で公演を行うなど、ワールドワイドに活動を続けている。また、国内外の数々のアーティストとコラボレーションを行い、映画やドラマの劇判を担当。2017年にはドラマ『ハロー張りネズミ』の劇判を手がけ、主題歌“ユメマカセ”ではゲストボーカリストにRADWIMPS・野田洋次郎を迎え話題となった。野田洋次郎、三浦大知をはじめ豪華アーティストが参加した最新作『DAPPER』が発売中。2019年8月28日には、『妖怪人間ベム』50周年記念新作アニメ『BEM』のオリジナルサウンドトラックを発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図