特集 PR

9m88が、ロック中心の台湾インディーズにR&Bの風を送る

9m88が、ロック中心の台湾インディーズにR&Bの風を送る

Taiwan Beats
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:鄭弘敬 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

台湾の若者たちの間でいま、最も注目されている女性シンガーの1人といえば9m88だ。「ジョウエムバーバー」というユニークな名を名乗る彼女は、ソウルやジャズ、ヒップホップなどから大きな影響を受けており、これまでロック一辺倒だった台湾のインディーズシーンに新風を巻き起こしている。

大学卒業後、一時期はファッション業界で働いていたこともあり、2017年に竹内まりやの楽曲をカバーした際は、日本の歌謡番組を意識したミュージックビデオを制作するなど、ビジュアルイメージや映像への意識も高い。つい最近までニューヨークで暮らし、最先端の音楽やアートをたっぷりと吸収してきた彼女はいま、故郷になにを思うのだろうか。

音楽への渇望スイッチをオンにしたのは、ニューヨークの街

―88さんが音楽に目覚めたきっかけは?

88:小さい頃から音楽は大好きで、「歌手になりたい」という夢を持っていました。ただ、基礎的な知識などもほとんどなくて、どうやったら音楽の道に進めるのかがよくわからなかったんですよね。

一方で音楽と同じくらい洋服も大好きでした。ファッションに関しては、日本のファッション雑誌など昔から読み込んできたので、知識もあるし、大学の専攻を選ぶときにはファッションの道へ進むことを選びました。

9m88(ジョウエムバーバー)<br>台北生まれ、ニューヨークに留学経験のあるソウルシンガー。2018年12月、日本と台湾で7インチシングル『九頭身日奈 / Plastic Love』を発売。2019年1月、レコード発売記念ツアーで来日。8月、1stアルバム『平庸之上Beyond Mediocrity』をリリースした。
9m88(ジョウエムバーバー)
台北生まれ、ニューヨークに留学経験のあるソウルシンガー。2018年12月、日本と台湾で7インチシングル『九頭身日奈 / Plastic Love』を発売。2019年1月、レコード発売記念ツアーで来日。8月、1stアルバム『平庸之上Beyond Mediocrity』をリリースした。

―ファッションと音楽は密接に結びついていますしね。

88:そうなんです。ファッションを通じて音楽と関わる道もなくはないと思ったのも大きなきっかけでしたね。

でも、実際にファッションを勉強し始めたら、自分の中で「音楽をやりたい」という気持ちがどんどん強くなっていって。しかもファッションの道を極めていくうちに、様々なミュージシャンと知り合う機会も増えて、気づいたら自分自身もライブなどで歌うようになっていたんですよ(笑)。とはいえ音楽に関しては初心者だし未知数だし……。音楽の道を本気で進み出したのはニューヨークへ行ってからですね。

9m88のユニークなファッションセンスも伝わる“Sid and Geri”MV

―大学卒業後はニューヨークのファッション関連の会社で、インターンとしてしばらく働いていたんですよね?

88:はい。行く前はニューヨークが「ファッションの先端」だと思っていたんですけど、行ってみたら本当は音楽の街としての魅力のほうが強くて。それで、自分が本当にやりたいことは音楽だと気づいてしまったんです。自分の中のスイッチが、「オン」になった感覚というか。いままで台湾にいたときには感じたことのなかったものでした。

ニューヨークにはクリエイターがたくさんいるし、クリエイティブに対する情熱がものすごくて。そのうち「私にも可能性がたくさんあるかもしれない」と思うようになっていきました。そのため、インターンを終えて台湾に戻ったときに、音楽の道へと進むことを決意して。

そしてニューヨークの音楽学校へ申請を出し、もう一度ニューヨークへ行って4年間勉強しました。最初に話したように、自分は音楽をやるには知識や経験が少なすぎると思っていたので、このときに基礎を学べたのはとても大きな自信になりましたね。いろんなジャンルの音楽……ニューヨークではジャズが主流だったのですが、それ以外にも様々なジャンルの音楽を知ることができました。

9m88
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

Taiwan Beats(フリーペーパー)

2019年8月発行
発行:台湾文化部影視及流行音樂產業局
台湾の音楽シーンを日本に紹介するフリーペーパー。9m88やDSPSといった台湾の現在がわかるミュージシャンのインタビューなどが掲載。

9m88
『平庸之上Beyond Mediocrity』

2019年8月8日(木)配信

プロフィール

9m88(ジョウエムバーバー)

台北生まれ、ニューヨークに留学経験のあるソウルシンガー。2018年12月、日本で限定版7インチ・シングル『九頭身日奈 / Plastic Love』を発売。2019年1月、レコード発売記念ツアーで来日。2019年8月、1stアルバム『平庸之上Beyond Mediocrity』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察