特集 PR

いとうせいこうis the poet 偶然を必然に変え鳴らすダブポエトリー

いとうせいこうis the poet 偶然を必然に変え鳴らすダブポエトリー

『Park Live』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:前田立 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

音楽との「偶発的な出会い」をコンセプトに、東京・銀座にある「Ginza Sony Park」にて毎週金曜夜を中心に開催されているライブプログラム『Park Live』。毎回、ジャンル、世代、国境を超えた様々なアーティストが出演するこのイベントに、去る8月12日、いとうせいこうを中心に結成されたダブポエトリー・ ユニット「いとうせいこうis the poet」が出演した。これは「Ginza Sony Park」の開園1周年を記念し、8月9日~12日の4日間にわたって行われた特別編の一環として開催されたもの。

日本語ラップのオリジネーターのひとりである、いとうせいこうの真骨頂ともいうべき、強烈かつ刺激的な「音」と「言葉」の邂逅が繰り広げられたこの日のステージの模様を、終演後に行われたインタビューと共に振り返る。

いとうせいこうが小説や詩などの一節を、即興演奏に合わせて読み、ダブ処理を加えていく「ダブポエトリー」

開演より30分ほどはやく入ると、すでにDJが回すダブ /レゲエのサウンドが鳴り響き、普段とは違った趣を見せている「Ginza Sony Park」の地下4階。「Park Live」の会場となるこの場所は、ビールや食べ物を楽しみながらライブ観覧ができる開放的な雰囲気が魅力的だが、この日はフロア中央に設置されたダブミックス用のミキサー卓が、いつもとは一風変わった物々しい雰囲気を醸し出しているようだ。

この日の出演者である「いとうせいこうis the poet」は、日本初のダブバンド「MUTE BEAT」のメンバーを中心に結成されたダブバンド「DUBFORCE」から派生する形で生まれたダブポエトリー・ユニット。そのパフォーマンスは、いとうが小説や詩、演説などの一節をバンドの即興演奏に合わせてその場で読み、さらに、そこにダブ処理を加えていくというもの。この日、登場したメンバーは、いとうせいこう(Words)、DUB MASTER X(Dub Mix)、Watusi(Ba)、會田茂一(Gt)、龍山一平(Key)、コバヤシケン(Sax)、SAKI(Tp)の7人。

いとうせいこうis the poet(いとうせいこう いず ざ ぽえっと)左から:いとうせいこう、會田茂一、DUB MASTER X、SAKI、Watusi、コバヤシケン、龍山一平<br>いとうせいこう率いるダブポエトリーのユニット。いとう自身の小説や詩や演説などの一節を、即興音楽に合わせてその場で選びながら読んでいき、常にそれをダブ処理することで音と言葉を拮抗させる。通称ITP。
いとうせいこうis the poet(いとうせいこう いず ざ ぽえっと)左から:いとうせいこう、會田茂一、DUB MASTER X、SAKI、Watusi、コバヤシケン、龍山一平
いとうせいこう率いるダブポエトリーのユニット。いとう自身の小説や詩や演説などの一節を、即興音楽に合わせてその場で選びながら読んでいき、常にそれをダブ処理することで音と言葉を拮抗させる。通称ITP。

「長いことやっていたら偶然も必然によってつながっていくものですからね」(Watusi)

開演時間になり、まずはステージ上に、いとう、Watusi、龍山の3人が現れた。この日はドラマーの屋敷豪太が不参加だったのだが、その部分を、Watusiがサンプラーで補っていくスタイルのようだ。うねるような低音が響く中、ステージ中央の椅子に座り、iPadを操作しながら、音に合わせて身体を揺らしつつ言葉を発していく、いとう。音と言葉が熱を帯びていくに従い、會田、コバヤシ、SAKIの3人もステージに上がり、演奏に加わっていく。

「いい音で踊っていってください!」と、いとうはフロアに向かって語りかける。演奏の中心には「言葉」が強烈に存在しているが、その言葉は「意味」として、あるいは「メッセージ」として聴き手の脳に飛び込んでくるのと同じ速度で、聴き手の身体そのものを突き動かし、揺らしていくようだ。

まずは終演後の本人たちの発言から、この言葉と即興演奏の融合がどのようなメカニズムによって生まれているのか、紐解いてみたい。

いとうせいこうis the poet
いとうせいこうis the poet

―今日の演奏の手応えはいかがでしたか?

Watusi(Ba):いつも、「もうちょっといけたらな」と思うんですよね。リズムへのはまり方も、絡み方も、もうちょっと満足いくところまでいけたらいいのになって思っているうちに、演奏が終わっちゃう。

このバンドは基本的な曲のテーマはありつつも、サイズも自由に変わっていくインプロビゼーションなんです。それは、言ってしまえば偶然性によって成り立っているということなんだけど、でも、長いことやっていたら偶然も必然によってつながっていくものですからね。毎回、手繰り寄せている感じです。

―非常にストイックな感想ですね。みなさん長いキャリアを積まれてきた方々ですけど、それでも、なにか未知のものに向かっていくような感覚が、この「いとうせいこうis the poet」にはあるのでしょうか。

DUB(Dub Mix):この形は正解がないからこそ、1回のパフォーマンスの中でも、ただただ模索していくしかなくて。その模索の中で、途中で迷い道に入ったり、崖から落下しそうになるときもあるんだけど、それが面白い。

龍山(Key):やることが決まっていないバンドだから、その場でやっていることが正解なのか、間違いなのかも自分で決めなきゃいけないし、「やっては捨て、やっては捨て」っていう感じで、その場で感じていることをやっているだけなんですよね。だから、終わっても、自分がなにをやっていたか覚えていないことが多いし。

SAKI(Tp):私は最年少で恐縮なのですが(笑)、みなさんの演奏に一番楽しませてもらっていると思っています。今日も楽しかったです。

いとうせいこうis the poet
この日のライブの様子

Page 1
次へ

イベント情報

『Park Live』

2019年8月12日(月・祝)
会場:Ginza Sony Park 地下4階

ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となる"Park Live"。音楽との偶発的な出会いを演出します。
開催日:毎週 金曜日20:00 - 、不定期

プロフィール

いとうせいこうis the poet(いとうせいこう いず ざ ぽえっと)

いとうせいこう率いるダブポエトリーのユニット。メンバーは、いとうせいこう(Words) / Dub Master X(Dub Mix)/ 屋敷豪太(Dr.)/ Watusi(Bass) / 會田茂一(Gt) / 龍山一平(Key) / コバヤシケン(Sax)/ SAKI (Tp)。いとう自身の小説や詩や演説などの一節を、即興音楽に合わせてその場で選びながら読んでいき、常にそれをダブ処理することで音と言葉を拮抗させる。通称ITP。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」