特集 PR

2020年東京オリンピック以降を問う。美術家と建築家が見る景色

2020年東京オリンピック以降を問う。美術家と建築家が見る景色

『TOKYO 2021』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:八田政玄 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

『東京オリンピック・パラリンピック』を来年に控え、来るべき2020年への期待も不安も交錯する報道があふれる今日このごろ。その喧騒のなか、五輪イヤーのさらに一歩先を見据え、「2021年以降の東京」を考えるアートイベント『TOKYO 2021』が動き出している。

舞台は東京、京橋のTODA BUILDING。老舗ゼネコン、戸田建設の拠点であり、新社屋建設のため解体予定のこの場所で、実験的な建築展とアート展が繰り広げられる。牽引役となったアーティストの藤元明と建築家の永山祐子に加え、建築展を手がけた中山英之と藤村龍至、美術展をキュレートする黒瀬陽平に、それぞれが目指す『TOKYO 2021』について聞いた。

おそらく2020年は歴史上で大きな意味を持つ数字のひとつになる。2021年はその影でスルーされている感もあるけれど、実は重要。(永山)

―『TOKYO 2021』のコンセプトの起点は、藤元さんが2016年から始めたアートプロジェクト『2021』ですね。これは『東京オリンピック・パラリンピック』開催が決定したあと、新国立競技場の建設予定地前に『2021』の数字をかたどった巨大木製オブジェを設置したのが始まりでした。以降もこれを全国各所に出現させています。

藤元:今回の『東京オリンピック・パラリンピック』に向けて、メディアなどを通して国内外向けに演出されていく価値観や都市像がある。『2021』はこれらに対して、「その先」を僕ら自身に問う作品です。

藤元明(ふじもと あきら)<br>1975年東京生まれ。東京藝術大学美術学部大学院デザイン専攻修了。FABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学先端芸術表現科非常勤助手を経てアーティストとして活動。都市における時間的 / 空間的余白を活用するプロジェクト「ソノ アイダ」を主催。人間では制御出来ない社会現象をモチーフとして、様々な表現手法で作品展示やアートプロジェクトを展開。主なプロジェクトに「NEW RECYCLE®」、広島-New Yorkで核兵器をテーマに展開する「Zero Project」など。2016年より開始した「2021」プロジェクトは現在も進化中。
藤元明(ふじもと あきら)
1975年東京生まれ。東京藝術大学美術学部大学院デザイン専攻修了。FABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学先端芸術表現科非常勤助手を経てアーティストとして活動。都市における時間的 / 空間的余白を活用するプロジェクト「ソノ アイダ」を主催。人間では制御出来ない社会現象をモチーフとして、様々な表現手法で作品展示やアートプロジェクトを展開。主なプロジェクトに「NEW RECYCLE®」、広島-New Yorkで核兵器をテーマに展開する「Zero Project」など。2016年より開始した「2021」プロジェクトは現在も進化中。
藤元明『2021 #New National Studium Japan』(2016年 / 東京)撮影:宮川貴光 / 新国立競技場の建設予定地前に設置された最初の『2021』
藤元明『2021 #New National Studium Japan』(2016年 / 東京)撮影:宮川貴光 / 新国立競技場の建設予定地前に設置された最初の『2021』

藤元:コンセプトはシンプルですが、現場では仲間と一緒に高さ3.6m、幅10mのデカいオブジェを、自家用車とトラックで自力輸送して設置して……という泥臭い作業。毎回少人数で、強風のため立てられない時に、通りかかった少年たちに助けられたこともありました(笑)。基本的に誰に頼まれもせず出かけて行き、ビルの屋上に設置して、Google Earthだけが見てくれている、みたいなときもあります。

『Digest of 2021』Video : Takamitsu Miyagawa

当時Google Mapで確認できた『2021』。現在は差し替えられており、見ることができない
当時Google Mapで確認できた『2021』。現在は差し替えられており、見ることができない

永山:彼は実行するのに夢中で、告知をすればいいのにと思いつつ(笑)、私はその様子を見てきました。でも少しずつ広がりも生まれ、東京の京浜島で行われた『鉄工島FES』や、福島県で黒瀬陽平さんが企画した『カオス*ラウンジ新芸術祭』の市街劇へ参加するようにもなりましたね。

『DESIGNART TOKYO 2018』で南青山に『2021#Tokyo Scope』を展示した際は、私も協働して時間軸に加えて空間、都市の視点を取り入れました。そうした流れが、今回につながっています。

永山祐子(ながやま ゆうこ)<br>1975年東京都生まれ。1998年昭和女子大学卒業後、青木淳建築計画事務所を経て、2002年永山祐子建築設計設立。2005年JCDデザイン賞2005奨励賞を受賞した「ルイ・ヴィトン京都大丸店」にて注目を集める。2006年AR Awards(UK)優秀賞「丘のあるいえ」、2014年JIA新人賞「豊島横尾館」、2018年山梨県建築文化賞、JCD Design Award銀賞、東京建築賞優秀賞「女神の森セントラルガーデン」等国内外受賞多数。現在、ドバイ万博日本館(2020年)、新宿歌舞伎町の高層ビル(2022年)などの計画が進行中。
永山祐子(ながやま ゆうこ)
1975年東京都生まれ。1998年昭和女子大学卒業後、青木淳建築計画事務所を経て、2002年永山祐子建築設計設立。2005年JCDデザイン賞2005奨励賞を受賞した「ルイ・ヴィトン京都大丸店」にて注目を集める。2006年AR Awards(UK)優秀賞「丘のあるいえ」、2014年JIA新人賞「豊島横尾館」、2018年山梨県建築文化賞、JCD Design Award銀賞、東京建築賞優秀賞「女神の森セントラルガーデン」等国内外受賞多数。現在、ドバイ万博日本館(2020年)、新宿歌舞伎町の高層ビル(2022年)などの計画が進行中。
『2021#Tokyo Scope』Akira Fujimoto x Yuko Nagawama / Avex, Aoyama, Tokyo 撮影:表恒匡
『2021#Tokyo Scope』Akira Fujimoto x Yuko Nagawama / Avex, Aoyama, Tokyo 撮影:表恒匡
『TOKYO 2021』ロゴ / デザイン:Keisuke Imamura / 『TOKYO 2021』では、「2021年以降を考える」というコンセプトを共有した建築展と美術展が開かれる。前半の建築展は、気鋭の建築家13名と公募参加者たちが、共にある「課題」に挑むプロセスを公開して展覧会にする仕掛け。ディレクションは中山英之、「課題」作成は藤村龍至が担当した。また後半の美術展は黒瀬陽平がキュレーターを務め、中谷芙二子から宇川直宏まで異色のラインナップで、「災害と祝祭」の歴史から未来への想像力を探る。
『TOKYO 2021』ロゴ / デザイン:Keisuke Imamura / 『TOKYO 2021』では、「2021年以降を考える」というコンセプトを共有した建築展と美術展が開かれる。前半の建築展は、気鋭の建築家13名と公募参加者たちが、共にある「課題」に挑むプロセスを公開して展覧会にする仕掛け。ディレクションは中山英之、「課題」作成は藤村龍至が担当した。また後半の美術展は黒瀬陽平がキュレーターを務め、中谷芙二子から宇川直宏まで異色のラインナップで、「災害と祝祭」の歴史から未来への想像力を探る。(サイトを見る

―失礼ながら、数年前に『2021』を初めて見た感想は「恐ろしくシンプルだな」というものでした。『東京オリンピック・パラリンピック』を肯定も否定もせず、ただ静かに「それ以降」を問うている。でもお話を伺って、そのシンプルさゆえに今回のような広がりあるプロジェクトの器になり得たようにも感じます。

永山:確かに『2021』はただの4つの数字で、ある年を指し示すだけです。でも、それゆえの強さと、多様な解釈が生まれる可能性もある。何かへのアンチテーゼありきではないからでしょうね。

もちろん、『東京オリンピック・パラリンピック』への考えは人それぞれあると思うけれど、この場ではニュートラルに、「2020という数字が各所で踊るこの時代、その先の2021以降に意味あるものを考えよう」ということです。おそらく日本において2020は歴史上で大きな意味を持つ数字のひとつになる。2021はその影でスルーされている感もあるけれど、実は重要だと思います。

左から:永山祐子、藤元明
Page 1
次へ

イベント情報

『TOKYO 2021 課題「島京2021」』

2019年8月3日(土)~8月24日(土)
会場:東京都 京橋 TODA BUILDING

『TOKYO 2021 un/real engine - 慰霊のエンジニアリング - 』

2019年9月14日(土)~10月20日(日)(毎週火曜日定休)
会場:東京都 京橋 TODA BUILDING
料金:無料(Peatixサイトより事前登録)

プロフィール

藤元明(ふじもと あきら)

1975年東京生まれ。東京藝術大学美術学部大学院デザイン専攻修了。FABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学先端芸術表現科非常勤助手を経てアーティストとして活動。都市における時間的/空間的余白を活用するプロジェクト「ソノ アイダ」を主催。人間では制御出来ない社会現象をモチーフとして、様々な表現手法で作品展示やアートプロジェクトを展開。主なプロジェクトに「NEW RECYCLE®」、広島-New Yorkで核兵器をテーマに展開する「Zero Project」など。2016年より開始した「2021」プロジェクトは現在も進化中。

永山祐子(ながやま ゆうこ)

1975年東京都生まれ。1998年昭和女子大学卒業後、青木淳建築計画事務所を経て、2002年永山祐子建築設計設立。2005年JCDデザイン賞2005奨励賞を受賞した「ルイ・ヴィトン京都大丸店」にて注目を集める。2006年AR Awards(UK)優秀賞「丘のあるいえ」、2014年JIA新人賞「豊島横尾館」、2018年山梨県建築文化賞、JCD Design Award銀賞、東京建築賞優秀賞「女神の森セントラルガーデン」等国内外受賞多数。現在、ドバイ万博日本館(2020年)、新宿歌舞伎町の高層ビル(2022年)などの計画が進行中。

中山英之(なかやま ひでゆき)

1972年福岡県生まれ。1998年東京藝術大学建築学科卒業。2000年同大学院修士課程修了。伊東豊雄建築設計事務所勤務を経て、2007年に中山英之建築設計事務所を設立。2014年より東京藝術大学准教授。主な作品に「2004」、「O邸」、「石の島の石」、「弦と弧」、「mitosaya薬草園蒸留所」、「Printmaking Studio / FMC」主な著書に『中山英之/スケッチング』(新宿書房)、『中山英之|1/1000000000』(LIXIL出版)『, and then: 5 films of 5 architectures/建築のそれからにまつわる5本の映画』(TOTO出版)。

藤村龍至(ふじむら りゅうじ)

建築家。1976年東京生まれ。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年藤村龍至建築設計事務所(現RFA)主宰。2010年より東洋大学専任講師。2016年より東京藝術大学准教授。2017年よりアーバンデザインセンター大宮(UDCO)副センター長/ディレクター、鳩山町コミュニティ・マルシェ総合ディレクター。2018年より日本建築学会誌『建築雑誌』編集委員長。住宅、集合住宅、公共施設などの設計を手がける他、公共施設の老朽化と財政問題を背景とした住民参加型のシティマネジメント、ニュータウン活性化、中心市街地再開発のデザインコーディネーターとして公共プロジェクトに数多く携わる。

黒瀬陽平(くろせ ようへい)

1983年、高知生まれ。美術家、美術批評家。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。『思想地図』公募論文でデビュー。美術からアニメ・オタクカルチャーまでを横断する鋭利な批評を展開する。また同時にアートグループ「カオス*ラウンジ」のキュレーターとして展覧会を組織し、アートシーンおよびネット上で大きな反響を呼ぶ。著書に『情報社会の情念 —クリエイティブの条件を問う』(NHK出版)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る