特集 PR

贅沢貧乏が「演劇」という媒体で表現する、社会=自分の生活

贅沢貧乏が「演劇」という媒体で表現する、社会=自分の生活

贅沢貧乏『ミクスチュア』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:川面健吾 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

山田由梨が主宰する「贅沢貧乏」は、2012年、山田が立教大学在学中の20歳のときに活動を始めた若き劇団だ。一軒家に滞在しながらその場で作品を創作・上演する、日本国内よりも先に中国の主要都市でツアー公演を行うなど、国内外の文化・経済状況を反映するような彼女たちの活動は、「いま」の社会を体現するもののようにも思われる。

そんな贅沢貧乏の新作『ミクスチュア』がまもなく上演される。詳細な中身は知らされていないが、「ミックス(混ざり合う)」を想起させるタイトルから、なんらかのイメージを連想する人も少なくないだろう。今回、彼女たちはどんな世界を作ろうとしているのだろうか? 稽古場を訪ね、主宰の山田、所属俳優の大竹このみ、田島ゆみかの3人に話を聞いた。

もともと他の演劇の人から「贅沢貧乏って仲いいよね」とはよく言われてたけれど。(田島)

左から:山田由梨、大竹このみ、田島ゆみか
左から:山田由梨、大竹このみ、田島ゆみか

―取材の前に、これまでの贅沢貧乏の歩みをまとめた年表を送っていただいたのですが、気になったのが「大竹、相談もなく髪を切る」事件で。しかも3回もある。

山田:まさかそんなことから聞かれるとは(笑)。

―贅沢貧乏って、作品からも個々の俳優やスタッフの自主性が尊重されている印象を受けるんですね。それが「髪切る事件」にも象徴されてる気がしたんです。

山田:どうかなあ。

田島:どうしようもない事件ですけどね(笑)。

山田:こんちゃん(大竹このみ)、役も決まってるのに稽古中にいきなり切っちゃうんですよ。「なんで切ってんの!」「本番までに伸びます! 戻ります!」って言うんですけど、まあ戻らないよね。

大竹:前髪をすごく切りたくなっちゃうんです。

田島:そして注意されてもまたやるという。だから、いまは「あー切ったんだなー」くらいの感じになってますね。3回もやるとね。

大竹:今回は「まだ」やってないんです。

山田:ちょっと! これって自主性と言えるのかな(苦笑)。

贅沢貧乏(ぜいたくびんぼう)<br>2012年旗揚げ。山田由梨(劇作家・演出家・俳優)主宰。舞台と客席、現実と異世界、正常と狂気の境界線をシームレスに行き来しながら、現代の日本社会が抱える問題をポップに、かろやかに浮かび上がらせる作風を特徴とする。
贅沢貧乏(ぜいたくびんぼう)
2012年旗揚げ。山田由梨(劇作家・演出家・俳優)主宰。舞台と客席、現実と異世界、正常と狂気の境界線をシームレスに行き来しながら、現代の日本社会が抱える問題をポップに、かろやかに浮かび上がらせる作風を特徴とする。

―多くの劇団は、演出家が中心になってクリエーションを進めていく方法を採用していますけど、贅沢貧乏はもうちょっとフラットな気がするんです。

田島:たしかに、そんな気がしますね。私たちはもともと由梨ちゃんの作る作品が好きで入ったので、やっぱり由梨ちゃんをいちばん尊重したいと思っているんですけど、中国3都市4か所をツアーでまわったり、城崎温泉のそばにある城崎国際アートセンターで長期の滞在制作をするなかで、だんだんと変わってきたと思います。

山田:中国は苦難だらけだったね(笑)。日本国内のツアーも未経験なのに、いきなり言葉の伝わらない中国に飛び込んで。作品の核の部分が、なかなかむこうのスタッフに通じない環境だったけど、それによって団結が高まるというか。コンドミニアムで共同生活をして、毎日自炊して、みんなで稽古を行って、夜帰ったら次の日の打ち合わせをして、っていう時間がとてもよかった。

田島:もともと他の演劇の人からは「贅沢貧乏って仲いいよね」とはよく言われてたけれど。

山田:そうそう。「ふつう、劇団ってそんな仲よくないよ」って言われる(笑)。一軒家やアパートで行なっていた「家プロジェクト(uchi-project)」とか、職住一致する機会が定期的にやってくるからかも。そういう時間のなかでふっと出てきた言葉とか遊びが自然と演劇のなかに入ってきたりすることも多いじゃん。最近はそれがすごく尊いなって思うし、そのことを大事にした作品を作りたいって思ってる。

―そのマインドは新作『ミクスチュア』にも反映してますか?

贅沢貧乏『ミクスチュア』メインビジュアル
贅沢貧乏『ミクスチュア』メインビジュアル(サイトで見る

山田:そうですね。台本を書いて俳優のみんなに渡してるんですけど、そのシーンがどんな場所なのか明確にせず、稽古のなかで、みんなでゲームをするように作っていったり……。言葉だけに頼らない、テキストだけではどうなるかわからない作り方を意識してます。今回のキャストとして、2人のダンサーに加わってもらっているのも大きいです。

田島:由梨ちゃんが「台本は地図くらいに思ってください」と言ってたのが印象的でした。地図をとりあえず広げて、一人ひとりやみんなでそこに書き込んでいくような作り方。

山田:所属俳優としてこんちゃんとゆみかが加わって、もう3~4年経ちましたけど、作品一つひとつの出来の評価もあるんだけれど、それよりも劇団としてどういう活動をしているのかってことのほうが大事だと思ってる。そして、その過程を共有できるのは時間をともにするメンバーだけだからね。だから2人や、制作の堀(朝美)ちゃんが近くにいることが頼もしい。

山田由梨
山田由梨
Page 1
次へ

イベント情報

贅沢貧乏『ミクスチュア』
贅沢貧乏
『ミクスチュア』

2019年9月20日(金)~9月29日(日)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:山田由梨
音楽:金光佑実
出演:
大竹このみ
田島ゆみか
青山祥子
小日向星一
中藤奨
細井じゅん
松澤傑
武井琴
浜田亜衣
料金:
前売 一般4,000円 U-25券3,500円 高校生以下1,000円
当日 一般4,500円 U-25券4,000円 高校生以下1,500円

アフタートーク

『ミクスチュア』creator's talk(山本貴愛・小高真理・金光佑実)
日時:2019年9月21日(土)18:00

清水文太(アーティスト・クリエイター)
日時:2019年9月22日(日)18:00

長谷川愛(アーティスト)
日時:2019年9月23日(月祝)18:00

サエボーグ(アーティスト)
日時:2019年9月28日(土)18:00

プロフィール

贅沢貧乏(ぜいたくびんぼう)

2012年旗揚げ。山田由梨(劇作家・演出家・女優)主宰。舞台と客席、現実と異世界、正常と狂気の境界線をシームレスに行き来しながら、現代の日本社会が抱える問題をポップに、かろやかに浮かび上がらせる作風を特徴とする。2014年より一軒家やアパートを長期的に借りて創作・稽古・上演を実施する「家プロジェクト(uchi-project)」の活動を展開。一軒家を丸ごと使った観客移動型の群像劇『ヘイセイ・アパートメント』(第15回AAF戯曲賞ノミネート)や、アパートの一室で3ヶ月間に及ぶロングラン上演を実施するなど、既存の上演体制にこだわらない、柔軟で実験的な試みを行なう。2016年にはアトリエ春風舎にて、チェルノブイリや福島での出来事を題材にした『テンテン』を上演し話題となる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性