特集 PR

元銀杏BOYZの安孫子と中村、憧れの農家と「農業とパンク」を語る

元銀杏BOYZの安孫子と中村、憧れの農家と「農業とパンク」を語る

KiliKiliVilla
インタビュー・テキスト
石井恵梨子
撮影:池野詩織 編集:川浦慧、山元翔一(CINRA.NET編集部)

元銀杏BOYZのふたりの動きが面白い。すでに知られている通り、チン中村こと中村明珍は現在山口県の周防大島に移住し農業を営んでいるが、彼が最初の研修で向かった先は埼玉県三芳町の明石農園だった。代表・明石誠一の実践方法や考え方については映画『お百姓さんになりたい』を見てもらうとして、ふたりに感化された安孫子真哉(現KiliKiliVilla代表)もこのたび農家になるべく勉強を開始。

「音楽家になりたい」というより「自分自身であるために」パンクロックをやっていたふたりが、今まったく同じ理由で自然農や食というテーマを見つめている理由とは。明石誠一さんを交えて語り合った農家鼎談は、面白いほどパンク用語満載で進みます!

嫁も子供もいるのに、まだ「自分の納得した生き方がしたい」みたいな青臭いこと言っちゃいました(笑)(安孫子)

―今日は、おふたりがなぜ農業の道に進んだのかを聞かせてください。専門用語が出てくるとわからないところもあるかもしれませんが……。

安孫子:わかんないところは聞いてください。僕と中村くんが音楽用語に変換します!

―頼もしい(笑)。中村さんが農業を始めたことは以前KiliKiliVillaサイトのインタビューでも伝えられていましたけど(参考:中村明珍インタビュー)、安孫子さんもこの春から農業学校に通い出したそうで。

安孫子:はい。去年の夏、SEVENTEEN AGAiNのメンバーから「周防大島で中村くんと一緒にMVを作りたい」って言われたんです。今の中村くんがSNSやいろいろなコラムで発信してることと“悲しい顔しないでよ”っていう曲にリンクするものがあったようで。

安孫子:KiliKiliVillaのサイトでアップした中村くんのインタビューを読んでいるうちにズバズバ自分に入ってきた。なんだかワケわかんない土地に行ったんじゃないかと心配してたけど(笑)、ちゃんと自分の居場所とやり方を見つけたんだなと思えたし。

かたや僕は、平日に仕事しながらレーベルで音楽に関わって「食えるなら普段の仕事は何でもいい」って腹を括っていたんですけど……今の世の中の感じ、この閉塞感を考えると、資本主義の行き詰まりなのかなと感じることも多くて。そこから中村くんに突然「農業やるわ」って電話したんですよね。

中村:MVの撮影から帰ってわりとすぐだったよね。「あの記事、俺が一番ピンと来てるっぽい」って言ってて。

安孫子:そう。嫁も子供もいるのに、まだ「自分の納得した生き方がしたい」みたいな青臭いこと言っちゃいますけど(笑)、そうじゃないとマジで生きていけねぇんだよな、将来が見えないな、とも思ったんですよね。

明石:この業界、アート系から転職して入ってくる人も多いですよ。元カメラマンもいるし、美大出身の人が「畑がキャンバスだ」って言ってたり。基本は「クリエイトするのが好き」っていう人が多いですね。

左から:中村明珍、明石誠一、安孫子真哉
左から:中村明珍、明石誠一、安孫子真哉

「ちょっと待てよ? これほんとにパンクっぽいな」って思いましたね。(中村)

―映画を見て印象的だったのは、明石農園が都会の生活に疲れた人のシェルターのようなものでは全然ないこと。研修生の中に辛そうな顔をしている人がいなかったことですね。

明石:あ、最初はみんな辛そうな顔して入ってくるんですよ。

中村:……僕もそうでしたか(笑)? やっぱり、それだけのきっかけがあったんだろうし、将来に迷いや不安もあるだろうし。

明石:そう。「やりたかった、見ないフリをしてたけど、やっぱり」とか、何かの節目で思うみたいですね。あとは「会社で病気になってしまい、生き方を考えて」とかもあります。でもみなさん辛そうな顔をしていたのが、だんだん本来の自分に戻っていく。「もともとそういう顔だったでしょ?」っていう。

第一期の研修生に安藤文人さんって方がいるんですけど、最初は製薬会社の事務員で、肌も真っ白でナヨッとしてたんです。でも今は僕よりも真っ黒で筋肉もムキッと(笑)。安藤さんは今、所沢で農園やっていますけど、所沢以外のところに野菜は出荷しないスタイルなんですね。

安孫子:ほら、地元発にしばっている!「Dischord Records」だ(笑)!

中村:(笑)。僕も、農業やるって決めたはいいけど、やり方がわからないし、本を読んで話を聞きに行ったんですね。最初に会いに行ったのは映画化もされた『奇跡のりんご』(2013年)の木村秋則さんですけど、「初心者だけどできますかね?」って聞いたら「初心者のほうが向いてるから、こういうやり方。ぜひおやりなさい」と。これって「誰でもできるんだ」みたいなパンクの回答のひとつじゃないですか。

中村明珍(なかむら みょうちん)<br>1978年11月22日生まれ。銀杏BOYZの元ギタリスト・チン中村。山口県周防大島に移住後、農家と僧侶を兼務している。「中村農園」で自然栽培での農業を、「寄り道バザール」でライブイベントの企画と農産物などのオンラインショップを運営。
中村明珍(なかむら みょうちん)
1978年11月22日生まれ。銀杏BOYZの元ギタリスト・チン中村。山口県周防大島に移住後、農家と僧侶を兼務している。「中村農園」で自然栽培での農業を、「寄り道バザール」でライブイベントの企画と農産物などのオンラインショップを運営。

安孫子:ってことは『奇跡のりんご』が『Dookie』(Green Dayの代表作 / 1994年)で、そこから中村くんは明石さんっていうOperation Ivy(1980年代後半にアメリカで活動したパンクバンド)に出会ったわけだね(笑)。自然農があのギルマンストリート(カリフォルニアパンクの聖地と言われるライブハウス)のコミュニティに。

Operation Ivy『Operation Ivy(2007 Remaster)』を聴く(Apple Musicはこちら

中村:ははは。「あの風通しのいいバークレーの感じが埼玉の明石農園にあった」、みたいな。いや、木村さんはGreen Dayよりイアン・マッケイ(FUGAZI)っぽいのかな? まず「全国に仲間がいるから」って言ってもらって。石川県とか埼玉県、他にもいっぱいコミュニティがあることを教えてもらったし、そうやって散らばってる人たちが集まる勉強会一一それは明石さんが主催されてるんですけど、そこにも参加してみたり。その中で僕は明石農園に研修に行くんです。「ちょっと待てよ? これほんとにパンクっぽいな」って思いましたね。

Page 1
次へ

作品情報

『お百姓さんになりたい』

2019年8月24日(土)より全国の劇場にてロードショー
監督・撮影・編集:原村政樹

本作は2020年にも各地で上映が予定されている。1月2日〜14日に公開される広島・横川シネマでは、1月4日の上映後、明石誠一と元銀杏BOYZ元ギタリストで現在、周防大島在住の僧侶で農家の中村明珍によるスペシャルトークを開催予定。そのほか長野・上田映劇(1月13日〜17日※16日は休館、監督舞台挨拶なども予定)、東京・CINEMA Chupki TABATA、札幌・シアターキノでも公開を控えている。

プロフィール

安孫子真哉(あびこ しんや)

山形出身、1999年GOING STEADYのベーシストとしてデビュー。GOING STEADY在籍時よりSTIFFEEN RECORDSでレーベル活動を行う。2013年銀杏BOYZ脱退、2014年10月に自主レーベルKiliKiliVillaを立ち上げる。群馬在住のサラリーマンとしてパンクを基軸にインディー、ギター・ポップなど様々な現場に出没。この春から農業学校に通い出した。

中村明珍(なかむら みょうちん)

1978年11月22日生まれ。銀杏BOYZの元ギタリスト・チン中村。山口県周防大島に移住後、農家と僧侶を兼務している。「中村農園」で自然栽培での農業を、「寄り道バザール」でライブイベントの企画と農産物などのオンラインショップを運営。

明石誠一(あかし せいいち)

1974年生まれ。東京都板橋区出身。埼玉県入間郡三芳町在住。有機農家での研修を経て、2003年に4畝の畑を開墾して就農。2年後、農林公社の就農支援をきっかけに畑を広げる。現在は3ヘクタールの畑で60種類以上の野菜を自然栽培し、個人宅配と自然食品店に出荷している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー