特集 PR

若くして才能を開花させた松永貴志。今の若い世代に伝える思い

若くして才能を開花させた松永貴志。今の若い世代に伝える思い

『True Colors Festival』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:前田立 編集:川浦慧、久野剛士(CINRA.NET編集部)

東京大学と日本財団が進める「異才発掘プロジェクト」のホームスカラーである18歳のピアニスト紀平凱成をはじめシンディ・ローパーら世界に名だたるミュージシャンとの共演を重ねる10歳のドラマーよよか、車椅子のシンガー小澤綾子らが世界各国の音楽家たちとジャズセッションを行うニューイヤージャズコンサート『True Colors JAZZ』(日本財団主催)が年明け、3都市にて開催される。

ディレクションを務めるのはピアニストの松永貴志で、世代や国籍、障害などを超え、ジャズという「共通言語」を用いてその日限りの演奏を行う試みは、すでに各方面から熱い注目が集まっている。なお、大阪公演では新世代ジャズシーンの旗手、黒田卓也(トランペット)も参加するという。

10代でデビューし、以降は国内外を行き来しながら大物アーティストたちとの共演や、バレエ、オーケストラなどとの異種コラボ、テレビ番組のテーマソング提供など、音楽スタイルやジャンルにこわだらない活動を続けている松永。同時に彼は、震災復興チャリティや障害者支援など社会的活動にも積極的にコミットしてきた。そんな彼のバイタリティは、一体どこからくるのだろうか。若くして世界へ飛び出し、視野を広げてきた彼が、今の若い世代に伝えたい思いとは?

阪神淡路大震災の時に、大人からゲームをもらったことがすごく嬉しかったのを覚えているんです。

―松永さんは、20代の頃から社会問題へのコミットを積極的に行っているそうですね。

松永:はい。大阪府が主催する『大阪府障がい者芸術・文化コンテスト』の審査員長を務めたり、昨年は日本財団DIVERSITY IN THE ARTSのサマースクールに参加し、合宿しながら障害のある方たちと楽曲を仕上げたり、他にも様々な取り組みに参加してきました。最初はオファーがあって始めたことだったのですが、やっていくうちに自分にもいろんな気づきがあったんです。

例えばサマースクールで曲を作っている時、僕が「こんな風に(ピアノを)弾いてみよう」と言って弾いて見せると、想像を超えるような演奏を披露してくれる 。自分で知らず知らずのうちに作ってしまっていた既成概念という「壁」や「枠」のようなものを、超えていく大切さを彼らから学ばせてもらってきました。

松永貴志(まつなが たかし)<br>1986年、兵庫県生まれ。17歳でメジャーデビュー。ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。
松永貴志(まつなが たかし)
1986年、兵庫県生まれ。17歳でメジャーデビュー。ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。

―2011年5月2日には、兵庫県芦屋ルナホールで『東日本大震災チャリティーコンサート~芦屋から被災地へ~』を松永さん自ら企画していました。あの時は、どんな思いがあったのでしょうか。

松永:3.11の震災(東日本大震災)では、東京で予定されていた公演が全てキャンセルになってしまったのですが、関西方面ではその翌日から普通にコンサートをやっていたんですね。なので芦屋市に電話して、市が持っているホールを無料で貸し出しさせてもらい、関西にいる人たちを集めてコンサートを開催し義援金を送りました。

で、その企画をしている間、僕は陸前高田や大船渡で実際にボランティアをしていたんですけど、現場で人手が圧倒的に足りてないし、県外からまだ人がそんなに入っていない時期でしたから、物資が届いても運ぶ人がいない状態だったんですよ。

―当時、そういう報道がされていましたね。

松永:僕は阪神淡路大震災の時に、大人からゲームをもらったことがすごく嬉しかったのを覚えているんです。なので、子供たちに一刻も早くお菓子やおもちゃを届けたいという一心で現地に行き、運ぶお手伝いをしていました。自分が子供の頃に同じ経験をしていたからこそ、被災地の子供達にとって何が嬉しいか理解できたというか。

―阪神淡路大震災の時の記憶は、松永さんの音楽以外の活動の原点になっていると思いますか?

松永:やはりそこは大きく影響していると思います。震災のあと、大人たちが毎日弁当を配ってくれているわけじゃないですか。僕も救助活動に駆けつけてくれた自衛隊の人たちのところへ、毎日水をもらいに行ったりしていて、そこで大人の優しさにも触れました。

日常生活を普通に送っていたら、小学生くらいの時に大人と触れ合う機会ってそんなにないですよね。同級生のお父さん、お母さんくらいしか接点がなかったのに、いきなり大勢の、しかも善意のある大人たちを間近にしたことで、おそらく自分の方向性みたいなものも定まった気はします。

もちろん、10代の頃はひたすらピアノに打ち込んでいたし、自分のテクニックを磨くことに集中していました。でも20代になって「自分のしたいことってなんだろう?」と自問自答していく中で、だんだん明確になっていったというか。「せっかくピアノも弾けて曲も書けるのだったら、それを使って一人でも多くの人を喜ばせたい」と。

松永貴志
Page 1
次へ

イベント情報

『True Colors JAZZ – 異才 meets セカイ』

2020年1月4日(土)
会場:大阪府 Billboard Live OSAKA
イベントディレクター:松永貴志(ピアノ)
スペシャルアーティスト:黒田卓也(トランペット)
ゲストアーティスト:小澤綾子(ボーカル)、紀平凱成(ピアノ)、Derek K Short(デレク・K・ショート、ベース)、ナカタニ タツヤ(ドラム)

2019年1月6日(月)
会場:東京都 Blues Alley Japan
イベントディレクター:松永貴志(ピアノ)
ゲストアーティスト:小澤綾子(ボーカル)、紀平凱成(ピアノ)、よよか(ドラム)、Juna Serita(芹田 珠奈、ベース)、ナカタニ タツヤ (ドラム)

2019年1月8日(水)
会場:熊本県 CIB
イベントディレクター:松永貴志(ピアノ)
ゲストアーティスト:小澤綾子(ボーカル)、よよか(ドラム)、田中 啓介(ベース)、ナカタニタツヤ(ドラム)

プロフィール

松永貴志(まつなが たかし)

1986年、兵庫県生まれ。17歳でメジャー・デビュー。ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。欧米、アジア各国で「STORM ZONE」発表。NYブルーノート・レーベルで最年少のリーダー録音記録を樹立。2015年、ポーランド「Manggha 館」設立20周年式典に招待され大統領の前で演奏し、博物館のテーマ曲を作曲。2017年、世界10カ国ツアーを開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄